ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パケ詰まり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パケ詰まり」に関する情報が集まったページです。

ものになるモノ、ならないモノ(81):
固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは
生活で何げなく使っている定額制の「固定回線」。しかし、さまざまな動画サービスの登場により、爆発的に増えるトラフィックに対して、プロバイダーは「限界が近い」と訴える。その理由とは。(2019/2/19)

4G対応のSIMと端末が約3000円から:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ジャカルタLTE」編
新興国でもLTEサービスが広がりつつある。今回はインドネシアの首都ジャカルタでプリペイドのモバイルルーターを購入してみた。(2014/9/22)

「スマホを変えるスマホ」は、仕事で使えるか――フリービット「PandA」の実力は?
大画面スマホと格安SIMのセットで“買ってすぐ”利用でき、音声通話に対応。3Gのみの対応ながら通信容量の制限がなく、テザリングやいざというときの高速化も可能。加えてサポートも充実している――そんな“スマホを変えるスマホ”は、はたして仕事用スマホとして使えるのだろうか。(2014/9/1)

MMD、MNP利用者を対象とした調査結果を発表――約6割がつながりやすさを実感
MNPを利用した理由は「キャッシュバックやプレゼント」が最も多く、およそ6割はMNP利用前よりもつながりやすさを実感している。(2014/7/15)

KDDI九州に聞く:
九州で純増1位が続くKDDI、「au FUKUOKA」でさらにブランドを強化
福岡・天神に「au FUKUOKA」をオープンさせたKDDI。九州に直営店舗を設置する狙いとはなにか。また地区内の純増1位を8カ月連続で記録しているその強さの要因とはなにか、KDDI九州の担当者に聞いた。(2014/3/7)

Mobile Weekly Top10:
2013年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2013年最後のMobile Weekly Top10は、いつもの週間ランキングに加えて年間を通して読まれた記事ランキングも集計。そして1カ月ごとのTop10も再掲した。(2013/12/31)

石川温のスマホ業界新聞:
2013年、スマホ業界で印象に残ったニュースBEST5――ドコモiPhone取り扱い開始で日本メーカー2社が撤退
2013年振り返り企画第2弾として、スマホ業界で印象的だったニュース5つをピックアップした。端末以外にも話題の絶えない1年だった。(2013/12/27)

55.5%が「つながりやすさ」を実感――MMDのLTE対応スマホユーザー向け意識調査
MMD研究所は、LTE対応スマホ利用者を対象とした意識調査を実施。55.5%が「つながりやすさ」、68.0%が「通信速度の速さ」を実感したという。(2013/11/28)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンクの「どら焼き」とイー・アクセスの「キットカット」
KDDIとソフトバンクから「iPad Air」が発売された11月1日、Android 4.4(KitKat)搭載の「Nexus 5」が発表された。国内ではイー・アクセスが11月中旬に販売を開始する。(2013/11/5)

Weekly Access Top10:
もうすでに懐かしい「Plays now」 たった1週間前なんて
先週のアクセスランキング1位は、Twitterを騒がせた「Plays now」。もうすっかり見ないですね……ほんの1週間前のことなのに「あー、そんなことあったね」とすら思ってしまいます。(2013/10/21)

実効速度はどれくらい?――iPhone 5/5s/5cの6機種を都内15箇所でスピードテスト
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 5sとiPhone 5cが発売された。端末そのものは同じだが、対応するネットワークが異なるので、通信速度が気になる。そこで、都内15箇所で3キャリアのiPhone 5sにauのiPhone 5c、auとソフトバンクのiPhone 5を加えた6機種でスピードテストを行った。(2013/10/17)

iPhone 5cでパケ詰まりが起きやすいキャリアは?――MMD研究所が山手線6駅で調査
MMD研究所が、ドコモ、au、ソフトバンクの「iPhone 5c」を用いたパケ詰まりの調査結果を発表した。調査では、JR山手線の6駅の通勤・帰宅ラッシュ時に「Yahoo!Japan」のトップページが表示されるまでの時間を計測した。(2013/10/15)

「iPhone 5c」パケ詰まり率はドコモがワースト――MMD研究所調査
iPhone 5cの“パケ詰まり”調査で、ドコモ回線が最もパケ詰まりしやすいというMMD研究所の調査結果。最もパケ詰まりしないのはソフトバンクだった。(2013/10/15)

Mobile Weekly Top10:
“ケータイ”は「iPhone 5s/5c」より売れている
ソフトバンクとauが新製品発表会を開催。2社ともフィーチャーフォンの新機種をラインアップに追加した。販売ランキングでは既存機種がiPhone 5s/5c(の一部モデル)より上位に付けている。(2013/10/7)

“新規参入”ドコモどこまで?:
調査機関“全国テスト”で比較するiPhone 5s/iPhone 5cが速いキャリアは!
「同じiPhone 5sだから選ぶ理由はダントツのネットワーク」といったのはKDDIの田中社長だが、実際どうなの? 速いの? ダントツなの? (2013/10/4)

CEATEC JAPAN 2013:
2020年には下り最大10Gbpsに――ドコモが「5G」技術を紹介
ドコモはCEATECで次世代通信技術の「5G」を紹介している。2020年の実現を目指す5Gでは、下り最大10Gbpsもの超高速通信が可能になるという。(2013/10/4)

「iPhone 5s/5c」で最も“パケ詰まり”しないのはどのキャリア?
ブランド総合研究所が、山手線の駅構内ホームにおける3キャリアの「iPhone 5sパケ詰まり調査」を実施。最もパケ詰まりが起きなかったのはauだった。(2013/10/1)

