ニュース
» 2012年12月26日 14時58分 UPDATE

ピーク時の「新年おめでとうコール・メール」は控えめに――元日0時からの約2時間

携帯電話・PHSのキャリア各社と業界団体のTCAが、新年を迎えた1月1日の「おめでとうコール・メール」について、午前0時からのピーク時は利用を控えるよう呼びかけている。

[平賀洋一,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスは、12月31日の大みそかから1月1日の元日にかけて送られる“おめでとうメール”や“おめでとうコール”をなるべく控えるよう、ユーザーに協力を呼びかけている。

photo 「タツから最後の、ヘビから最初のお願いです」と、干支も登場するTCAの告知ページ

 新年を迎えた午前0時前後から0時30分頃をピークに、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイがつながりにくくなることが予想される。特にメールについては午前2時間過ぎまで、配信が遅延する可能性が高い。

 TCAと携帯電話・PHS各社は、ピークとなる時間帯の利用を控えるよう呼びかけるとともに、利用が集中した場合はサービスの提供を一時的に制限する場合もあると告知している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.