ニュース
» 2012年10月09日 11時51分 UPDATE

SoftBank 4G対応:電源オンで5秒で起動、Super AMOLED搭載の“高速”スマホ――「STREAM 201HW」

Huaweiが発売するAndroidスマートフォン「STREAM 201HW」は、電源オン時の高速起動やカメラの立ち上がりの速さが魅力のモデル。OSはAndroid 4.1へのアップデートを予定している。

[園部修,ITmedia]

 Huawei製のAndroid 4.0搭載スマートフォン、「STREAM 201HW」は、ソフトバンクモバイルの2012年度冬春モデルの先陣を切って発売される“高速”スマートフォンだ。素の状態に近いシンプルなAndroid 4.0のインタフェースに、ストレスを感じさせない高速な動作を実現する数々の機能を盛り込んだ。

PhotoPhoto 「STREAM 201HW」。ボディカラーはフレイムブラックとライトニングブラック

 CPUは1.5GHz動作のデュアルコアプロセッサを搭載。ディスプレイには4.3インチQHD(540×960ピクセル)のSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用した。電源オフの状態から最短5秒で使用可能になる高速起動や、約1秒で起動する800万画素CMOSカメラなど、大幅な高速化を図っているのが特徴の1つ。カメラは1.8秒で10枚の連写もできる。

 またSTREAM 201HWは、Huaweiがグローバルで展開するAscendシリーズをベースにしたモデルだが、下り最大76MbpsのSoftBank 4G(AXGP)を利用した高速データ通信をサポート。対応エリア内では低遅延、高速な通信が利用可能だ。アンテナは、ダイバーシティアンテナになっているうえ、ネットワークを素早く検出するダイナミックシグナルコントロール技術により電波のつかみが速く、バッテリーを無駄に消費しない。プラチナバンドもサポートしている。

 ユーザーインタフェースは前述のとおりほぼAndroid 4.0のままのシンプルなものを採用。日本語入力システムはFSKARENで、ワンタッチ変換やAI予測変換なども利用可能。DLNAや緊急速報メールなどもサポートする。

 なお10月31日までに201HWを購入して応募したユーザーには、もれなく最大1万円分のギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施する。

「STREAM 201HW」の主な仕様
機種名 STREAM 201HW
OS Android 4.0
CPU 1.5GHzデュアルコアCPU
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約65×133×9.9(最厚部13)ミリ
重さ 約131グラム
連続通話時間 3G:約650分、GSM:約430分
連続待受時間 AXGP:約178時間、3G:約420時間、GSM:約400時間
バッテリー容量 1930mAh
メインカメラ 有効約800万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:4Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDHC(別売/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチQHD(540×960ピクセル)Super AMOLED(1677万色)
ボディカラー フレイムブラック、ライトニングブラック
主なサービス・機能 SoftBank 4G、ULTRA SPEED、Bluetooth(3.0)、Wi-Fi(802.11b/g/n)、世界対応ケータイ、緊急速報メール、GPS、デコレメール ほか
発売日 10月10日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.