ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「World of Warcraft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「World of Warcraft」に関する情報が集まったページです。

スマートシティーと深い関係
「Pokemon GO」は楽しいだけではなく街の姿も変える 始まったARの社会実験
「Pokemon GO」で拡張現実(AR)が身近になった。このARがスマートシティーのさまざまな取り組みを変える可能性がある。(2016/8/9)

Inkの定規にコンパスが追加 Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14352」公開
米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14352」を公開した。コルタナやInkの機能強化が中心となる。(2016/5/27)

PlayStation VRの体験も:
133の名作ゲームを遊びまくれる企画展「GAME ON」を動画で味わう
3月2日から日本科学未来館で開催されるゲームの企画展を一足早く体験してきたので、写真と動画で紹介していく。(2016/3/1)

ゲームソフト大手のActivision Blizzard、「キャンディークラッシュ」のKingを59億ドルで買収
「Call of Duty」や「World of Warcraft」で知られるゲームソフト大手の米Activision Blizzardが、大ヒットモバイルゲーム「キャンディークラッシュ」の英King Digital Entertainmentを約59億ドルで買収すると発表した。(2015/11/3)

安全第一な大容量外付けSSD:
こんなに軽くてこんなにかっこいい外付けSSDは見たことない──サムスン電子「Portable SSD T1」の使い勝手を試す
重さわずか30グラムとカードのような大容量外付けSSDが登場。ちょっとコツがいる初期設定から気になるパフォーマンスまで検証した。(2015/2/25)

見せてもらおうか、最新SSDの性能とやらを:
「Crucial MX200/Crucial BX100」の実力を徹底検証
MicronのCrucialブランドから、最新のコンシューマーSSD「Crucial MX200」および「Crucial BX100」が登場した。早速性能をチェックしてみた。(2015/2/17)

先代の840 EVOとじっくり比較:
「Samsung SSD 850 EVO」徹底検証――“3D V-NAND”搭載で5年保証の主力モデルは買いか?
2014夏に個人向けハイエンドSSDで初めて採用した3次元NANDフラッシュメモリが、早くも普及価格帯の主力モデルに入ってきた。先代モデルと比較しながら、その実力に迫る。(2014/12/16)

PlayStation Networkが攻撃でダウン、ソニー幹部の搭乗機に爆破予告も
「Lizard Squad」を名乗る集団がTwitterに犯行を認める内容のツイートを掲載した。(2014/8/26)

ゲーム好きだったロビン・ウィリアムズさんを「World of Warcraft」のキャラに――ネットで署名活動
どうやら実現しそうですよ!(2014/8/13)

SATA 6Gbps SSDの限界へ:
「Samsung SSD 850 PRO」徹底検証――“3D V-NAND”で10年保証を実現した先進SSDの実力は?
コンシューマー向けSSDに初めて3次元NANDフラッシュメモリを採り入れた「Samsung SSD 850 PRO」が登場。先代モデルと同条件でテストし、その実力を明らかにする。(2014/7/4)

840 EVOを追撃:
“東芝印”の新生OCZが普及価格帯のSSDに殴り込み――「Vertex 460」徹底検証
東芝グループ傘下で新たにOCZ Storage Solutionsへ生まれ変わったOCZが東芝製Toggle NANDを採用する「Vertex 460」を投入。その性能やいかに?(2014/2/12)

「World of Warcraft」で危険なマルウェアが流通
World of Warcraftのアカウント情報やパスワードを盗み出すマルウェアが出回っている。2段階認証で保護されたアカウントにも感染するという。(2014/1/8)

NUCやUltrabookをもっと速く:
アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。(2013/12/12)

もはや普及モデルのSSDではない:
「Samsung SSD 840 EVO」徹底検証――“TurboWrite”で下克上の性能を発揮か?
価格性能比に定評がある2.5インチSSD「Samsung SSD 840」がモデルチェンジ。課題だった書き込み速度を独自のバッファ技術で克服し、上位機「840 PRO」に肉薄する性能を得た。その実力をさまざまなテストで明らかにしていく。(2013/7/26)

日々是遊戯:
TIME誌が選ぶ「もっとも偉大なゲーム100」読者投票受付中 暫定1位は日本のあのゲーム!
上位10タイトル中5タイトルを日本のタイトルが占める結果に。1位のタイトルは……。(2012/11/19)

SandForceブランドコントローラを搭載:
ライト性能が大幅強化!──Intel SSD 520シリーズの性能を探る
インテルから「SSD 520」シリーズが登場した。Serial ATA 6Gbpsに対応した前モデルSSD 510シリーズとの違いはどこにあるのか? その性能をチェックしてみる。(2012/2/16)

