ニュース
» 2010年09月17日 21時23分 UPDATE

IS01はEメールの送受信も停止:シャープ製「SH-10B」と「IS01」にメール誤送信の不具合――販売停止へ

ドコモとauのAndroid端末「LYNX SH-10B」と「IS01」のメールソフトに不具合があることが判明した。ドコモはSH-10Bの販売再開を延期する。KDDIはIS01の販売を一時停止し、「IS NET」のEメール送受信を一時停止する。

[田中聡,ITmedia]
photo ドコモの「LYNX SH-10B」

 NTTドコモは9月17日、シャープ製端末「LYNX SH-10B」の販売再開を延期することを発表した。不具合により販売が一時停止されていたSH-10Bは、9月18日に販売が再開される予定だったが、新たなソフトウェア不具合が確認されたため、ドコモは販売再開を延期する。対象となるSH-10Bの販売台数は約7000台(9月17日時点)。

 不具合の内容は、アドレス帳の登録名に「,(カンマ)」を使用している場合、その人へのメールが正しく送信されず、ほかの人に送信される場合があるという。例えば、「docomo,ichiro」という名前をアドレス帳に登録し、さらに「docomo」「ichiro」という2つの名前を登録した場合、docomo,ichiroさんにはメールは送信されず、docomoさんとichiroさんに送信されてしまう。docomoまたはichiroのどちらか一方、または両方の登録がない場合は誤送信されない。

 SH-10Bの購入者には、9月下旬をめどに不具合を改善するソフトウェアを提供する予定。販売開始時期は別途ドコモから案内される。

IS01は「IS NET」のEメール送受信を停止

photo auの「IS01」

 あわせて、KDDIのシャープ製端末「IS01」にもメールアプリに不具合があることが判明した。同社は9月17日からIS01の販売を停止する。対象となるIS01の販売台数は約5万台(9月17日時点)。

 不具合の内容はSH-10Bとほぼ同じだが、IS01の場合、カンマで区切った2つの名前のいずれかをアドレス帳に登録していても、メール(@ezweb.ne.jp/Cメール/PCメール)が誤送信される。例えば「au,ichiro」という名前をアドレス帳に登録し、「au」か「ichiro」のどちらかをアドレス帳に登録した状態でau,ichiroさんあてにメールを送信した場合だ。

 9月13日に1人のユーザーからメールを正しく送信できないとの申告があり、調査の結果、9月16日に不具合があることをKDDIは確認した。9月17日現在、ユーザーからの申告は1件で、それ以外の申告はない。

 KDDIは9月17日19時30分に「IS NET」のEメール送受信を停止し、CメールとPCメールについては、カンマの有無を注意するよう呼びかける。また、メールが正しく送信されない場合があるため、メールアプリ(@ezweb.ne.jp/Cメール/PCメール)の使用を控えるよう注意喚起する。不具合の該当ユーザーにはCメールで案内する。

 KDDI広報部は、Eメールの利用を停止した理由について「メールソフトの不具合が解決されていないため」とコメント。Eメールの送受信停止中にEメールを受信した場合、メール本文は受信できないが、着信は通知される。Eメールの送受信停止に伴い、KDDIはIS NETコースの月額料金315円を、再開まで日割り計算で減免する。

 またKDDIは、IS01でIS NETのEメールを利用可能にするケータイアップデートによるメールアプリの配信を、9月17日14時20分に停止した。

 不具合の対応(ケータイアップデートかショップへの修理か、など)やEメールの使用再開とIS01の販売再開時期については未定。同社は詳細が決まり次第、別途案内するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.