ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「内田洋行」最新記事一覧

アスリートという働き方:
30歳「付き合いで始めた」ベンチプレスで世界一に――内田洋行、中山久幸さんの働き方
ベンチプレスの国内大会で6年連続の優勝、世界大会でも通算5回のチャンピオンに輝いた中山久幸さん(49歳)。日々のトレーニングと仕事を両立させるその働き方を聞いた。(2012/10/18)

大規模仮想環境下における統合運用管理が強み:
PR:Hyper-Vの大規模システムへの導入を加速する内田洋行
マイクロソフトは、9月に仮想化機能を大幅に強化した新サーバ「Windows Server 2012」をリリースした。今回は、マイクロソフトのパートナーとしてWindows Server 2008 R2に搭載されているHyper-V 2.0を使った仮想化環境構築で多くの実績を持つ内田洋行に話を聞いた。(2012/10/10)

内田洋行、「働き方」「働く場」を支援するコンサルサービスを開始
内田洋行は、企業の生産性向上や躍動的な活動を目的とする「Change Workingコンサルティングサービス」を開始した。組織内外とのコミュニケーションの在り方や会議の仕方など、多岐にわたって支援していく。(2012/9/25)

ワークスタイル変革を支援 内田洋行が実証に基づく新サービス
企業での働き方を変えるための新たなコンサルティングサービスを内田洋行が開始する。(2012/9/24)

仕事耕具:
座るだけで体重に合わせてリクライニングがフィット! 内田洋行「AJチェア」
内田洋行は、オフィスチェア「AJチェア」の発売を開始した。座った人の体重に合わせて、背もたれの強度を自動調節をするのが特徴。価格は肘なしタイプが5万2290円から、固定肘付きタイプが6万375円から。(2012/9/25)

紙文書は厚さ30センチまで、新オフィスで新しい働き方――内田洋行
内田洋行は、2012年2月に開設した新オフィスを公開した。自席を持たないオフィス空間デザインやICTの活用、環境対応など、新しい働く場と働き方のモデルを自社が率先して示していく。(2012/3/2)

内田洋行、クラウド型認証「PhoneFactor」をiPadの認証強化サービスとして採用
サイバネットシステムは、米PhoneFactorのクラウド型認証ソリューション「PhoneFactor」が、iPad向け認証強化ソリューションとして内田洋行に採用されたことを明らかにした。(2011/2/10)

津田大介×田原総一朗 「インターネットが世界を変える」
「インターネットが世界を変える」というテーマで、津田大介さんと田原総一朗さんが対談する。MIAU(インターネットユーザー協会)の設立3周年企画。「インターネット社会における新しい働き方」と題した、内田洋行知的生産性研究所・平山信彦さんの講演も。配信は12月20日18時30分〜。(2010/12/20)

仕事耕具:
国内生産で3万円 内田洋行のオフィスチェア「Anyza」
内田洋行は、国内生産のオフィスチェア「Anyza(エニーザ)」を11月22日に発売。価格は肘なしタイプが2万7090円、固定肘付きタイプが3万2340円。(2010/11/17)

仕事耕具:
モニターアーム標準装備 内田洋行のオフィスデスク「SCAENA」
内田洋行は、オフィスデスク「SCAENA」を2011年1月31日に発売。価格は片袖デスクが8万3055円、平デスク(センター引き出し付き)が5万5755円。(2010/11/16)

ツールで始める会議術:
遠隔会議は“等身大”へ――現実と同じサイズで投影、内田洋行のWeb会議システム
次世代のオフィス環境を提案する内田洋行の展示会「UCHIDA FAIR 2010 in 東京」が始まった。遠隔会議フロアでの目玉は、ネットワークや端末の環境に応じて、通信品質を自動調整できるシステム「Vidyo」だ。(2009/11/4)

インテルと内田洋行、小学校のICT環境の整備を見据えた実証実験を都内でも開始
インテルと内田洋行は、“児童一人に一台のPC”プロジェクトの第2弾を都内の公立小学校で行うことを明らかにした。新学習指導要領で必修化される英語学習におけるICT活用の有効性を検証するのが主な狙い。(2009/5/27)

「クラスメイトPC」を日本で配布 インテルと内田洋行、小学校で実証実験
インテルと内田洋行は、学校でのICT普及に向けた実証実験を都内の小学校で行う。今回から教育用の「クラスメイトPC」を導入する。(2009/5/27)

インテルと内田洋行、「児童1人に1台のPC」活動を拡大実施──小学生の英語必修化と学習レベル向上に向け
インテルと内田洋行は、教育現場へのICT環境普及を推進する実証実験を拡大して実施。Atom搭載の児童専用PCとともに小学校で必修化する英語教育も含め、率先して利活用提案を多方面に行う。(2009/5/27)

企業の集合知を活用:
内田洋行とウチダスペクトラム、エンタープライズサーチの新製品
内田洋行がウチダスペクトラムのエンタープライズサーチ製品の開発に参加。UIのカスタマイズや外部検索エンジンとの連携などの新機能を搭載した。(2008/11/18)

「ユビキタスなオフィス」は本当にすごいのか
オフィス家具などをはじめとした生産性の高いオフィス環境を展示する「UCHIDA FAIR 2009 in 東京」が、内田洋行の潮見オフィスで開催されている。今回のテーマでもある「ユビキタス・プレイス」とは、具体的にどんなオフィスなのか見てきた。(2008/11/13)

軽量ノートPCを1人1台配布:
内田洋行とインテル、小学校でICT教育の実証実験を実施
内田洋行とインテルはICT教育の実証実験を小学校で実施し、日本の小中学校におけるICT教育の普及を目指す。(2008/8/7)

PCとWebシステムを連動:
内田洋行、タッチパネル会議室予約システムを発売
内田洋行は、タッチパネルの表示端末装置と社内PCの双方から会議室の予約や空室情報が確認できるシステムを発売した。(2008/7/3)

英語は「聞き取り」と「発音」から:
ATRと内田洋行、語学教育の新会社を設立
(2008/4/30)

内田洋行、学校ホームページの作成と運用を支援するCMSを発売
(2007/4/3)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
「検索で取り組むのは経営課題そのもの」、ウチダスペクトラム社長
エンタープライズサーチ元年で市場は活性化しているが、現在はまだ一部の先進ユーザーが試行している段階。ウチダスペクトラムの町田潔社長は、エンタープライズサーチこそが企業競争力の決め手になると話す。(2007/3/14)

内田洋行、中小企業向けの文書電子化サービスを開始
内田洋行は、中小企業および事業所向けとなる文書電子化サービス「ウチダ文書電子化サービス」を開始する。(2007/3/2)

週刊「仕事耕具」:
内田洋行、300万画素のCMOSカメラを搭載した「モバイルプレゼンター」
内田洋行は、300万画素のCMOSカメラを搭載した「モバイルプレゼンター」を発売した。従来の85万画素から大幅に画素数を向上させたことで、細かい文字や複雑な画像をより鮮明に表示できるようになったという。(2007/1/29)

おサイフケータイで学生証:
日本初「携帯で利用できる学生証」――神奈川工科大
神奈川工科大学は2006年4月より、おサイフケータイを利用したモバイル学生証システムをスタートする。システム導入には、KDDI、内田洋行などが協力した。(2005/12/16)

物流業変革のサポートにITベンダー5社が共同で新たな取り組み
内田洋行、大塚商会、NSW(日本システムウエア)、バイナル、モバイルリンクの5社は、物流業の基本業務全般をITによって効率化させることをテーマに、4月1日から「ロジスティクス協業ビジネス」を正式にスタートすると発表した(2005/3/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。