ニュース
» 2012年01月17日 15時57分 UPDATE

さらに0.2ミリ薄く:ドコモ、厚さ6.7ミリの極薄防水Android「ARROWS μ F-07D」を1月20日に発売

ドコモは、富士通製のAndroid端末「ARROWS μ F-07D」を1月20日に発売する。厚さ6.7ミリの最薄ボディは防水仕様で、キズが付きにくいゴリラガラスやウルトラタフガードを採用。おサイフやワンセグにも対応する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「ARROWS μ F-07D」

 NTTドコモは1月17日、富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS μ F-07D」を1月20日に全国で発売すると発表した。事前予約1月13日から受け付けている。

 ARROWS μ F-07Dは、厚さ6.7ミリ(最厚部8.5ミリ)という極薄ボディが特徴の端末。2011年10月の発表時点では厚さが6.9ミリだったが、製品版ではさらに0.2ミリ薄くなった。ドコモによると「発表後にさらに薄くできることがわかり、製品版を再計測した結果6.7ミリになった」(広報部)という。KDDIから発売された姉妹機「ARROWS ES IS12F」(こちらも厚さ6.7ミリ)と合わせて業界最薄を誇る。

 ボディは薄いだけでなくIPX5/8対応の防水性能を持ち、耐磨耗性に優れるウルトラタフガードも施されている。4インチのワイドVGA(480×800ピクセル)有機ELディスプレイには、米Corning製のゴリラガラスを採用して剛性を確保した。重さは105グラムと軽量な点も特徴。カラーはSapphire Blackの1色のみ。

 CPUには1.4GHz駆動のMSM8255を搭載。おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信にも対応した。カメラは有効約510万画素CMOS。ビジネスだけでなくプライベートでも活用できる富士通モバイル統合辞書+を収録した。

※初出時に、デュアルコアプロセッサ搭載と表記しましたが、搭載CPUはシングルコアです。お詫びして訂正いたします
「ARROWS μ F-07D」の主な仕様
機種名 ARROWS μ F-07D
OS Android 2.3
CPU MSM8255 1.4GHz
ROM/RAM 1Gバイト/512Mバイト
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64×127×8.5ミリ(最薄部6.7ミリ)
重さ 約105グラム
連続通話時間 3G:約310分、GSM:約300分
連続待受時間 3G:約460時間、GSM:約350時間
アウトカメラ 有効約510万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSDHC(別売/最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約4インチワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL 1677万色
サブディスプレイ
ボディカラー Sapphire Black
主な機能 赤外線、WORLD WING(3G/GSM)、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps、上り5.7Mbps)、GPS、Bluetooth(2.1+EDR)、無線LAN(802.11b/g/n)、テザリング、エリアメール、DLNA、spモード、おサイフケータイ、ワンセグ、防水(IPX5/IPX8) ほか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう