ニュース
» 2011年09月01日 01時18分 UPDATE

arcがさらにサクサクに――Snapdragon 1.4GHz採用の「Xperia arc S」登場

英Sony Ericssonは8月31日(現地時間)、日本でも人気のAndroid搭載スマートフォン「Xperia arc」の後継機種「Xperia arc S」を発表した。日本での販売予定は未定だが、グローバルでは2011年10月以降に発売される。

[園部修,ITmedia]

 英Sony Ericssonが8月31日(現地時間)、ドイツで開催されているエレクトロニクスショー「IFA 2011」のプレスカンファレンスで、「Xperia arc」の後継モデル「Xperia arc S」を発表した。

Photo 「Xperia arc S」のPure White

 Xperia arc Sは、世界的に高い人気を博したXperia arcの外観はそのままに、プロセッサをSnapdragon 1GHzからSnapdragon 1.4GHzに強化したモデル。ボディカラーはMidnight Blue、Misty Silver、Sakura Pinkの3色に加えて、純白のPure Whiteと光沢のある黒、Gloss Blackを追加して全5色となっている。ディスプレイはフルワイドVGA(480×854ピクセル)表示に対応した4.2インチ液晶で、モバイルブラビアエンジンも搭載。外形寸法は約63×125×11(最薄部約8.7)ミリと全く変わらない。重量は約117グラム。

 カメラはExmor R for mobileを採用した8.1Mピクセルタイプで、「スイングパノラマ」「3Dスイングパノラマ」の撮影機能を搭載。3Dスイングパノラマで撮影した3Dパノラマ写真は、3D対応テレビなどで立体的な画像が視聴できる。カメラの起動は約25%高速になっているほか、画像処理も約20%高速だという。ソニーのネットワークサービス「Music Unlimited」「Video Unlimited」にも対応している。

PhotoPhoto ボディカラーはXperia arcと同じMidnight Blue、Misty Silver、Sakura Pinkと、Pure White、Gloss Blackの5色。左からPure White、Midnight Blue、Misty Silver、Gloss Black、Sakura Pink

 3Gでの連続通話時間は約455分、連続待受時間は約460時間。Android OSのバージョンは2.3.4になる。

 Xperia arc Sは、2011年10月に発売予定だが、日本での発売予定は未定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.