ニュース
» 2013年03月25日 18時52分 UPDATE

ドコモ、2012年度の事業者間接続料を4.3%値下げ

NTTドコモは、別事業者の携帯電話からかかってきた通話に課している音声接続料を4.3%引き下げると発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは3月21日、事業者間の携帯電話接続料を4.3%引き下げる料金改定を総務大臣へ届け出た。2012年4月1日にさかのぼって適用する。

photo 接続料の仕組み

 新料金は区域外/区域内の区分を廃止し、一律で0.067円/秒に設定された。従来の料金は区域外が0.082円/秒、区域内が0.068円/秒で、改定後は平均額(0.070円/秒)から4.3%の値引きとなった。

photo ドコモが設定している接続料の推移

 携帯電話の事業者間接続料(アクセスチャージ)とは、ある事業者(キャリア)から別の事業者にかけた通話に発生する設備利用料のことで、事業者間同士で精算される。ユーザーは契約種別や料金プランに応じた一律の通話料を支払うため、普段は事業者接続料を意識することはない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう