ニュース
» 2013年02月19日 17時12分 UPDATE

ドコモ、700MHzから2GHzまで、5つの周波数帯に対応した基地局アンテナを実用化

NTTドコモが3月から、700MHz帯、800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯の5つの周波数に対応した基地局アンテナを展開することを明らかにした。5つの周波数帯に対応した基地局アンテナを実用化するのは国内で初めてだという。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが2月19日、700MHz帯の周波数に対応した新しい基地局アンテナを開発したと発表した。700MHz帯は、2015年1月からLTEサービス(Xi)で利用する予定の周波数帯で、すでにサービスを提供している800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯の周波数と合わせて5つの周波数帯が利用できる基地局アンテナの実用化は、国内初としている。

 現在ドコモでは、4つの周波数帯に対応したマルチバンド基地局アンテナを展開している。新しいアンテナは、従来のアンテナと同じ大きさで700MHz帯にも対応。アンテナのマルチバンド化を行うためには、アンテナ内での電波の相互干渉をおさえる必要があったが、独自の干渉抑圧技術を開発し、実用化した。

 700MHz帯の周波数は、2012年6月28日に総務大臣からLTE用の周波数として開設計画の認定を受けており、2014年度の後半から電波を発する計画。ドコモは2013年3月から順次この5つの周波数に対応した基地局アンテナを導入し、2015年1月のサービス開始に備える。

PhotoPhoto 左が3セクタ用、右が6セクタ用のアンテナ。3セクタ用は高さ約2.7メートルで直径約200ミリ、6セクタ用は高さ約1.8メートルで直径が約290ミリ
Photo アンテナ内の干渉を抑圧する技術のイメージ図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう