ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Z

「ZOZOTOWN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ZOZOTOWN」に関する情報が集まったページです。

話題の、あの人:
「社員から支持されるIT社長」ランキング 孫正義氏、藤田晋氏など上位 1位は……?
IT企業の経営者の中で、社員から高い支持を得ている人物は?――Vorkers調べ。(2018/7/19)

「幸せオーラいっぱい」 剛力彩芽、W杯直後のフェスで絢香と2ショット 交際公言の前澤友作も同行
剛力さんの幸せオーラ。(2018/7/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ZOZO前澤社長の球界参入に「NO」を突きつける人が多い背景
スタートトゥデイの前澤友作社長がTwitter上で「プロ野球球団を持ちたいです」と発信し、大きな波紋を広げている。資金面などの問題はないかと思うが、前澤氏の発言に対して、プロ野球の関係者からは疑問の声が噴出しているのだ。どういうことかというと……。(2018/7/19)

「プロ野球球団持ちたい」ZOZO前澤社長、Twitterで表明 意見も募集
「プロ野球球団を持ちたいです」――「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が17日、Twitterに「大きな願望」として、こんな内容を投稿した。(2018/7/17)

赤いZOZOSUIT、1000着限定で発売 最短で注文した翌日に届く
スタートトゥデイが1000着限定で赤い採寸用スーツ「ZOZOSUIT RED」を発売。価格は2000円(税込)。(2018/7/12)

ZOZOTOWN、トップページを“しまむら仕様”に模様替え
主婦やファミリー層向けにリーズナブルな価格で衣類を販売するブランド「ファッションセンターしまむら」が通販サイト「ZOZOTOWN」に出店。しまむらの通販サイトは初。(2018/7/9)

ZOZO、豪雨被害の倉敷市に衣料7000点提供 前澤社長「お困りの自治体は連絡を」
西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市に対して、ZOZOTOWNが衣類や下着、子ども服など7000点を提供する。「他にもお困りの自治体様は@ZOZOTOWN_CSまでご連絡ください」と社長がTwitterで呼び掛けている。(2018/7/9)

なぜ今、PBを始めるのか:
新生ZOZOビジョンと新ロゴに込めた前澤友作社長の思いとは?
2018年10月に「ZOZO」に社名変更が予定されるスタートトゥデイ。これに先駆けて同名のプライベートブランド(PB)を提供する理由を前澤友作社長が記者発表会で語った。(2018/7/5)

自分にピッタリのスーツが家で買えるZOZOSUITを「NEWS TV」で議論した
(2018/7/3)

「背も小さく足も短く、服を探すのに苦労した」 ZOZOの前澤社長、世界展開への思い
スタートトゥデイが、プライベートブランド「ZOZO」の世界展開に踏み出す。まずは世界72の国・地域の10万人に、Tシャツなどを無料配布する。(2018/7/3)

初のフォーマル商品:
「ZOZO」ブランドにビジネススーツ登場 「ZOZOSUIT」計測でぴったりフィット
「ZOZO」に初のフォーマル衣料が登場。「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」を7月3日午後6時に発売する。「ZOZOSUIT」 で計測したデータを基に、一人一人の体形に合わせて仕立てる。(2018/7/3)

7月3日午後6時30分ごろ放送:
【番組予告】ZOZOSUITでビジネススーツを注文? 「NEWS TV」で試してみる
(2018/7/3)

ZOZOブランドに「ニット」製品 「ほぼ無人」で1着40分、自動製造機を導入
スタートトゥデイは、今秋に向け、プライベートブランド「ZOZO」のラインアップにニット製品を加える。1着当たり40分で無縫製のニット製品を生産できる機器を導入する。(2018/7/3)

「ZOZO」ブランドで「ビジネススーツ」発売 ZOZOSUIT活用で「肩傾斜や体形の左右差も考慮」
スタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」の商品ラインアップを拡充する。メンズの「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」のセットを2万4800円で提供する。(2018/7/3)

“質屋アプリ”ことCASHの運営会社が開発:
今、金欠でもハワイに行ける!? 旅行代金を「ツケで払う」アプリ始動
「質屋では」などと批判されたアプリ「CASH」の運営会社が新サービスを開始。最高で10万円までの旅行商品を買えるアプリで2カ月先まで後払いできる(2018/6/28)