日々是遊戯:
海外サイトが「もっとも手強いゲームのボスTOP50」を発表。1位は倒せる気がしない……
ボス戦と言えばゲームの華。海外サイト「COMPLEX」が、そんなボスの中でも特に印象的だった50体をランク付けして紹介しています。(2011/12/16)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
『ONE PIECE』とゲーミフィケーションの関係
10代から30代まで幅広く支持される『ONE PIECE』。この作品では、大きな目的のために仲間が協力して戦うというギルド的存在が描かれる。これはちょっとした、労働と遊びの理想社会ではないだろうか……?(2011/9/28)

今年も「鉄拳6」の日本代表派遣が決定――「WCG2011」日本予選を8月に開催
一次予選は、関東・関西の2会場で開催予定。現在先着順で参加者を受け付けているので、腕に覚えのある方は早めの応募を!(2011/7/11)

シッポもぜひ実用化してほしい:
「脳波で会話」が当たり前になる?――「脳波で動くネコミミ」仕掛け人が語る、脳波デバイスの未来
日本人がまたよく分からないものを作ったぞ――。YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の動画に、世界中のメディアが注目した。一体どんな人が作ったのか?(2011/6/17)

せかにゅ:
「中国で囚人にネットゲーム強制、RMTで収益」とGuardianが報道
中国の強制労働収容所で、収容者を利用した「ゴールドファーミング」が行われていたと報じられている。(2011/5/27)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その39):
2010年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
くねくねハニィが年末にドカンとお送りする「2010年Top10ニュースランキング!」。ええ、ハニィの独断と偏見ですが、何か? 1年を振り返って今年をしみじみと振り返りたい方必見。来年もよろしく特集ってことでよろしこ。(2010/12/29)

Gawkerからの流出情報から学ぶ「使ってはいけないパスワード」筆頭は?
Gawker Media系列のWebサイトから流出したパスワードを調べたところ、安易なパスワードを使い回しているユーザーが依然として多い実態が明らかになった。(2010/12/16)

Kaspersky Press Tour 2010(3):
FF14も攻撃対象に? オンラインゲーム犯罪の現状
サイバー犯罪の最新動向を解説する「Kaspersky Security Symposium」で、クリスチャン・フンク氏が、オンラインゲームを土壌にしたブラックマーケットの現状を紹介した。あのアイテムはいくら?(2010/10/15)

Symantecがウイルス対策で誤検知 検出技術に課題?
Symantecのウイルス対策製品が、人気ゲーム「World of Warcraft」のコンポーネントをウイルスと誤認識してしまう問題が報告された。(2010/5/18)

「World of Warcraft」アカウントにはどんな価値があるか?
World of Warcraftのアカウントに4000ユーロの価値があるという判決が下された。これは一判決に過ぎないが、バーチャルなものの金銭的価値について、再考すべきかもしれない。(2010/4/21)

クリエイティブ、「World of Warcraft」デザインのヘッドセット2製品
クリエイティブメディアは、オンラインRPG「World of Warcraft」向きをうたった無線/有線ヘッドセット計2製品を発売する。(2010/2/12)

せかにゅ:
iPad似(?)タブレットのメーカー、Appleへの訴訟を検討
昨年タブレットマシンをリリースした中国の企業が、iPadにまねをされたとして法的措置も考えているという。(2010/2/3)

人気オンラインRPGを狙う詐欺サイト、無料サービスで勧誘
「新しいマウントの無料トライアル」につられて詐欺サイトでパスワードを入力すると、アカウントを乗っ取ってしまう恐れがある。(2009/9/30)

Linux搭載Netbookよりこんなにお得:
Microsoftが小売店向け販促資料でライバルを攻撃
「Linuxでは人気ゲームもできない」――Microsoftが小売大手のBest Buyに配布した販促資料では、Linuxへのさまざまな批判が展開されている。(2009/9/10)

オンラインゲームのアカウント、やみ値は最高50ユーロ
ゲームのパフォーマンスに影響するセキュリティ機能を無効にしているユーザーが多いと、G Dataは指摘する。(2009/8/21)

日々是遊戯:
オンラインゲームのデータを消され、修羅と化した少年が話題に
大切なデータを誰かに消され、怒ったり途方に暮れたりした経験はありますか? 大切なオンラインゲームのデータを消された怒りが、少年を「修羅」へと変えてしまいました。(2009/6/22)

日々是遊戯:
「『WoW』そっくり」と話題の「WoF」、今度は公式サイトにリュウや京が登場?
発表当初から「World of Warcraft」そっくりのロゴで話題を集めていた、中国・第九城市(The9)の新作オンラインゲーム「WoF(World of Fighter)。ついに明かされた衝撃の内容とは!?(2009/5/28)

TAIPEI Game Show2009番外編──ガマニアCEO Albert LIU氏インタビュー(後編)
前編に引き続き、Gamania Digital EntertainmentのCEO、Albert LIU氏へのインタビューをお届けします。新作タイトルについても紹介。(2009/3/19)

