ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワイヤレスジャパン 2014」最新記事一覧

ワイヤレスジャパン2015:
スマホ時代に最適化された「auの庭」?――KDDI小林氏が語るauのプロダクト戦略
SIMロック解除義務化や、MVNOの成長を受けて、ますますオープン化が進むスマホ市場。変化する市場環境の中、大手MNOであるKDDIはどのような戦略を描くのだろうか。(2015/6/5)

ワイヤレスジャパン 2015:
クーリングオフ、2年縛り……販売代理店が抱える問題とその対処法とは?
キャリアショップを運営する代理店は、クレームへの対応や“2年縛り”の問題、離職率の高いスタッフのモチベーション向上など、さまざまな問題を抱えている。キャリアショップ側はそうした問題に対し、どのような対応を進めているのだろうか。(2015/5/30)

ワイヤレスジャパン2015:
満足度を高めて、ユーザーのインフルエンサー化と解約率低下へ――IIJ佐々木氏が語る
個人向けサービスブランド「IIJmio」でMVNOサービスを展開するインターネットイニシアティブ(IIJ)。サービスの内容や、ユーザー層が広がることで抱える“問題”にどのように立ち向かうのだろうか。(2015/5/29)

ワイヤレスジャパン 2015:
価格競争から広告・コンテンツ連動へ――レンジャーシステム玉井氏が語る今後のMVNOビジネス
価格競争が激化し厳しさを増すMVNOビジネス。だがレンジャーシステムの玉井康裕氏は、今後のMVNOビジネスはネットワークに対価を支払うビジネスから、SIMとコンテンツが連動し、より広い視点で収益を上げるビジネスに変化していくと予想している。(2015/5/29)

ワイヤレスジャパン 2015:
格安SIMの“レッドオーシャン化”が進む中でMVNOが取るべき戦略は?――IIJ島上氏が語る
MVNO間の競争が激しくなり、大手キャリアも格安SIM市場に参入しつつある――。そんなレッドオーシャンから抜け出すために、MVNOはどんな戦略を取ればいいのか? IIJの島上純一氏が語った。(2015/5/28)

ワイヤレスジャパン2015:
メイドさんの吐息を感じて、タッチ――「日本Androidの会」秋葉原支部セッション
毎年、メイドさんが何かと話題となる「日本Androidの会」の講演。今年は、メイドさんの吐息を感じて、タッチすることがテーマらしい。(2015/5/28)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
60GHz帯+LTEで大容量コンテンツを高速ダウンロード、CCNプロトコルを採用
KDDI研究所は、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015(WTP2015)」(2015年5月27〜29日、東京ビッグサイト)で、60GHz帯通信とLTEを組み合わせ、4K動画などの大容量コンテンツを短時間でダウンロードできる通信技術を展示した。コンテンツはあらかじめ60GHz帯の基地局にダウンロードされている。この通信技術には、TCP/IPではなく、CCN(Content Centric Networking)がプロトコルとして採用されている点も特徴だ。(2015/5/28)

自転車はガジェットだ!:
自転車乗りの祭典「サイクルモード 2014」で見かけたモノたち
11月7日〜9日に幕張メッセにて開催されていた国内最大級の自転車展示会「サイクルモード インターナショナル2014」で見かけた各種アイテムをレポートします。(2014/11/17)

ビジネスパーソンが理解しておくべき、新時代のキーワード:
第3回 「iBeacon」と「スマホアプリ」の深い関係
iBeaconは、自分のスマホに「該当アプリ」を入れてはじめて意味をなす。これは、要はどういうことなのか。そして、iBeaconの本格普及をふまえたOSの新バージョン「iOS 8」に導入予定の機能と、その意味を解説する。(2014/9/5)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
バスが人も情報も運ぶ、NICTの端末間通信システム
情報通信研究機構(以下、NICT)は、中央制御局を用いずに端末間だけで通信を行えるネットワークシステムを紹介した。端末は、互いの通信範囲に入ると自動的にネットワークを形成して通信を行う。東京都港区や京都府精華町で、サイネージ端末を搭載したバスを用いて実証実験が行われている。(2014/6/12)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
心拍も検知できるUWBレーダー、離床センサーなどに応用
日本ジー・アイ・ティーは、パルス幅がナノ秒オーダーの短いパルスを使うImpulse Radio型UWB(Ultra Wide Band)レーダーセンサーを展示した。心拍を検知できるほどの高い分解能を持っているので、病院の離床センサーや、運転手の異常を検知する車内モニタリングシステムなどの用途を想定している。(2014/6/12)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
マイクロ波をシートに“閉じ込めて”給電、究極の用途はクルマの充電
情報通信研究機構(NICT)は「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、シートを媒体に使った非接触給電技術を展示した。マイクロ波をシート内に供給して“閉じ込め”、5〜6Wの電力を供給した。NICTは「究極のアプリケーションは、自動車の充電」と述べる。(2014/6/9)

