ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VARDIA」最新記事一覧

東芝、高精細番組表を採用したDVDレコーダー「RD-E1005K/E305K」
東芝はハイビジョンレコーダー“VARDIA”のエントリーモデル「RD-E1005K」および「RD-E305K」を2月中旬に発売する。(2010/1/21)

VHS一体型も:
東芝、「ブルーレイVARDIA」はエントリーモデルから登場
東芝は、Blu-ray Discドライブ搭載のハイビジョンレコーダー「ブルーレイVARDIA」3機種を2月中旬に発売する。(2010/1/14)

東芝、Blu-ray搭載の「VARDIA」と「REGZA」を発表
東芝は1月14日、Blu-ray搭載のAV関連新製品を発表した。まずは、BDレコーダーとプレーヤーのエントリーモデル、およびパーソナルサイズのBD内蔵テレビを2月中旬に投入する。(2010/1/14)

東芝、Blu-ray Discレコーダー「VARDIA」を2月発売
1TバイトHDDを搭載した「D-B1005K」など3機種を投入する。(2010/1/14)

2010 International CES:
CELL、LED、そしてBD 復活ののろしを上げた東芝のテレビ戦略
東芝デジタルメディアネットワーク社がCES開幕前日に日本人プレスを集めて国内のテレビ戦略を語った。大角社長は、「テレビ+BDで、“あるべき姿”を目指していく」とし、VARDIAへのBD搭載、CELL REGZAの拡充などについて語った。(2010/1/7)

USBの外付けHDD増設、東芝「RD-X9」登場
東芝は、フラグシップモデルの「RD-X9」を含む「VARDIA」新製品を9月に発売する。外付けUSB HDDの増設に対応。手軽に録画容量を増やすことができる。(2009/8/6)

業界初、外付けHDDで容量追加できるDVDレコーダー 東芝「VARDIA」で
東芝は、市販の外付けHDDを接続して容量を追加できる「VARDIA」新製品を発表した。2TバイトHDD内蔵モデルやVHS内蔵機も。(2009/8/6)

東芝、1Tバイト HDD搭載のエントリー向け“VARDIA”
東芝がハイビジョンレコーダー“VARDIA”「RD-E1004K」「RD-E304K」を発売。いずれもエントリー層向けながら、RD-E1004Kは1TバイトのHDDを搭載した。(2009/7/2)

東芝、DVDレコーダーの省エネラベルに誤表記
東芝は、DVDレコーダー「VARDIA RD-S303」の省エネ基準達成率の表記が誤っていたとし、Webサイトで謝罪・訂正した。(2009/4/30)

新製品タッチ&トライ:
ちょっと気になる? “VARDIA”「RD-G503」の白い窓
東芝がこの春に投入するDVDレコーダー「RD-G503」は、従来のVARDIAとは少し違った方向性を持つ製品だ。フロントパネルに表示部とカーソルキーを備え、ここだけで録画予約が完結するという。(2009/2/20)

テレビなしでも録画確認、東芝VARDIA新製品
東芝がハイビジョンレコーダー“VARDIA”の新製品「RD-G503」「RD-E303」を発売する。RD-G503は本体前面の液晶のみで番組予約が行える「かんたん本体予約」機能を搭載した。(2009/1/22)

ECサイトやVODと連携可能:
東芝、DVDレコーダー「VARDIA」で活用している自動推薦機能を製品化
東芝は、独自開発した自動推薦技術をソフトウェア製品「高機能レコメンド・エンジン」として発売した。ECサイトやビデオオンデマンドのシステムなどと容易に連携できる。(2009/1/13)

「RD-A600」「RD-A300」がダビング10対応
東芝がデジタルレコーダー“VARDIA”「RD-A600」「RD-A300」をダビング10対応とするソフトウェアを提供開始した。(2008/12/5)

REGZAからムーブも可能に:
XDEにスカパー!HD録画、東芝の新「VARDIA」詳報
東芝はDVDレコーダー「VARDIA」の新製品などを発表した。新搭載の「XDE」にくわえ、10月に放送を開始するスカパー!HDのネットワーク録画機能やREGZAとの連携強化など、多くの新機能が盛りこまれている。(2008/9/18)

東芝、“超解像”テレビを発表
東芝が液晶テレビ「REGZA」とDVDレコーダー「VARDIA」の新ラインアップを発表した。5月の経営方針発表で予告した通り、REGZAには“超解像”技術を応用した新エンジン「メタブレイン・プレミアム」を搭載している。(2008/9/18)

「ダビング10」を活用した東芝「RD-S502」
7月4日に開始された「ダビング10」。編集機能に定評のある東芝RDシリーズではどう生かしているのか。新製品のVARDIA「RD-S502」を例にチェックした。(2008/7/7)

「VARDIA」再始動:
東芝、“DVD”ドライブ搭載の「RD-X7」など4機種を発表
2月のHD DVD事業終息宣言以来、沈黙を守っていた東芝「VARDIA」が再始動。ネットワーク経由でDVDソフトを購入できる「DVD Burning」をはじめ、高速起動、「ダビング10」対応のプレイリストなど、アグレッシブな新機能を盛り込んで復活した。ただし、次世代DVD戦争の爪痕が残る部分も。(2008/5/15)

