ニュース
» 2011年09月26日 11時00分 UPDATE

エリアが広い3Gと高速なWiMAX、両対応のモバイルWi-Fiルーター――「Wi-Fi WALKER DATA08W」

auのデータ通信端末のラインアップに、待望のWiMAX対応モデルが登場。全国にくまなく展開されたWINのネットワークと、都市部を中心に高速な通信が可能なWiMAXが両方利用できる。

[園部修,ITmedia]

 auのモバイルWi-Fiルーターは、これまでWIN(3G)のみに対応した「Wi-Fi WALKER DATA05」「Wi-Fi WALKER DATA06」の2モデルがラインアップされていたが、待望のWiMAX対応モデル「Wi-Fi WALKER DATA08W」が登場した。

PhotoPhoto コンパクトなボディに3G(WIN)とWiMAXの通信機能を搭載。エリアに応じて最適な通信が利用できる

 DATA08Wは、WiMAXエリアでは下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの高速通信が利用でき、WiMAXエリアの外ではWIN(CDMA 1X WIN)で通信ができる、通信の速さとエリアの広さを兼ね備えたモバイルWi-Fiルーターだ。メーカーはHuaweiで、DATA06とよく似た形状となっている。

 本体には1.45インチのディスプレイを備え、接続中のステータスなどが確認可能。自動接続機能「WPS」にも対応しており、対応機種となら難しい手順を踏むことなくすぐに無線LANで接続できる。マルチSSIDをサポートしているため、WEPとWPA2など、異なるセキュリティレベルの機器を同時に接続することも可能だ。最大同時接続数は5台。

 端末内にはmicroSDカードスロットを備え、microSD内のデータをルーターに接続したWi-Fi機器と共有する機能も用意した。

 連続データ通信時間は、WiMAXで約4.2時間(検討中)、WINで約5.2時間(検討中)。比較的小さなボディのため連続駆動時間は長くはないものの、外部接続できるバッテリーを活用すれば長時間の運用も可能だ。

 料金プランは、「WINシングル定額 WiMAX(シンプル)」が用意される。基本使用料が2030円、パケット通信料は1パケットあたり0.042円で、上限が6800円となる。auケータイ/スマートフォンと同一名義で契約する場合に利用できる「WINシングルセット割」もしくは2年契約の「誰でも割シングル」に加入すると割引が適用され、基本使用料が980円に、パケット通信料の上限が5750円になる。端末の実売予測価格は1万円未満。

photophoto 左側に1.45インチのTFT液晶を搭載しており、通信状況や接続しているネットワークなどを確認できる(写真=左)。裏面にはHuaweiのロゴがある(写真=右)
photophoto Micro USB端子(写真=左)。電源キーとネットワーク切り替え用のキー(写真=右)
photophoto バッテリー容量は2200mAhで、取り外し可能(写真=右)。microSDスロットも備える(写真=右)
photophotophoto 画面下部に接続しているネットワークが表示される。画面左はWiMAXと3Gの両方に接続するハイブリッドモードとなっており、WiMAX対応エリアではWiMAXでの通信となる。サイドキーを長押しすると3Gのみ、WiMAXのみの通信に切り替えられる(写真=中、右)

主なスペック
機種名 Wi-Fi WALKER DATA08W
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約109×60×17.6ミリ(暫定)
重さ 約125グラム(検討中)
連続データ通信時間 WiMAX:約4.2時間(検討中)、3G:約5.2時間(検討中)
連続待受時間 (検討中)
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約1.45インチTFT液晶
無線LAN IEEE802.11b/g/n
外部インタフェース microUSB
発売日 12月中旬以降

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.