ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「警告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「警告」に関する情報が集まったページです。

Twitterのエンジニアをサウジアラビアがスパイとして使っていた──New York Times報道
サウジアラビア政府がTwitterのエンジニアを懐柔し、反体制派のアカウントにアクセスして情報を収集させていたと、New York Timesが報じた。西側情報機関から警告されたTwitterはこのエンジニアを解雇した。(2018/10/22)

「Chrome 70」安定版、ログイン必須解除などの新機能
GoogleのWebブラウザ「Chrome」がバージョン70になり、バージョン69で追加されて不評だったGoogleサービスへのログインとChromeへのログインの自動連携の解除や、HTTPページへの個人情報入力への警告機能追加などが行われた。(2018/10/17)

“FOMO”につけこまれた無知な投資家:
「仮想通貨は全ての詐欺行為とバブルの元凶」 米経済学者、ブロックチェーンも酷評
ニューヨーク大学で教授を務める経済学者のヌリエル・ルビーニ氏が10月11日に開かれた米上院委員会の公聴会の場で「仮想通貨は全ての詐欺行為とバブルの元凶だ」と警告した。(2018/10/12)

iOS12の新機能「スクリーンタイム」が(主にTwitter廃人に)好評 アプリの起動時間を自動で計測、使いすぎると警告も
ちょっとうれしい新機能。(2018/9/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Edge以外のブラウザ導入時に警告」 Windows 10プレビュー版の新機能に反発、削除へ
Microsoftは強引にEdge移行策を進めようとしたのか――Windows 10開発プレビュー版のとある新機能にユーザーと競合他社が相次いで反発し、同機能を削除したことが話題となっている。(2018/9/19)

中間者攻撃で患者データの改ざんが可能:
カリフォルニア大の研究チーム、古い医療システムの脆弱性を突く攻撃を警告
米カリフォルニア大学の研究チームが、病院の検査機器と医療記録システムの接続を攻撃することで、医療検査結果を簡単にリモートで変更できることを実証した。(2018/9/6)

よそ見、居眠り……:
新たな先進安全機能が拡大中 カメラで運転者の挙動確認
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。重大事故防止のためにトラックなどに採用されてきたが、後付けのシステム市販やドライブレコーダーとの一体化など、活用が本格化してきた。導入は利便性向上を視野に乗用車にも広がった。自動運転の実用化でも重要な役割を果たすとみられている。(2018/8/30)

よそ見、居眠り…カメラで運転者の挙動確認 新たな先進安全機能が拡大中
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。(2018/8/29)

1年以内には不況に:
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のベルフォート氏が警告するビットコイン詐欺
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のモデルとして知られる元株式ブローカーのジョーダン・ベルフォート氏は詐欺により約2年服役していた。そんな彼が、ビットコインにより個人投資家は資産を失うだろうと警告している。(2018/8/28)

ロシアから米中間選挙を守るのは手遅れだ──元Facebookのセキュリティ責任者が警告
MicrosoftやFacebook、Twitterがロシアにつながるドメインやアカウントなどを停止・削除したと発表したことを受け、Facebookの元最高セキュリティ責任者が「これはロシアやその他の米国の敵が、米国の選挙介入は簡単だとまだ考えている証拠だ」と警告し、対策を提言した。(2018/8/23)

Twitter、「凍結を回避しようとした」アカウントの凍結実施の警告【更新】
Twitterが「今週、凍結を回避しようとしたアカウントの凍結を実施する」とツイートした。「以前、Twitterルールに違反する攻撃的な行為を行い、永久凍結に備えて別のアカウントを作成した新しいアカウント」が対象としている。【UPDATE】(2018/8/15)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年7月版:
災害時のフリーWi-Fi、何が危ない?
7月のセキュリティクラスタは「豪雨災害とフリーWi-Fiスポットのセキュリティ」「不正アクセスで逮捕された若者がホワイトハッカーとして復活」「Chromeと非SSLサイトの警告表示」に注目が集まりました。(2018/8/10)

コンサルは見た! オープンソースの掟(8):
GPLに違反したから、わが社は経営破綻するしかない
フリーソフトウェアの権利監視団体から警告を受けた「プレミア電子」。「ジェイソフト」さえ何とかすればと楽観視する木村に、社長の武田は重大な事実を告げる――わが社はもうカーナビを作れない!(2018/7/26)

全てのHTTPサイトに「保護されていません」の警告、「Chrome 68」リリース
Chrome 68では全てのHTTPサイトで「Not secure(保護されていません)」の警告が表示される。(2018/7/25)

ノルウェー委員会が、Nintendo Switchなどのeショップの「予約キャンセル不可」が不当であると訴え続ける。欧州レベルまで話を広げると警告
ノルウェーの当局は以前より商品の予約に関する消費者の権利をめぐり問題提起していた。(2018/7/12)