ZOZOTOWNに「しまむら」 初のオンラインショップオープンへ
しまむら初のオンラインショップがZOZOTOWNにオープンへ。店舗のないエリアや来店できない顧客への商品提供が目的という。(2018/6/26)

狙いは「主婦とファミリー」:
しまむら、EC参入を正式発表 7月から「ZOZOTOWN」に出店
しまむらが7月9日に「ZOZOTOWN」に出店する。しまむらがオンラインストアを持つのは初。これまで来店が困難だった潜在顧客との接点を拡大する狙い。(2018/6/25)

しまむらがZOZOTOWNに出店 初のオンライン店舗
(2018/6/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
新型ZOZOSUITにとてつもなくがっかりした理由
色んな意味で旧型の方がよかった。(2018/6/14)

ZOZOSUITは計8サイズ 「サイズ『2』以外は発送遅れている」
採寸スーツ「ZOZOSUIT」新型も発送遅れ。「1」〜「8」の8種類あるサイズのうち「サイズ『2』」以外は発送が遅れているという。(2018/6/11)

「ZOZO」ブランドに「ボタンダウンシャツ」登場 首回りや肩幅調整OK、ぴったりサイズに
採寸用スーツ「ZOZOSUIT」で身体を計測した結果に応じて最適なサイズの衣服を注文できる「ZOZO」の新商品として、「オックスフォードシャツ」が登場。3900円。(2018/6/6)

Instagramに「ショッピング機能」追加 投稿をタップ、そのまま商品購入へ
(2018/6/5)

フィードからショッピングへシームレスな体験を提供:
Instagramが日本でもショッピング機能を搭載、その活用法と期待される効果は?
「Instagram」にショッピング機能が追加され、ビジネス用途がさらに広がった。(2018/6/5)

洋服、プロテイン、ネットアイドルへ“投げ銭”も:
あなたの知らない「ツケで払う人」の世界
クレジットカードを持たない人向けに「ツケ」で商品を買えるサービスが盛況。ただ、あるサービスのユーザーを調べると未成年より20〜30代が多く、プロテインなど不思議な物に使う人も少なくなかった。(2018/5/23)

IT系菓子ベンチャーが新サービス:
あなたの味覚、「プロファイリング」します
ユーザー一人一人の味覚を分析して好みの菓子を送るサービスが登場した。食べてもらった菓子の味や食感などを評価させてユーザーの味覚を精密に把握する。(2018/5/22)

「ZOZOTOWN」の運営元スタートトゥデイが社名を「ZOZO」へ 同名サービスのグローバル展開に向け
プライベートブランド「ZOZO」のサービス名と統一します。(2018/5/21)

スタートトゥデイ、社名を「ZOZO」に変更
スタートトゥデイが、社名を「ZOZO」に10月1日付で変更する。グローバル展開を進める中、サービス名と社名の統一を図る。(2018/5/21)

10月1日から:
スタートトゥデイが「ZOZO」に社名変更 認知度高めて海外展開強化
スタートトゥデイが、10月1日に社名を「ZOZO」に変更すると発表。PB「ZOZO」と社名を統一し、グローバル展開をさらに進める狙い。6月末開催の定時株主総会を経て正式決定する。(2018/5/21)

ZOZOSUIT、注文履歴からキャンセル可能に 「仕様変更で残念な思いさせた」と前澤社長
「ZOZOSUIT」の仕様が大幅に変更され、予約者の中には「新仕様のスーツは不要だ」という人も。そんな声を受け、スタートトゥデイはこのほど、注文済みの「ZOZOSUIT」のキャンセルを注文履歴画面から行えるようにした。(2018/5/8)

新しい「ZOZOSUIT」は水玉模様のマーカー式へ スマホで撮影して寸法を計測
「技術改革と研究開発により大幅な仕様改良に成功した」とされていました。(2018/4/27)

スタートトゥデイ、「ZOZOSUIT」の配送に見通しが立ったと発表 「技術改革により大幅な仕様改良に成功した」
早く配送してほしい。(2018/4/26)

IoTと製造業の深イイ関係(5):
スマート工場が5G待望のキラーアプリに、期待集めるネットワークスライシング
脚光を浴びるIoTだが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第5回は、5Gとスマートファクトリーの関係性にスポットを当てる。(2018/4/23)

