ニュース
» 2012年04月13日 15時09分 UPDATE

KDDI、イリジウム初のGPS搭載モデル「Extreme」を発売

KDDIは、イリジウム衛星携帯電話で初めてGPSを搭載した「Extreme」を4月13日に発売した。位置情報の定期的な通知や、SOSボタンによる緊急メッセージの自動送信が行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、GPS機能搭載のイリジウム衛星携帯電話「Extreme」を4月13日に発売した。価格はオープンで、市場予想価格は20万円半ば。

photophoto 「Extreme」

photo 本体上部のSOSボタン

 イリジウムの衛星携帯電話サービスは、地上の基地局ではなく、上空780キロメートルを周回する66基の人工衛星を経由して通信を行う。カバーエリアは地球全体におよび、災害などで地上の通信設備が使えなくなったエリアでも通信手段が確保できるという。

 今回登場するExtremeは、シリーズ初となるGPS機能を利用し、事前に登録した宛先へ位置情報を定期的にEメールで通知できるほか、端末上部のSOSボタンにより現在地や緊急メッセージを自動送信できる。

 サイズは、アンテナ収納時で60(幅)×140(高さ)×27(奥行き)ミリ、重量は247グラム。ボディは防水・防塵仕様ながら、従来モデルより小型化・軽量化を図った。連続待受時間は約30時間以内で、連続通話時間は約4時間以内。電話帳登録可能数は、本体メモリに100件、SIMカードメモリでは155件。メニュー表示言語は英語や日本語など複数から選択できる。

関連キーワード

KDDI | 衛星通信 | GPS | 携帯電話 | 位置情報 | 災害 | 地球 | 衛星


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう