ニュース
» 2011年10月03日 11時49分 UPDATE

「LYNX 3D SH-03C」、機能バージョンアップでエリアメールやスクリーンショット撮影に対応

ドコモのスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」の機能バージョンアップが開始された。バージョンアップにより、エリアメール、YouTube 3D、スクリーンショット撮影に対応する。

[田中聡,ITmedia]
photo 「LYNX 3D SH-03C」

 NTTドコモは10月3日、シャープ製のAndroidスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」の機能バージョンアップを10月5日午前10時から行うことを発表した。

 主なバージョンアップ内容は以下のとおり。

  • エリアメールアプリが追加され、エリアメールが利用可能に。
  • YouTube 3Dアプリが追加され、YouTube 3Dの再生が可能に。
  • ホームキーと電源キーの同時押しによるスクリーンショット撮影が可能に(アプリケーションによっては保存できない場合がある)。

 「設定」→「端末情報」から確認できるビルド番号が「02.00.01」の場合、端末単体のソフトウェア更新でバージョンアップを行う。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新を開始する」からバージョンアップする。バージョンアップは3G通信と無線LANのどちらでも可能。3G通信の場合、ソフトウェアの検索にはパケット通信料が発生する。ソフトウェアのダウンロードにかかる通信料は無料。

※初出時に「バージョンアップにはパケット通信料が発生する」旨の記述がありましたが、ソフトウェアのダウンロード時には通信料は発生しません。お詫びして訂正いたします(10/3 18:16)。初出時に「バージョンアップは3G通信でのみ可能」との記述がありましたが、無線LANでも可能です。お詫びして訂正いたします(10/3 18:35)。

 ビルド番号が「02.00.01」以外の場合、PC経由でソフトウェア更新をする必要がある。同梱されているMicro USBケーブルでSH-03CとPC(ドコモショップ店頭用PCを除く)を接続し、更新ファイルをダウンロードすることで最新バージョンに更新できる。PCにはシャープから提供されているUSBドライバと「メジャーアップデートツール」をインストールしておく必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.