ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「Twitterボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Twitterボット」に関する情報が集まったページです。

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
デジタルマーケターの成長と育成で大切なこと――板澤一樹氏:後編
デジタルマーケターの成長を促すために、上司や組織、そして本人が心掛けるべきこととは何か。リクルートのデジタルマーケティングを支えた板澤一樹氏に、自らの体験を交えて語ってもらった。(2018/5/18)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
データドリブンな組織はどうすれば作れるのか、リクルートの場合――板澤一樹氏:中編
データドリプンな意思決定でマーケティング業務が回る組織をどうやって作っていけばいいのか。山口義宏氏と元リクルートジョブズ執行役員の板澤一樹氏の対談第2回。(2018/5/17)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
リクルートのデジタルマーケティングで学んだオンラインの限界とブランディングの重要性――板澤一樹氏:前編
気鋭の戦略コンサルタントがマーケティング領域のエキスパートと語る対談企画がスタート。第1弾は元リクルートジョブズ執行役員(デジタルマーケティング担当)の板澤一樹氏を迎えてお届けする。(2018/5/16)

機械学習、予測分析、行動解析を組み込む
Airbnb、技術が可能にするユーザーとホストの間での信頼構築
ユーザーとホストの間で宿泊施設の仲介をするAirbnbにとってそれぞれの信頼関係をどう構築するかがビジネスの基本となる。シェアリングエコノミーを実現するための技術活用とは?(2018/4/16)

マストドンつまみ食い日記:
トゥートから短歌検出するボット、ておりあさんがまたも開発
俳句検出botの作者であるておりあさん再び。今度は57577で。(2018/2/11)

自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
日本発の仮想通貨「モナコイン」が静かに広がっている。支えるコミュニティーの規模は「国内最大級」とも。モナコイン普及のため、100万円以上もの自腹を切る人まで現れた。(2017/11/13)

「ラーメン二郎」全店舗“見分ける”bot NTTコムウェア技術者が趣味で開発
「ラーメン二郎」のラーメン画像をリプライすると、どこの二郎なのか答えてくれる――そんなTwitterのbotアカウントを、NTTコムウェアの技術者が趣味で開発した。正答率は約87%という。(2017/8/10)

「商標速報bot」開発者がサイト構築へ 支援募集中
「商標速報bot」開発者が、商標検索サイトの構築に向け、「CAMPFIRE」で支援を募っている。(2017/5/9)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
LUISを使って頭の悪いLINE Botを作ってみよう!
LUIS(自然言語解析サービス)とロケスマWeb(お店発見Webサービス)とGoogle Geocoding APIを使って、ユーザーが探しているお店を教えてくれるLINE Botを作ってみよう!(2017/2/3)

太田智美がなんかやる:
タレント内山信二さんの公式Twitterをみんなでジャックしてみた
内山くんのTwitter botに皆が参加できることになりました。(2016/12/28)

太田智美がなんかやる:
タレント内山信二さんの公式Twitter、オープンソース化計画始動 採用されれば本人のアカウントでツイート可能に
内山くんのTwitter botに皆が参加できることになりました。(2016/12/21)

太田智美がなんかやる:
お笑いタレント内山信二さんの公式Twitter、フォロワーがなぜか472人 忙しそうなので「内山くんbot」を作ってみた
内山くんのTwitter botを作ることになりました。(2016/12/19)

森博嗣のミステリー小説「すべてがFになる」の犀川創平がbotに
犀川創平のような発言をするTwitter bot(@SAIKAWA_AI)が登場した。(2016/10/16)

毎年「天下一品の日」にだけツイートする「天下一品bot」、今年で終了
「これが最後のツイートです」と投稿。(2016/10/1)

LINE、外部との通知連携サービス「LINE Notify」発表 GitHub、IFTTT、Mackerelと連携
LINEに外部サービスからの通知を送れる「LINE Notify」が登場した。(2016/9/29)