TAIPEI GAME SHOW 2009:
安価なライセンス費を武器に伸び続ける台湾ゲーム――TAIPEI GAME SHOW 2009リポート後編
後編では主要メーカーブース以外のTAIPEG GAME SHOWらしい風景を追いつつ、台湾ゲーム業界について考察してみた。会場ではUserJoyスタッフに遭遇、MMORPG「Angel Love Online」の最新情報もプレイヤーには必見だ。(2009/2/16)

ロジクール、左手操作専用のマクロキー搭載ゲームコントローラ
ロジクールは、左手専用のゲームコントローラ「ロジクール G13 アドバンス ゲームボード」を発表した。(2009/1/7)

LineageやR.O.H.A.NのIDが盗まれる恐れ:
日本ビクター、販促用USBメモリの一部にウイルスが混入
販売促進用に配布していたストラップ型のUSBメモリ1015個の一部にウイルスが混入していたとして、日本ビクターは注意を喚起している。PCに挿入すると、オンラインゲームのIDやパスワードが抜き取られる恐れがある。(2008/12/1)

東京ゲームショウ2008 海外パビリオン:
海外パビリオン─―台湾編
今年は韓国パビリオンがなくなってしまった分を補うかのように、活気があった台湾パビリオン。PCゲームも数も豊富に取りそろえており、今後日本でサービスが始まるかもしれない、完成度の高い作品もいくつか並んでいた。(2008/10/12)

「オンラインゲームを武器に、世界と肩を並べるメーカーになる」――ゲームハイ キム・ゴンイル会長インタビュー
既報のとおり、ゲームハイは9月23日、韓国・ソウルにて発表会を行い、同社の新作オンラインゲーム6タイトルを内外に向け公開した。その発表会終了後、ゲームハイの会長であるキム・ゴンイル氏に直接お話をうかがうことができた。(2008/9/25)

外科医はゲーマーの方が名医?――米大学調査
ある調査では、ゲームをプレイする外科医の方が、しない外科医よりも高度な手術を素早く行うことができ、ミスも少ないという結果が出た。(2008/8/19)

Dell生誕の地から:
ついにAlienwareが日本上陸!?――Dellが考えるコンシューマーPCとノートPC
米国と欧州の一部でのみ販売されていたゲーミングPC「Alienware」が、日本でも発売されるかもしれない。(2008/6/10)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その24):
MMO化に後れを取るな
「最近どうよ?」の連載24回目。「冬ソナ2」で初めてアタリを見て感動し、Wii版シレンを待ち望むくねくねハニィが、海外に連れて行ってくれるスポンサーを募集しながらオンラインゲームについて語ることにしてみたのでよろしこ。(2008/6/6)

Magi's View:
大規模なコラボレーション活動を成功に導く5つの原則――パート3
2回にわたってコラボレーション活動を成功に導く5つの原則を紹介してきた。最終回となる本稿では、参加者相互の協力と集団による創造的な活動について考察してみよう。(2008/4/9)

ビジョナリーが予測する10年後の情報セキュリティ:
大衆車がハッキングされる時代に(後編)
企業とハッカーの闘いはますます激化していく。セキュリティ対策はコンピュータやネットワークだけにとどまらず、家電や自動車などの日用品までに及ぶ。今後は、専門家のみならず、ITに従事する者であればセキュリティのスキルを身に付ける必要があるという。(2008/3/31)

小飼弾氏に聞く: 会議についてどう思いますか?
会議、そしてコミュニケーションは、ネットで大きく変化したと言われる。“会議”という場も実は大きな変化を遂げている。アルファブロガーでオープンソースプログラマーの小飼弾さんに、会議、そしてコミュニケーションについて聞いてみた。(2008/1/16)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
ネットの脅威はよりひそかに、そして確実に
2007年は、Webからの脅威がクローズアップされた年だ。サイバー犯罪の組織化、攻撃の「見えない化」、ゼロデイアタック――誰もが知っている、その正規のサイトさえももはや安心して見ることができないのだろうか?(2007/12/26)

Dell、4500ドルの「World Of Warcraft」ノートPC発売
人気MMORPG「World of Warcraft」がプリインストールされているほか、オリジナルの壁紙やスクリーンセーバー、カスタムフィギュアが入手できるチケットなど、さまざまな特典もついている。(2007/12/5)

世界ナンバー1パブリッシャー「Activision Blizzard」誕生へ
ActivisionとVivendi Gamesが合併することを発表。世界最大のゲームパブリッシャーが誕生する。合併後の新会社の名前は「Activision Blizzard」となる。(2007/12/3)

Vivendiゲーム部門とActivisionが合併
「World of Warcraft」を傘下に持つVivendi Gamesと、「Guitar Hero」などで知られるActivisionが合併する。(2007/12/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。