サントリー「クラフトボス」に「ブラウン」登場 ブラック・ラテに続いて
仕事が捗りそうだ!(2018/4/19)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
10代はAmazonで20代はZOZOTOWN、全体では楽天――EC利用者の傾向をジャストシステムが調査
ジャストシステムの調査から、今どきのEC利用者の傾向を紹介します。(2018/4/13)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

年収1000万円〜1億円で「天才」募集 新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」
スタートトゥデイは、グループ内の技術力を集約した新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」を設立。年収1000万〜1億円の「天才」を募っている。(2018/4/2)

子会社3社を合併:
スタートトゥデイ、"データに強い"新会社 年収最大1億円で「天才」募集
スタートトゥデイが、データビジネスを担う新会社を設立。既存事業向けのサービス開発、R&D(研究・開発)、新規事業の立ち上げなどを担う。選考で「天才」と判断された人材には年収1000万〜1億円と高待遇を用意する。(2018/4/2)

届かない「ZOZOSUIT」、キャンセルするには?
「ZOZOSUIT」の配送が遅れている。「こんなに届かないなら、キャンセルしたい」と思っても、注文履歴画面には「取り消しできません」の文字。ZOZOSUITはどうすればキャンセルできるのか?(2018/4/2)

ZOZOSUITってどんなことができる? 試着から計測まで、実際に女性記者が試してみた
伸縮センサーで全身を瞬時に採寸できるという「ZOZOSUIT」。どんな風に着用し、どんな風に計測するのか。実際に記者が試してみた。(2018/3/21)

ZOZOSUITはなぜ生まれた? 配送はいつ? スタートトゥデイの前澤社長に聞いてきた
身体のサイズを一瞬で計測できるというセンサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」。なぜこのようなスーツを開発したのか、そしてユーザーの手元にはいつ届くのか。スタートトゥデイの前澤社長に聞いた。(2018/3/20)

Webとアプリを横断した顧客体験をワンストップで提供可能に:
Web接客の「KARTE」にモバイルアプリ版が登場
プレイドは、アプリのユーザーをリアルタイムに解析し、ユーザーごとに最適なコミュニケーションを実現する「KARTE for App」を提供開始した。(2018/3/19)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

田端信太郎氏、スタートトゥデイ入社 個人Twitterは「本人の意思に任せる」と同社
LINEを退社した田端信太郎氏が、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイに入社した。「コミュニケーションデザイン室」の室長を務めるという。(2018/3/1)

コメ兵、ZOZOTOWN内の中古ショップ「ZOZOUSED」に進出 約2万点を販売
コメ兵はブランド古着セレクトショップ「ZOZOUSED」での販売を開始した。(2018/3/1)

「ファッションEC革命を手助け」:
元LINE田端信太郎氏、「新たな挑戦」でスタートトゥデイ入社
元LINE上級執行役員の田端信太郎氏がスタートトゥデイに入社したことが分かった。。田端氏とスタートトゥデイの前澤友作社長がTwitterで発表した。コミュニケーションデザイン室長に就任し、ブランディングを担っていくという。(2018/3/1)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
スタートトゥデイが20億円で買収、「IQON」運営のVASILY 傘下で出直しなるか
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/2/20)

モバイル決済サービス「LINE Pay」、LINEポイントで支払い可能に LINE Pay残高への交換不要
メッセージアプリ「LINE」から利用できるモバイル決済サービス「LINE Pay」で、LINEポイントを使った支払いが可能になった。LINE Pay残高へ交換する手間なく、1ポイント1円として利用できるという。(2018/2/19)

ZOZOTOWN、「おまかせ定期便」開始 ユーザーに合わせたコーデを定期的に発送
定期的に5〜10点の商品を発送。ユーザーは欲しいものだけを購入し、それ以外は返品できる仕組み。(2018/2/15)

ZOZOTOWN、“似合う服”届く「おまかせ定期便」提供開始
スタートトゥデイが、利用者の好みに応じてスタッフが“似合う服”を選んで届ける「おまかせ定期便」の提供をスタート。気に入った商品のみ購入でき、返品は無料。(2018/2/15)

「ZOZOSUIT」より簡単に体型計測できるアイデア、3億円で買い取り スタートトゥデイ
スタートトゥデイは2月15日、「ZOZOSUIT」よりも簡単・低コストで高精度な体型計測が可能になるアイデアを、3億円で買い取ると発表した。(2018/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。