東芝「RD-A301」のH.264トランスコードと「HD Rec」を試す(前編)
次世代DVDレコーダーとして唯一HD DVDを採用する東芝からH.264トランコーダー搭載の「RD-A301」が登場した。またTS録画のままDVDメディアへ保存もできる「HD Rec」もサポートするなど、今度のVARDIAシリーズを占う上で重要な機能をいくつも搭載している。(2008/1/18)

しかもフィギュア付き:
AVC録画対応で10万円を切る? 新VARDIAが登場
東芝がHD DVDドライブ搭載の新VARDIA「RD-A301」を発表した。MPEG-4 AVCに変換する「HDトランスコーダー」を新たに搭載。ハイビジョン解像度でDVDメディアにも記録できる「HD Rec」規格を初めて採用した。(2007/10/31)

CEATEC JAPAN 2007:
東芝ブースで「RD-X7」を見た
ソニーに続き、パナソニックもMPEG-4 AVC/H.264録画対応のDIGAを発表し、ハイビジョンの長時間録画に注目が集まった「CEATEC JAPAN 2007」。東芝でも、ブース内でMPEG-4 AVC/H.264のデモを披露し、また同機能を搭載した「VARDIA」の新ラインアップを公開した。(2007/10/3)

コピーワンスの規制緩和に対応:
東芝、レグザリンク対応の「VARDIA」普及モデル
東芝は、デジタル放送のコピーワンス制限緩和に対応したHDD+DVDレコーダー「VARDIA」(ヴァルディア)4機種を10月下旬から順次発売する。(2007/9/26)

東芝の“勝負機”「RD-A600」を検証する(後編)
後編では、「RD-A600」の使い勝手を検証していこう。レコーダーとしての機能は、その多くが「RD-S600」から継承したものだが、「RD-XD91/71」から導入された「RDエンジンHD」を「VARDIAエンジン」に進化させ、カタログではわかりにくい部分にも多くの改善が施されている。(2007/7/20)

東芝の“勝負機”「RD-A600」を検証する(前編)
東芝からHD DVDドライブを搭載したハイビジョンレコーダー「RD-A600」が登場した。孤高のハイエンドモデル「RD-A1」と異なり、幅広いユーザー層に向けた「VARDIA」ブランドの次世代DVDドライブ搭載機だ。今回は前後編にわけて詳しく検証していこう。(2007/7/18)

「次世代DVDは難しい」 東芝、HD DVD目標を下方修正
東芝はHD DVD&HDDレコーダーの新製品2機種を「VARDIA」シリーズの最上位機種として投入する。一方、北米でプレーヤー180万台などとしていた目標は「下方修正せざるをえない」とした。(2007/6/12)

全面リニューアル:
HD DVD搭載の新“VARDIA”登場
東芝は、HD DVDドライブを搭載した“VARDIA”シリーズ2製品を6月末に発売する。HD DVD機として初の「ハイビジョンW録」のほか、RD-A1と同じアンカーベイ製の1080pアップコンバータを搭載。さらにi.LinkのTS入力もサポートした。(2007/6/12)

東芝、使いやすさ高めたデジ・デジ録の「VARDIA S」
東芝はHDD/DVDレコーダー「VARDIA」の新製品「RD-S600」「RD-S300」を発売する。基本操作が簡単に行える「シンプルリモコン」が付属するほか、学習機能付き自動録画機能も備えた。(2007/2/1)

DVDレコーダー/プレーヤー販売ランキング(11月13日〜19日)
エントリーモデル発売でVARDIAの存在感は高まるか
レコーダーランキングに東芝製品が登場していない。間もなく登場するエントリーモデルで、市場に“VARDIA”の存在感を示せるだろうか(2006/11/30)

東芝、ハイビジョンHDD&DVDプレーヤー「VARDIA」にエントリーモデル
東芝は11月1日、ハイビジョンHDD&DVDプレーヤー「VARDIA」のエントリーモデル「RD-E160」を発表した。発売は12月上旬の見通し。(2006/11/1)

東芝、「VARDIA」に使い勝手重視の“デジ・アナ”エントリー機
東芝は、「VARDIA」シリーズのエントリーモデル2機種を発表した。DVD+HDDの「RD-E300」と、VHSをくわえた3 in 1モデル「RD-W300」の2機種をラインアップ。11月上旬から順次発売する。(2006/9/28)

レビュー:
デジデジW録になった「RD-XD92」の実力は?
東芝の新ブランド「VARDIA」(ヴァルディア)の第1弾製品「RD-XD92」を試用した。同社製品としては初のデジタル放送2番組同時録画に対応。マジックチャプターのサポートなど、デジタル放送への対応度をさらに高めたが、少し首を傾げる部分も。(2006/6/7)

東芝、DVDレコーダーの新ブランド“VARDIA”立ち上げ
東芝は、デジタル放送対応HDD&DVDレコーダーの新ブランドとして「VARDIA」(ヴァルディア)を発表した。あわせて、デジタル放送の2番組同時録画に対応する“デジタルW録”の「RD-XD92D/72D」の2製品をリリース。5月下旬に発売する予定だ。(2006/5/16)

東芝、ハイビジョンレコーダー新ブランド「VARDIA」
東芝がデジタルハイビジョンレコーダー向けの新ブランド「VARDIA」を発表。地デジW録対応製品2機種を5月下旬に発売する。(2006/5/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。