調査リポート
» 2013年10月01日 00時00分 UPDATE

「iPhone 5s/5c」で最も“パケ詰まり”しないのはどのキャリア?

ブランド総合研究所が、山手線の駅構内ホームにおける3キャリアの「iPhone 5sパケ詰まり調査」を実施。最もパケ詰まりが起きなかったのはauだった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ブランド総合研究所は、NTTドコモ/KDDI(au)/ソフトバンクモバイルにおける「iPhone 5s/5c購入意向調査」および「iPhone 5sパケ詰まり調査」を実施。9月30日に結果を発表した。

 iPhone 5s/5c購入意向調査は、購入意向がある20代から60代の消費者を対象としており、有効回答数は695人。調査方法はインターネットで、期間は9月20日から9月24日。

Photo 新しい iPhone 購入に当たっての重視点
Photo 通信ネットワーク品質面で具体的に重視する点

 このうち、購入時に「通信ネットワーク品質」を重視すると回答したのは全体の63.9%で、次いで「費用」が63.7%。また通信ネットワーク品質を重視するユーザーへ、具体的にどのような点かを聞いたところ、「通信速度が速い」(67.6%)、「通信エリアが広い」(66.9%)、「通信が途切れず、安定している」(61.0%)となった。

 消費者が重要視している通信ネットワーク品質状況を調査したパケ詰まり調査は、Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの時間を、各キャリアのiPhone 5sを使用して計測。場所は山手線の東京駅、新宿駅、品川駅、渋谷駅、有楽町駅、秋葉原駅の駅構内ホームで、期間は9月24日〜9月25日。時間帯は各駅8時〜10時、13時〜15時、17時〜20時の計7時間。なお、パケ詰まりとは「生活実感として我慢できる時間を15秒未満とし、表示に15秒以上時間がかかった場合」と定義している。

Photo 各キャリア別 パケ詰まり率(パケ詰まり回数/計測回数)
Photo 各キャリア別 平均表示時間(秒)

 これによると、パケ詰まりを起こした割合が最も少ないのはauで2.4%。次いでソフトバンクが3.9%、ドコモは16.8%となった。なかでも秋葉原駅におけるドコモのパケ詰まり率は65%と非常に高く、17時〜20時の帰宅ラッシュ時には表示までほぼ毎回15秒以上かかったことなどが影響したと考えられる。Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの平均時間は、ドコモが約9.4秒、auとソフトバンクは約5.3秒だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.