「獺祭」の旭酒造、大雨被害で製造と出荷を一時中止 「すぐに商品なくならない」 買い占めに警告
本社蔵の一部が浸水と停電による被害を受けましたが、商品の在庫はある程度あるとのこと。(2018/7/9)

Google Chromeで「ダウンロード爆弾」の不具合が復活、Firefoxなどにも影響
この不具合は、ユーザーのPCに大量のファイルを保存させてフリーズさせた末に、エラー警告を表示する手口に利用されていた。(2018/7/5)

「戎橋の上で飛び跳ねないで」 ポーランド戦前に大阪市長が警告「極めて危険」
そもそも数百人が一斉に飛び跳ねることを想定して設計されていないとのこと。(2018/6/27)

ゲームバー経営者ら4人逮捕 家庭用ゲームを無断で商用利用 「警告無視で悪質」
京都府と兵庫県のゲームバー経営者ら4人が、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで逮捕された。家庭用ゲームソフトを客に遊戯させて無断上映していたという。(2018/6/13)

「ゲームバー」経営者計4人が神戸と京都で逮捕 「マリカー」「スプラトゥーン」「モンハン」など無断上映
警告を無視して営業を続けていました。(2018/6/13)

過去には音波で大きな障害が起きたことも:
音がHDDを損傷させる――PCをクラッシュさせる音響攻撃の危険をセキュリティ研究者が警告
ミシガン大学と浙江大学のセキュリティ研究者が、音波でHDDを物理的に損傷させる攻撃手法を公開した。(2018/6/1)

終息どころか「拡張」と「拡散」続くIoTマルウェア 警告相次ぐ
ルーターやネットワーク接続ストレージ(NAS)といった組み込み機器、広義のInternet of Thing(IoT)を狙った攻撃が世界的に拡大しており、セキュリティ企業が相次いで警告を発しています。(2018/5/31)

デンソー:
既存車両に取り付けできるドライバーモニター、眠気を感知して音声で警告
デンソーが後付けで装着可能な、商用車向けのドライバーステータスモニターを販売開始した。運転者の顔から眠気や脇見などを推定し、音声で警告する。2018年夏にはテレマティクス端末との連携も提供する予定だ。(2018/5/29)

Google Chrome、HTTPSサイトの「保護された通信」を非表示に 「デフォルトで安全が前提」
HTTPS接続をデフォルトと見なして「保護された通信」の文字を外す一方、HTTP接続に対しては赤いアイコンと文字で警告する。(2018/5/18)

任天堂とソニーが米国での保証規定を更新 FTCの「はがすと保証は無効」シールへの警告を受けてか
ソニーは「はがすと保証は無効」とするシールについて見直し、シールだけを理由に保証サービス提供の拒否はしないと明言。(2018/5/11)

PR:「侵入を100%防ぐことは困難」 防御の網をすり抜ける脅威、いち早く検知・警告 EDRとMSSの“両輪”で
サイバー攻撃の変化に伴い、従来の対策がすり抜けられるのは当たり前になってきた。サイバーリーズンは、忍び込んだ脅威をリアルタイムに見つけ出すEDR製品と、適切なアドバイスとともに提供するマネージド・セキュリティ・サービスを組み合わせ、致命的な事態を防ぐ手助けをしている。(2018/5/8)

Appleをかたるフィッシングメールに注意――JPCERT
フィッシング対策協議会は、Appleをかたるフィッシングメールについての警告を掲載した。(2018/5/7)

多様な色覚に配慮:
安全色・安全標識をもっと見やすく JIS改正、ユニバーサルデザインカラー採用
危険を警告する標識などに使う安全色や安全標識の日本工業規格(JIS)が改正された。(2018/4/20)

プリンを勝手に取ると「返してね」と警告 冷蔵庫を見守る警報器「プリン・ア・ラート」がかわいい
持ち主のLINEに通知する機能も。(2018/4/16)

米FTC、ゲーム機などの「はがすと保証は無効」シールは違法として大手企業へ警告
対象の6企業は未公開。(2018/4/12)

「スプラトゥーン2」など:
「ゲームバー」大阪で一斉閉店 著作権団体から警告 任天堂の許可なく大会も
大阪で「クロノス」が運営する“ゲームバー”が3店舗同時に閉店すると発表。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)から警告を受けたためという。どのような点が問題なのか。ACCSに見解を聞いた。(2018/4/9)

大阪のゲームバー3店、ゲームソフト無許諾上映の指摘を受け閉店へ ACCSが代理人を通じて警告
大阪市にある系列店「1UP」「カティーナ」「Clan」が告知。(2018/4/9)

Apple、iPhoneバッテリー交換警告に対応したiOS 11.3を配布開始 ただし現在は第6世代iPadのみ提供
新しい9.7インチiPadでのみ提供されているiOS 11.2.5は、iPhoneユーザー待望のものだ。(2018/3/29)