石野純也のMobile Eye(5月26日〜6月6日):
SIMフリー端末を投入するHuaweiの狙い/“規制緩和”進むiOS 8/ドコモ版iPadへの期待
今回はファーウェイ・ジャパンのSIMロックフリー端末投入、AppleのWWDCで発表された「iOS 8」、ドコモからの発売が決まったiPadを取り上げ、ユーザーや業界に与える影響を考察していきたい。(2014/6/6)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
バスが丸ごと“Wi-Fi基地局”に、ドコモが5G技術をアップデート
NTTドコモは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、「ムービングノード」と呼ばれる大型アンテナを用いた第5世代(5G)の通信技術を紹介した。バスや電車などの移動体にこのアンテナを設置し、そこをWi-Fi基地局のように使うという仕組みである。(2014/6/6)

ワイヤレスジャパン 2014:
モバイル通信と共存共栄を図るWi-Fiの過去・現在・未来と課題
NTTBPの社長で、無線LANビジネス推進連絡会の会長でもある小林忠男氏は、ワイヤレスジャパン2014で「Wi-Fiの役割とこれからのワイヤレスブロードバンドについて」と題する講演を行った。Wi-Fiの移り変わりや将来に向けての課題とその対策について語った。(2014/6/5)

ワイヤレスジャパン 2014:
家庭で格安SIMを導入して見えてきた、MVNOの課題とは――IIJ佐々木氏
文字どおり「格安」で使えるのが格安SIMの魅力だが、いいことづくしではない。格安SIMはどんな人におすすめできる/できないのか? またMVNOが直面している課題とは?(2014/6/4)

ワイヤレスジャパン2014:
採用が拡大する2.4GHz無線「SmartMesh」――2014年秋にコンソーシアム発足へ
リニアテクノロジーは、「ワイヤレスジャパン2014」(2014年5月28〜30日)で「Dust Networks」(ダスト・ネットワークス)ブランドで展開する無線センサーネットワーク技術「SmartMesh」を紹介した。国内外で同技術の採用実績が拡大しており、リニアテクノロジー日本法人では、2014年秋にコンソーシアムを立ち上げ、さらなる普及加速を目指す方針。(2014/6/2)

EE Times Japan Weekly Top10:
じわじわと普及し始めたWi-SUN
EE Times Japanで先週(2014年5月24日〜30日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/6/2)

WTP2014:
1台で8方式の無線通信に対応、実環境でRF信号を測定
丸文は、モバイルネットワークにおけるRF信号の品質測定を行うためのRFスキャニングレシーバや、高速シリアル通信解析装置、クロック供給装置などをWTP2014で展示した。(2014/6/2)

ワイヤレスジャパン2014:
半径1kmがWi-Fi通信エリアに、高利得アンテナとの組み合せで達成
日本電業工作は、Wi-Fiエリアを従来に比べて44倍も拡大することができる無線LAN用アクセスポイント「FalcomWAVE2.4G」を「ワイヤレスジャパン2014」で展示した。FalcomWAVE2.4Gとアイコム製無線LANトランシーバ「IP100H」を使ったフィールドテストでは、半径1008mのエリアで接続試験に成功したという。(2014/6/2)

WTP 2014:
ワイヤレス給電、総合効率を最低80%に向上
三菱電機エンジニアリングは、効率が最低95%の高周波電源技術や、電源損失を含む総合伝送効率を最低80%に高めたワイヤレス電力伝送システムなどのデモ展示をWTP2014で行った。(2014/5/30)

ワイヤレスジャパン2014:
HD映像を遅延や劣化なしに無線伝送、アミモンがデモ展示
Amimon Japan(以下、アミモン)は、非圧縮のHD(High Definition)映像を1ms以下の遅延時間で伝送できる無線伝送装置のデモ展示を「ワイヤレスジャパン2014」で行った。(2014/5/30)

ワイヤレスジャパン2014:
IoTやビーコン向け無線SoC、システム設計者はアプリ開発に専念
ノルディック・セミコンダクターは、「Bluetooth Low Energy(BLE)」や「ANT」などマルチプロトコルに対応する無線用SoC「nRF51シリーズ」を中心として、IoTやビーコン、センサーネットワークへの応用などを「ワイヤレスジャパン2014」で提案した。(2014/5/30)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
ホワイトスペース帯利用の車車間通信、動画をストリーミング伝送
トヨタIT開発センターは、放送波のホワイトスペース帯を利用した車車間通信システムの概要と、宮崎県美郷町で実施した試作機による実験映像をWTP2014で紹介した。同システムはデータベースと連携して、移動中の車両間でのチャネル調整や切り替えを行う。(2014/5/29)

ワイヤレスジャパン2014:
今年も来たぞ、「メイドさんにたっちなう」――親睦を図るカギは「iBeacon」にアリ
2013年のワイヤレスジャパンで主にNFC活用事例を紹介した日本Androidの会。メイドさんとの親交をさらに深める際に「iBeacon」が活躍する! かもしれない。(2014/5/29)