開発者向けに先着3000人限定で無料:
LINEやFacebookに対応したチャットボットを簡単に開発できる「人工知能ボットAPI」、ユーザーローカルが提供
ユーザーローカルは、チャットボットを簡単に作れる人工知能プラットフォーム「人工知能ボットAPI」を発表した。(2016/5/11)

選手との疑似LINEにドキドキ? IoTやAIで野球を面白くする方法
ITで野球の楽しさをもっと多くの人に伝えられるか――。サムライインキュベートとIBM、そして読売ジャイアンツが協力し、ファン増につながるアプリ開発を競う「ジャイアンツハッカソン」が開催された。最新のITトレンドを駆使した、そのアイデアとは?(2016/5/6)

LINEのbotアカウント、募集再開 「友だち」は最大5000人に
LINEトークを使ったbotアカウントを自由に開発できる「LINE BOT API Trial Account」の追加募集がスタートした。(2016/4/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが仕掛ける「会話Bot」の仕組みとは?
Microsoftを筆頭に、FacebookやLINEからも続々と「会話Bot」の開発環境が発表され、今後の盛り上がりを予感させる。Microsoftが発表したBot開発の仕組みを見ていこう。(2016/4/25)

バズワードになってしまった「AI」
「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値
人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。(2016/4/15)

炎上の火種:
公式SNSはなぜ炎上するのか 要因は3つ
Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのビジネス利用が拡大している。一方で、炎上するケースも増えている。なぜ公式SNSは炎上するのか。要因を探ってみると……。(2016/4/13)

LINEに「イケハヤbot」登場!? API公開1日でbot続々 盛り上がるエンジニアたち
LINEが7日に公開したAPIを使い、エンジニアたちによって新たなbotが次々に生まれている。(2016/4/8)

LINE、botアカウントの開発APIを無償提供 先着1万人限定
LINEが、botアカウントを開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供をスタート。(2016/4/7)

アイカツ!重大発表との関連は!? BNPが「アイカツスターズ!」を商標出願
公開商標公報から明らかに。(2016/2/15)

チューペット? ポッキンアイス? 凍らすと氷アイスになるアレをなんと呼ぶかでTwitterが盛り上がる
チューペットは商品名です(ただし現存するものは類似品)。(2015/5/17)

チャットボットでチーム開発効率化入門(1):
GitHub製フレームワークHubotの概要とインストール、チャットアプリと連携する基本的な使い方
GitHub社が開発しているbotフレームワークHubotを使ってチャットアプリ上でチーム開発をいかに効率化していくかを解説していきます。初回は「ChatOps」の有用性とHubotの概要、セットアップ方法、OSSのチャットアプリとの連携方法について。(2014/8/20)

「オタク」アイコンユーザーの特徴は? Twitterアイコンごとの特徴を分析――阪大研究チーム
Twitterのアイコン画像に着目し、ジャンルごとの利用傾向を分析した研究結果を、阪大大学院の研究チームが発表した。(2014/5/27)

半径300メートルのIT:
ディズニーの偽Twitterをフォローした14万人は何を考えている?
「東京ディズニーリゾート【公式】」を名乗る偽Twitterアカウントが登場しました。ポイントをためてチケットを手に入れようと呼びかけに14万人ものフォロワーが殺到しましたが……。(2013/11/6)

広告利用判明で炎上の「ワロスwwwBOT」がアカウント凍結
広告利用判明は「他人のツイートをコピペしている」といった指摘があり、広告に利用されていることも判明していた。(2013/4/28)

「ギャップ萌え」でフォロワー増加中 警視庁初Twitterの中の人「本職」氏に聞く、日々とその思い
警視庁初のTwitterアカウントが、ゆるいツイートでフォロワーを増やしている。「警察は四角四面で冷たいと思われがちだが、中の人はそうではないと知ってもらいたい」と、“本職”氏は願う。(2013/4/18)

怒ったときに使ってみよう ギャル語「激おこぷんぷん丸」が流行
げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム!(2013/3/27)

企業アカウントにひたすら「御社が第一志望です」とつぶやくTwitterボット「日本の就活生」
企業からは「御社が一番と言いながら、他の会社(ひと)にもアプローチしてるくせに!」という反応も。(2013/3/22)

