レビュー
» 2009年10月19日 22時44分 UPDATE

写真で解説する「BRAVIA Phone U1」 (1/3)

au向けでは「Cyber-shotケータイ」「Walkman Phone」に続き、ソニーの家電ブランドを冠するモデルとして登場した「BRAVIA Phone U1」。モバイルブラビアエンジンやおでかけ転送など映像機能を強化したほか、IPX5/IPX7等級の防水性能も装備した。

[田中聡,ITmedia]

“水”をイメージしたデザイン、お風呂用スタンドも用意

photo

 「BRAVIA Phone U1」は、au向けのソニー・エリクソン製端末としては初めて、ソニーの液晶テレビブランド「BRAVIA」の名を冠するモデルだ。「モバイルブラビアエンジン」により鮮やかな画質でワンセグを視聴できるほか、ソニー製のBlu-ray Discレコーダーで録画した番組をケータイで視聴できる「おでかけ転送」にも対応する。IPX5/IPX7等級の防水性能を備えており、バスルームを初めとする水回りでもワンセグを楽しめる。製品名「U1」の「U」は、「“unite、utility、usability”を意味する」(説明員)という。端末の正式な型番は「SOY02」。

photophotophoto ソニー・エリクソン製の「BRAVIA Phone U1」。ボディカラーはゴールド、レッド、サファイアブラックの3色
photo 本体正面

 ボディカラーはレッド、サファイアブラック、ゴールドの3色。レッドはBRAVIAのブランドカラーを体現した。サファイアブラックとゴールドはBRAVIA製品に使われているカラーがベースになっているが、「ケータイ用にアレンジした」(説明員)という。また、レッドはドコモが2006年に発売したBRAVIAケータイ「SO903iTV」にも使われた色だが、「BRAVIA Phone U1では、SO903iTVにあった朱色を抜いており、若年層の男女に訴求するために彩度を高くした」という。

 本体サイズは約50(幅)×111(高さ)×16.7(厚さ)ミリで、回転2軸型の防水ケータイとしては世界最薄を実現した(2009年9月現在)。防水ケータイらしく、水の波紋をイメージした曲線フォルムと、水のきらめきをイメージしたサイドラインを採り入れた。背面パネルやヒンジ部などにはツヤがあり、高級感が演出されている。

photophoto 背面パネル中央に「BRAVIA」のロゴがある。ディスプレイ部の上下にカーブが描かれており、柔和な印象を与えている(写真=左)。マットな塗装の裏面には、カメラとフォトライト、スピーカー、赤外線ポート、FeliCaマーク、バッテリーロック用のスイッチなどがある(写真=右)
photophoto 側面はシルバーのラインがアクセントになっている。左側面には充電用の接点(写真=左)、右側面には充電端子と4つのサイドキーがある(写真=右)
photophoto 先端部にはストラップホールを装備(写真=左)。ヒンジ部(写真=右)
photophoto サブディスプレイには約1.1インチの有機ELを採用し、時刻などが浮かび上がるように点灯する。サブディスプレイ用の時計は6種類を設定できる(写真=左)。背面パネルには、BRAVIAのロゴが立体的に見えるよう工夫を施した(写真=右)
photophotophoto 裏面に514万画素CMOSカメラを搭載(写真=左)。写真撮影や動画コンテンツの音量調節、早送り/巻き戻しなどができるサイドキー(写真=中)。ソニー・エリクソンロゴの隣にあるスイッチをスライドさせると、バッテリーロックが解除される(写真=右)
photophotophoto バッテリーは、これまでのソニー・エリクソン端末でも使われている「64SOUAA」を採用(写真=左)。防水端末なので、外部メモリスロットはバッテリーカバー内部にある(写真=中)。外部メモリは最大16GバイトのmicroSDHCを利用できる。内蔵メモリは約360Mバイト。充電端子用のカバーもスムーズに開閉できた(写真=右)
photophoto 隙間のないフレームレスキーを採用。ダイヤルキーの下には、よく使う機能を表示する「クイックアクセスメニュー」を呼び出せるクイックキーを搭載(写真=左)。十字キーやソフトキーなどのキー配列は、従来のソニエリ端末と同様。アプリキーの上に「U1」の文字がある(写真=右)

 付属品も充実しており、卓上ホルダと2GバイトのmicroSD(試供品)、おでかけ転送にも使えるUSBケーブル(試供品)が同梱する。また、バスルームでのワンセグ視聴に役立つ「お風呂ケータイスタンド」も別売で用意し、11月19日から「au one Brand Garden」(外部リンク)で販売される予定。価格は1980円。サイズは83(幅)×60(高さ)×60(厚さ)ミリ。BRAVIA Phone U1のボディカラーに合わせて3色をラインアップ。スタンドは、ワンセグを視聴しやすいよう4段階で角度を調節できる。

photophoto 透明感のある3色を用意する「お風呂ケータイスタンド」
photophoto ワンセグ視聴はもちろん、ケータイの置き台としても活用できそうだ(写真=左)。同梱の卓上ホルダには「BRAVIA」と「Sony Ericsson」のロゴがある。ちなみに卓上ホルダのカラーはブラック1色のみ(写真=右)
photo
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.