ニュース
» 2013年03月25日 13時00分 UPDATE

必要な機能を予測し操作をアシストする「タップでコンシェル」トライアル開始

NTTドコモが、ユーザーの利用履歴などから最適な機能/キーワードを予測してアシストする「タップでコンシェル」のトライアル提供を開始。状況に応じてアプリ上に4つの候補を表示する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは3月22日、Android向けアプリ「タップでコンシェル」を発表した。3月26日から、ドコモのAndroidスマートフォン向けに無料トライアルをスタートする。

Photo Android向けアプリ「タップでコンシェル」の利用イメージ

 タップでコンシェルは、dメニューの各種コンテンツにおけるトレンド情報をはじめ、ユーザーの「しゃべってコンシェル」利用統計データや、タップでコンシェルの利用履歴をベースに、日時・場所など状況に応じてユーザーが操作しそうな機能を予測。アプリの画面上に4つの候補を表示し、キー入力などの操作を先回りして助ける機能を提供するアプリ。

 さらに、電話では発信先、乗換案内では発着駅といった、各機能に対応した入力キーワードを学習。予測候補として表示するため、対象機能の操作を簡略化することが可能だ。学習の対象は、電話/メール/メモ/アラーム/タイマー/スケジュール/カメラ/音楽プレーヤ/乗換案内/地図/天気/エリアガイド/グルメ/レシピ/動画/音楽/画像/アプリ/ゲーム/書籍/リアルタイム/ニュース/Wikipediaの合計23機能。

  対応機種はAndroid 2.3以上のドコモ スマートフォンで、Google Play、またはdメニューのサービス一覧「ドコモおためしアプリ工房」よりダウンロードすれば利用できる。なお、今回のトライアルは2013年9月末までを予定しており、その後は技術の検証やユーザーの声を踏まえて本サービス提供に向けた改善を図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.