ニュース
» 2012年10月16日 14時30分 UPDATE

ドコモ、「MEDIAS ES N-05D」をAndroid 4.0へバージョンアップ

10月16日から、ドコモのスマートフォン「MEDIAS ES N-05D」のAndroid 4.0バージョンアップが可能になる。

[田中聡,ITmedia]
photo 「MEDIAS ES N-05D」

 NTTドコモが10月16日、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「MEDIAS ES N-05D」のAndroid 4.0へのバージョンアップを開始した。

 Android 4.0に対応することで、表示中の画面を撮れる「スクリーンキャプチャ」機能や、「伝言メモ」「プライバシー設定」機能が追加される。日本語入力システム「ATOK」は2タッチ入力と手書き入力が可能になる。また、閲覧中の画面やカメラで撮影した画像から、調べたい単語を抽出して検索できる「タップサーチ」にも対応する。

 操作性も改善された。テーマの追加と振動パターンの変更により、タッチ操作と連動して振動する「タッチフィードバック」のバリエーションが増加。ホーム画面でショートカットやアプリをロングタップし、ドラッグ&ドロップをすることでフォルダを作成できるようになる。ホームキーを長押しすると、最近使ったアプリ一覧が表示され、任意のアプリを左右にフリックすると削除される。実行中のアプリ一覧も表示され、一括終了もできる。このほか、「iコンシェル」と「SDカードバックアップ」アプリが追加される。

 アップデートは本体単体(Wi-Fi)またはPC経由から行える。PCから行う場合、更新ファイルをmicroSDに保存してから端末単体でバージョンアップする。更新時間の目安が端末本体が約30分、PCが約35分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう