ニュース
» 2013年08月05日 16時25分 UPDATE

端末代込みで月額4720円に:イー・アクセス、新サービス「EMOBILE 4G-S」を開始――「ARROWS S」発売に合わせて

イー・アクセスが、「ARROWS S(EM01F)」の発売に伴い、新たな料金プランやパケット定額サービスを提供する。各種キャンペーンの適用により、基本料金は0円、パケット定額サービスは月額3880円に割り引かれる。

[田中聡,ITmedia]

 イー・アクセスは、富士通モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「ARROWS S(EM01F)」の発売に合わせ、スマートフォン向けサービス「EMOBILE 4G-S」と、対応料金プラン、パケット定額サービスの提供を、8月中旬以降に開始する。

photo 「EMOBILE 4G-S」対応の初号機「ARROWS S(EM01F)」

 ARROWS Sは、ソフトバンクモバイルが2013年2月に発売した「ARROWS A 201F」をベースにしており、900MHz、1.5GHz、2.1GHz帯のW-CDMAと、2.5GHz帯のAXGPに接続できる(イー・モバイル向けの1.7GHz帯には対応しない)。端末の発売は8月中旬以降を予定している。EMOBILE 4G-Sは、ソフトバンクのW-CDMAと、WCP(Wireless City Planning)のAXGP方式による通信サービスの総称。SoftBank 4Gのイー・モバイル版ともいえる。

 EMOBILE 4G-S対応の料金プランは月額980円の「4G-Sプラン」、パケット定額サービスは月額4935円の「データ定額3-S」を提供し、「4G-Sスマホ割」によって4G-Sプランが0円、「データ定額得割」によってデータ定額3-Sが月額3880円に割り引かれる。インターネットサービスの基本使用料として、「EMベーシックパック-S」の月額315円がかかる。

 通話料はEMOBILE 4G-S端末とソフトバンク端末あては、1時〜21時が無料、21時〜1時とEMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル携帯・他社携帯・固定電話あてが21円/30秒。SMS送信料はEMOBILE 4G-S端末とソフトバンク端末あては無料だが、ほかは1通あたり3.15円がかかる。SMS受信料は送信相手を問わず無料。

 なお、当月のデータ通信量が3Gバイト(データ定額特割適用時は5Gバイト)を超えると、当月末までの通信速度が下りと上り最大128Kbpsになる。本来の速度に戻すには、My SoftBankから2Gバイトごとに2625円を支払う必要がある。月額料金無料の「テザリングオプション-S」も提供する。

 ARROWS Sの端末代は6万3000円で、24回の分割払いにすると、毎月の端末代は2625円。通信料から割り引く「バリュースタイル-S」を適用すると、毎月2100円が24回に渡って割り引かれ(計5万400円の割引)、実質負担額は525円×24回の1万2600円となる。

 バリュースタイル-S適用時の端末代と、各種キャンペーンを加味した毎月の利用料金の合計額は、315円(EMベーシックパック-S)+3880円(データ定額3-S)+525円(端末代)の4720円となる。

 あわせて、最大10回線の家族への国内通話とメールが24時間無料になる「家族割引-S」も提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう