ニュース
» 2013年01月29日 23時11分 UPDATE

Apple、「iPad Retinaディスプレイモデル」の128Gバイト版を2月5日から販売

Appleが、「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)の128Gバイト版を発表した。Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルを2月5日に発売する。ボディカラーやデザインに変更はない。

[園部修,ITmedia]

 Appleが1月29日、「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)のストレージ容量を128Gバイトに増強したバージョンを発表した。発売は2月5日の予定で、価格はWi-Fiモデルが6万6800円、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円。デザインやカラーには変更はない。

Photo 128Gバイト版が追加されるiPad Retinaディスプレイモデル

 iPad Retinaディスプレイモデルは、9.7インチディスプレイを搭載するiPadの第4世代製品で、CPUにA6Xプロセッサー、ディスプレイに2048×1536ドット表示の9.7型IPS液晶を採用する、2012年11月に発売された最新モデル。接続インタフェースはiPhone 5や「iPad mini」と同じLightningコネクタを備え、Wi-Fi+Cellular版はLTEでの高速通信に対応している。

 ストレージ容量は、これまで16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの3モデルを提供していたが、さらに大容量の128Gバイト版を提供することで、写真や書籍、映画、アプリなどをより多く本体内に保存可能にする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.