ニュース
» 2010年05月07日 17時56分 UPDATE

App Town ライフスタイル:地域の広告チラシを手軽に閲覧――「チラシ検索 by タウンマーケット」

地域を指定すると広告チラシが閲覧できるリクルートのサービス「タウンマーケット」のiPhoneアプリが登場。

[園部修,ITmedia]
Photo 「チラシ検索 by タウンマーケット」

 広告チラシといえば、新聞の折り込み広告や郵便受けに投函される紙の広告のイメージが強い。しかし、最近はWebサイトで広告チラシを公開する店舗なども増え、新聞を購読していなくても、チラシを見るのは比較的容易になってきた。とはいえ、こうしたチラシは自分から能動的に特定の店のWebサイトなどを開かないと見られない。新聞の折り込み広告には、手元に届いた広告をパラパラめくりながら、思わぬ安売りのチラシを見つけるといった楽しみがあった。

 そんな新聞の折り込み広告の感覚がWeb上で味わえるのがリクルートの「タウンマーケット」だ。地域を指定すると、近隣のエリアの広告チラシが閲覧できる。東京都や神奈川県の一部の地域では、テレビ欄などを載せた情報誌とチラシを毎週1回無料で宅配するサービスも提供している。

 このタウンマーケットのiPhoneアプリ「チラシ検索 by タウンマーケット」が登場した。価格は無料。アプリを起動してエリアを選択すれば、その地域が対象になっているチラシが一覧表示される。エリア選択時に現在地を選択すれば、1キロ以内/5キロ以内/10キロ以内/50キロ以内/100キロ以内の範囲でチラシを検索することもできる。エリアだけでなく、業種やキーワードからチラシを絞り込むこともできるので、家電量販店のチラシで自分に関係がありそうなものだけを見る、といったことも可能だ。

 チラシの内容が確認できるのはもちろん、チラシを出している店舗をGoogle マップ上で表示し、現在地から徒歩/電車/車での移動ルートを検索する機能もあり、無料のアプリながらもなかなか便利だ。

 新聞は取っていないが、チラシは見たい!という人は、このチラシ検索 by タウンマーケットを入れてみてはいかがだろうか。まだあらゆるチラシを網羅している訳ではないので、地域によっては検索結果に目当てのチラシがほとんどない場合もあるだろうが、首都圏などではけっこう使い勝手は良さそうだ。

PhotoPhotoPhotoPhoto アプリを起動すると地域を選択する画面になる。任意の場所を選べば,その場所に関連するチラシが閲覧できる
PhotoPhotoPhotoPhoto 店舗の詳細画面では、チラシをブックマークしたり、メールを送ったりできる。チラシを閲覧できるのはもちろん、地図を表示したり、Googleマップで現在地から店舗までのルート案内をしたりもできる
PhotoPhoto チラシは業種や現在値からの店舗までの距離で絞り込むこともできる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.