無登録で営業:
金融庁、世界最大級の仮想通貨交換業者「Binance」に警告
金融庁は3月23日、香港に拠点を置く世界最大級の仮想通貨交換業者Binanceに対し、資金決済法に基づき警告を出したと発表した。日本の居住者などを相手に無登録で営業しているため。(2018/3/23)

金融庁、海外の仮想通貨取引所「Binance」に対し警告
金融庁は3月23日、香港の仮想通貨取引所「Binance」(バイナンス)に対し、日本居住者を相手方として無登録状態で仮想通貨交換業を行っているとして警告を発表した。(2018/3/23)

「日経の報道は無責任だ」 世界最大手の仮想通貨取引所「Binance」ジャオCEOが批判
仮想通貨取引所「Binance」に対し、無登録のまま日本で営業しているとして金融庁が警告を出す方針だと、日本経済新聞が3月22日に報じた。報道を受け、BinanceのCEOであるジャオ・チャンペン氏は同日、Twitterで「日経は無責任なジャーナリズムを見せた」と批判した。(2018/3/22)

AIや機械学習を利用したセキュリティ対策が今後有効に:
マルウェアの進化や攻撃者による暗号化利用を警告――Ciscoの年次サイバーセキュリティレポート
Ciscoは、年次サイバーセキュリティレポートの2018年版を公開し、現在のセキュリティ動向の特徴として、マルウェアの進化、攻撃者によるWebトラフィック暗号化、セキュリティ対策へのAIの活用拡大を指摘した。(2018/2/23)

「なりすまし」サイトや悪質ドメインも把握:
闇サイトの情報から企業にリスクを通知、アズジェントがサイバー攻撃への事前対策サービスを提供開始
アズジェントは、闇取引サイトなどでやりとりされる情報を収集し、ユーザーが登録したキーワードに応じて脅威を警告する「IntSights Threat Intelligenceサービス」の提供を開始する。(2018/2/23)

大型店舗で無許可宿泊「24時間インターネットチャレンジ」YouTuberに警察が警告文 子どもが真似をするケースも
動画を支持する人も多く、複雑な状況。(2018/2/15)

ITはみ出しコラム:
「SNSやネット動画がやめられない」 FacebookやGoogleの関係者が新団体でテクノロジー中毒に警鐘
「テクノロジーは人間の心と社会を乗っ取っている」と警告し、企業に改善を呼び掛ける団体「Center for Humane Technology」が立ち上がりました。設立メンバーは元GooglerやFacebookへの出資者などです。(2018/2/11)

“テクノロジー中毒”を警告する団体、元GoogleやFacebook関係者が結成
「テクノロジーは人間の心と社会を乗っ取っている」と警告し、消費者の注目獲得競争に走る企業に改善を呼びかける団体「Center for Humane Technology」が結成された。立ち上げメンバーは元Google幹部や初期のFacebookに出資したVCなどだ。(2018/2/6)

「Googleフライト」に機械学習採用の遅延予測機能
Googleの航空便検索サービス「Googleフライト」に、機械学習による遅延可能性警告機能と、「ベーシックエコノミー」に含まれないサービスを明示する機能が追加された。(2018/2/1)

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される
現時点では“仕様”となります。(2017/12/9)

Google、無断で個人情報を収集するAndroidアプリに警告を表示する方針に
Google Play外で配信されるものを含む全アプリに適用。(2017/12/4)

Google、無断で個人情報集めるAndroidアプリに警告表示へ
ユーザーの個人情報を許可なく収集するAndroidアプリや、そうしたアプリを配信するWebサイトには、警告が表示されるようになる。(2017/12/4)

踏切の異常、AIが検知 運転士へ警告 東急世田谷線で実証実験
東急テクノシステムが、AI(人工知能)が監視カメラの映像から踏切の異常を検知し、付近を走行する電車の運転士などに警告する実証実験を始めた。(2017/11/21)

警察署の詐欺(サギ)への警告ビラ、描かれている鳥がサギではなく「鶴」 なぜなのか聞いてみた
詐欺だからサギ、ではないその理由は?(2017/11/17)

スマホ画面に突然表示、偽の「ウイルス感染」警告 目的は?
トレンドマイクロが、スマホでWebサイト閲覧時に突然表示される「ウイルスに感染」警告を解説したブログ記事を公開した。(2017/11/15)

インフォコム:
「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイス
インフォコムは帝人と共同で、帝人の「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを開発した。同デバイスは、温度や位置情報などのデータを管理システムに送信し、解析結果から熱中症リスクを警告するなど、消防隊員の安全管理に活用される。(2017/11/9)

ウェアラブルニュース:
「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイスを共同開発
インフォコムは帝人と共同で、帝人の「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを開発した。同デバイスは、温度や位置情報などのデータを管理システムに送信し、解析結果から熱中症リスクを警告するなど、消防隊員の安全管理に活用される。(2017/10/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。