ワイヤレスジャパン2014/WTP2014:
RFパワーアンプの評価時間を従来の1/3に短縮
ローデ・シュワルツは、最新の携帯電話通信方式である「LTE-Advanced」に対応する携帯端末機器、基地局用通信装置、および電子部品の開発や評価に必要となる測定機器/システムをWTP2014でデモ展示した。(2014/5/29)

タブレットとノートPC対応のVer.1.3は8月に確定:
ワイヤレス給電「Rezence」は2015年から普及する
Alliance for Wireless Powerがコンシューマー向けに立ち上げたワイヤレス給電ブランドをアピール。Rezence対応のiPhone 5sケースも公開した。(2014/5/28)

「A4WPはワイヤレス給電の第2世代だ」:
A4WPのトップが「rezence」の最新状況を説明
ワイヤレス給電の標準化団体「Alliance for Wireless Power(A4WP)」のプレジデント兼ボードチェアマンであるKamil A.Grajski氏が、A4WPの最新動向に関しての講演を実施し、今後策定予定の認証プログラムなどについて説明を行った。(2014/5/28)

28日から「ワイヤレスジャパン 2014」開催――注目の講演・セッションまとめ
5月28日から30日まで、東京ビッグサイトで通信や無線の専門展示会「ワイヤレスジャパン 2014」が開催される。一部満席のものもあるが、注目の講演やセッションをチェックしておこう。(2014/5/27)

Wi-SUN相互接続試験の「標準器」へ:
ルネサスとADIの無線通信プラットフォームがWi-SUN認証を取得
ルネサス エレクトロニクスとアナログ・デバイセズは、共同開発したサブギガヘルツ無線通信プラットフォーム「Renesas/ADI SUN Solution for RL78 & ADF7023-J」が、Wi-SUNアライアンスのECHONET Liteプロファイル認証を取得したと発表した。(2014/5/26)

ワイヤレスジャパン 2014:
タブレット/スマホ導入で売上アップのコツが分かる――「中小企業クラウド&モバイル活用フォーラム」
5月28日から30日まで開催される「ワイヤレスジャパン 2014」では、タブレットやスマートフォンを導入している中小企業担当者を対象とした「中小企業クラウド&モバイル活用フォーラム」を実施。導入事例や売上アップにつながる情報を得られる。(2014/5/19)

ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:
IoT、Beaconの実現に向けた無線ソリューションを新興企業やメイカーズにも
ノルディックセミコンダクターは2014年5月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2014」に出展し、Bluetooth Low Energyなど複数のプロトコルに対応できる無線用SoC製品をベースにした展示を行う。(2014/5/7)

「ワイヤレスジャパン2014」事前登録を受付中、セミナーの受講はすべて無料
5月28日〜30日に東京ビッグサイトで開催される、ワイヤレスとモバイルの専門展示会「ワイヤレスジャパン2014」の事前登録が受付中。セミナーはすべて無料で、基調講演ではドコモやKDDIのキーパーソンが登壇する。(2014/5/1)

ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:
「LTE-Advancedのリーディングカンパニー」を掲げるローデ・シュワルツ
ローデ・シュワルツは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で注目を集める最新携帯電話通信方式であるLTE-Advancedに特化した展示を実施し、“ローデ・シュワルツ=LTE-Advancedのリーディングカンパニー”をアピールする。(2014/4/30)

ワイヤレスジャパン2014 / WTP2014 開催直前情報:
IoT/M2Mのエキスパートとしてワンストップソリューションを届けるディジ インターナショナル
ディジ インターナショナルは2014年5月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2014」に出展し、IoT(モノのインターネット)/M2Mネットワークを実現するため、製品とサービスを出展する。(2014/4/25)

ワイヤレスジャパン2011:
LTEの前に「EV-DO Advanced」、KDDIが2012年4月以降に導入
KDDIがLTE導入の前に、トラフィックが高い基地局のデータを周辺局にオフロードする「EV-DO Advanced」を展開することが分かった。2012年の4月以降、全国展開するという。(2011/5/27)

ワイヤレスジャパン2011:
ドコモとKDDI、スマートフォン戦略の違いが鮮明に――ワイヤレスジャパン基調講演
「ワイヤレスジャパン2011」の基調講演で、転換期のにあるモバイル市場に向けた戦略を語ったドコモの山田社長とKDDIの田中社長。スマートフォンに注力する点は同じだが、そのアプローチは異なっている。(2011/5/25)

ISDB-Tmmか、MediaFLOか?――携帯端末向けマルチメディア放送の公開説明会
携帯端末向けマルチメディア放送の受託事業者に名乗りを上げている、ISDB-Tmm陣営とMediaFLO陣営による公開説明会を総務省が開催。端末、エリア品質、基地局設置、混信対策、(コンテンツを提供する)委託事業者との連携など、さまざまな面から議論が交わされた。(2010/6/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。