一体なんのためにあるんだ…… 沈黙を守り続ける謎のbot「死んだオオスズメバチbot」
Don't think.Feel……。(2013/3/5)

IT現場ウォッチャー・村上福之が斬る!:
PR:“ソーシャル社員”は歩く時限爆弾? 炎上を防ぐためにIT部門ができること
TwitterやFacebookなどの利用につきまとう“炎上”の危険性。企業がソーシャルメディアを活用する場合の炎上リスクについて、IT部門はどう考えればいいのか。「ソーシャルもうええねん」の著者でもあるクレイジーワークス総裁の村上福之さんに寄稿してもらった。(2013/2/28)

小倉智昭氏が自身のなりすましに憤慨 髪型についても発言
小倉智昭氏の「着てる髪」という言い間違いにネット騒然。(2013/2/21)

パクリツイートがバレバレになるWebサービス、その名も「おいでよ パクツイの森」
大人気につき現在は新規登録を停止中。2月ごろリニューアルオープン予定。(2013/1/31)

ねとらぼ知ったかぶり:
「マンガ大賞2013」ノミネート作品発表 ゲーム好き必読の「ハイスコアガール」が一押し!
90年代アーケードゲームとラブコメの素晴らしき融合「ハイスコアガール」を紹介します。(2013/1/25)

コピペツイートで人気獲得(?)の「ワロスwwwBOT」 企業による広告利用が判明し炎上
面白ネタを紹介し、67万フォロワーを抱える人気だったが、企業が広告媒体として利用していることが判明し話題に。(2013/1/23)

プライバシーも流れる(?)ウォシュレット実況bot 新年早々、技術の無駄遣いが素晴らしい
「おしりやわらか洗浄中(*´ω`*)」(2013/1/7)

衆院選公示 ネットで候補者は一斉に沈黙
衆院選が公示され、16日の投開票に向けた選挙戦が始まった。ネット選挙運動解禁は実現しておらず、ソーシャルメディアなどで発言してきた候補者は一斉に更新を停止。(2012/12/4)

悲しすぎるハローマックのつぶやきが話題に 「みんなおぼえてる? ぼくだよ! ハローマックだよ! ねえ……」
靴流通センターは悪くないだろ! いい加減にしろ!(2012/11/7)

あなたの代わりにあなたの言葉でつぶやきます 分身bot生成サービス「劣化コピー」
ホントに自分を劣化させた分身ロボットがそこにいる。(2012/11/1)

やっべーうっかりしてた:
デザリングじゃないよー“テ”ザリングだよー
間違い探し? テザリング○ デザリング×(2012/9/14)

ねとらぼ知ったかぶり:
今年もやってくる「天下一品の日」を忘れないためのライフハック
Twitterボットが至れり尽くせりすぎる。(2012/9/7)

流しそうめんに風鈴、セミも:
まだまだ終わらない 夏を感じさせてくれるTwitter bot特集
TLの夏は続く。(2012/8/29)

ねとらぼ知ったかぶり:
突然ですが新連載「日めくりねこまんが」始めました 第1作目「進撃の巨猫」乞うご期待
そうだ、ねこまんがを読もう!(2012/7/27)

「修造bot」乗っ取りか 深夜に大暴走
人気の「修造bot」が荒ぶっていると話題に。(2012/7/26)

D89クリップ(44):
おばかの“合コン”「ばかコン」、Ruby使いの女子大生モデル・池澤あやかさんも参加
エンジニアや学生のグループに加え、Ruby使いの女子大生モデルとして話題の池澤あやかさんがプレゼン。その後の懇親会“合コン”で参加者同士が交流し、新たな“おばかコラボ”が生まれた(2012/5/31)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

まだ2日あります:
ちょっ早すぎ! エイプリルフールをフライングしちゃった人たち
「1日早くはじめる人だっているんだよ!」――フライングでエイプリルフールを始めちゃった人がいます。(2012/3/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。