ニュース
» 2013年01月24日 15時39分 UPDATE

日本通信、「スマホ電話SIM」の通信オプションを改訂

「スマホ電話SIM」のデータ通信オプションが改訂され、上り下りともに150kbpsで定額通信ができる最安プラン「月額定額980」が追加された。最安の通話プランと合わせると月額2270円で利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 日本通信は、音声通話もできるスマートフォン向けのMVNOサービス「スマホ電話SIM」の通信オプションを改訂し、最安で月2270円から利用できるようにした。

 スマホ電話SIMは、ドコモのFOMA回線を利用して音声通話やデータ通信を行うサービス。音声通話の利用量に合わせてプランを選択し、データ通信を行いたい場合にはオプションで「データ通信オプション」のプランを選択する。

 従来はデータ通信オプションが2種類しかなく、安価な「U200」でも月額1690円だった。新プランでは選択肢が「月額定額980」「月額定額1980」「月額定額2980」の3つに増えた。もっとも安価な月額定額980では月額基本料金が980円となり、もっとも安価な音声プラン「プランS」の月額基本料金1290円とあわせて合計2270円から利用可能となる。改訂したデータ通信オプションは1月22日から提供し、それ以前からスマホSIM電話を利用しているユーザーは改訂前のプランも引き続き選択できる。

photo 改訂後のデータ通信オプション一覧

 月額定額1980と月額定額2980はいずれも速度制限がなく、利用可能データ量を使い切った場合は上り下りとも150kbps(ベストエフォート)に制限される。利用可能データ量は月額定額1980が1Gバイト、月額定額2980が2Gバイトだ。月額定額980は利用可能データ量がもともとないプランで、通信速度は常に上り下りともに150kbps(ベストエフォート)で使い放題だが、動画再生や連続したデータ通信は行うことができない。

photo 改訂前/後のデータ通信オプションと音声プランの組み合わせ

 なお、100Mバイトあたり525円で利用できるデータ利用量の追加オプション「Turbo Charge」は全プランで選択できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう