ニュース
» 2011年08月18日 16時07分 UPDATE

ラウンドガラス搭載のコンパクトなAndroidスマートフォン「Vision 007HW」

ソフトバンクモバイルが、Huawei製のAndroidスマートフォン「Vision 007HW」を9月上旬以降に発売すると発表した。中国で先に発表された「Vision」がベースのグローバル端末で、コンパクトなボディに高性能を詰め込んでいる。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが8月18日、Huawei製のAndroid 2.3搭載スマートフォン「Vision 007HW」を発表した。9月上旬以降に発売する。

 Vision 007HWは、厚さ約11ミリ、重さ約122グラムの小型軽量ボディに1GHz動作のSnapdragon MSM8255プロセッサ、Android 2.3を搭載したスマートフォン。ディスプレイは3.7インチのワイドVGA(480×800ピクセル)表示に対応したTFT液晶で、有効約500万画素CMOSのアウトカメラと有効約30万画素CMOSのインカメラを備える。通信速度は下り最大14.4Mbps、登り最大5.76Mbpsの3Gハイスピードに対応。S!メールも利用できる。

PhotoPhoto Vision 007HWはオービタルブラックとビビッドピンクの2色を用意

 赤外線通信やおサイフケータイ、ワンセグなどには対応していないものの、緊急地震速報はサポートしている。またVision 007HW用にアレンジしたアプリケーションサービス「きせかえLab.」も搭載しており、ユーザーインタフェースを自由にカスタマイズすることができる。画面の数やテーマなどが好みに合わせて変更可能だ。

 外観上の特徴としては、曲線で構成されたラウンドガラスのボディとアルミ製のボディが挙げられる。ボディカラーはオービタルブラックとビビッドピンクの2色。

「Vision 007HW」の主な仕様
機種名 Vision 007HW
OS Android 2.3
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約60×119×11ミリ
重さ 約122g
連続通話時間 W-CDMA:約350分、GSM:約400分
連続待受時間 W-CDMA:約350時間、GSM:約300時間
アウトカメラ 有効画素数約500万画素CMOS(AF対応)
インカメラ 有効画素数約30万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(2Gバイト同梱/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.7インチワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶
ボディカラー オービタルブラック、ビビッドピンク
主な機能 Bluetooth(Ver.2.1+EDR)、S!メール(MMS)、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、世界対応ケータイ、3Gハイスピード(下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbps)、GPS、デコレメール、Flash、スマートセキュリティ、コミックLIFE、ムービーLIFE、緊急地震速報 ほか
発売時期 9月上旬以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.