孫氏不在の理由とは?:
「4日間並びました」――ソフトバンクが銀座でiPhone 5s/5c発売セレモニー
ソフトバンクがiPhone 5s/5cの発売記念セレモニーをソフトバンク銀座で開催し、同社副社長の宮内氏と上戸彩さんが登壇した。最前列にいた人は17日の正午から並んだという。(2013/9/20)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがついにiPhone導入へ――土管屋時代に突入し、LTEエリア品質戦争本格化
9月20日に発売される新型iPhoneの「iPhone 5c」「iPhone 5s」。KDDIとソフトバンクモバイルに加え、ドコモも発売に名乗りをあげた。しかし、ドコモのiPhone導入にあたり、懸念点がいくつかある。(2013/9/13)

端末情報、キャリアの発表、iOS 7、周辺機器――iPhone 5s/5cの詳細まとめ
iPhoneの新モデル「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発表された。端末の詳細、通信キャリアの発表、iOS 7、周辺機器など、iPhone 5s/5cの関連記事をまとめた。(2013/9/11)

LTEエリア競争は「auが断トツで勝てるのでは」──KDDI 田中社長 その理由は「新iPhone」
「LTEのエリア競争はKDDIが断トツで勝てるのでは」――新iPhoneが800MHz帯LTEに対応するれば「iPhoneのLTEエリア競争に終止符を打てる」と田中社長。対ドコモでは「われわれはドコモがiPhoneを発売することを前提に準備している」という。(2013/9/2)

ドコモ超えは「ほぼ明確に見えてきた」、次は世界ナンバー1を目指す――ソフトバンク孫社長
300年成長する企業へ――これを実現するための第1章にかかげた「国内ナンバー1になること」が明確に見えてきた、とソフトバンクの孫社長は話す。そして孫氏が次に見据えるのが「世界ナンバー1」。2014年3月期第1四半期の決算発表で、その具体策を語った。(2013/7/30)

ソフトバンク版iPhone 5/HTC J One/206SHは“パケ詰まり率”0%――MMD研究所が大阪と名古屋で調査
MMD研究所が、大阪と名古屋で7月にスマートフォンのパケ詰まりについて調査。iPhone 5はソフトバンク版が大阪と名古屋いずれもパケ詰まりは0%だったが、au版は大阪が11.37%、名古屋が6.47%だった。(2013/7/26)

バリバリバンバンキャンペーン:
約8割がつながりやすさNo.1を「信じていない」――バリバリつなガレーは“辛口”評価を変えられるか?
ソフトバンクが開始した「バリバリバンバンキャンペーン」。その一環で行われる「バリバリつなガレー」の店頭配布は、同社の接続率1位を信じていない他社ユーザーへのアピールが狙いだという。(2013/7/25)

接続率は「公表しない」:
“強いLTE”実現に向けた取り組みとは――ドコモに聞く、Xiのロードマップ
37.5Mbps→75Mbps→100Mbpsと順調に高速化を図っているドコモのXi。契約数も6月末に1400万を数え、3Gからの移行も進んでいる。国内LTEの先駆者ともいえるドコモは、現在どのようなビジョンを持っているのか。基地局、速度、エリア化、次世代通信から、何かと話題の“接続率”までを聞いた。(2013/7/24)

Mobile Weekly Top10:
6月に最も読まれた記事は?
6月はAppleが「iOS 7」をお披露目したほか、ソニーモバイルが6.4インチディスプレイ搭載の「Xperia Z Ultra」をグローバルで発表。国内では3キャリアの株主総会が行われた。(2013/7/3)

Mobile Weekly Top10:
KDDIも開始するスマホの下取りサービス 中古端末の行方は
KDDIが6月27日から開始するauスマートフォンの下取りサービス。ユーザーが手放した中古のスマホはその後どうなるのだろうか。(2013/6/24)

“パケ詰まり率”iPhone 5はau版が20.4%、ソフトバンク版が2.3%――MMD研究所調べ
MMD研究所は、iPhone 5とAndroid端末を対象に、JR山手線の乗降客数が多い駅で「パケ詰まり」の実態を調査した結果を公開した。(2013/6/21)

携帯キャリア選択で重視するのは「ネットワーク通信」――MMD研究所調べ
MMD研究所は、3キャリアのユーザーに対して「キャリア選択時に重視する点」や「ネットワーク通信に対する不満」などを調査した結果を公開した。(2013/6/7)

「つながりやすさナンバーワン」を目指す:
孫社長が語る、スマホ時代に求める“世界最強”ネットワークの条件
「世界で最も高速でつながりやすいネットワークがソフトバンクのシナジーである」とソフトバンクの孫社長。「Wi-fi」「小セル化」「ダブルLTE」を3本柱に、同社が誇る"世界最強"のネットワークについて語った。(2013/5/8)

「世界最強のネットワークにつながるスマホ」 ソフトバンク夏モデルにフルセグ対応機 機種数は絞り込み
ソフトバンク夏モデルはフルセグ対応機やシニア向けスマホなどを投入したが、機種数は絞り込んだ展開に。孫社長はネットワーク品質の高さを訴え、Sprint買収に向けたアピールも。(2013/5/7)

Mobile Weekly Top10:
3月に最も読まれた記事は?
春商戦真っただ中の3月は、最新スマホ比較や販売ランキングに注目が集まった。海外発表された「Xperia SP/L」「GALAXY S 4」への期待も高い。(2013/4/1)

1局のユーザー数は他社の半分以下:
“小セル化”でパケ詰まりを解消、接続率1位は「偶然ではなく必然」――ソフトバンク孫氏
1月末の決算会見で携帯電話の通話接続率1位を明らかにしたソフトバンクモバイル。通信網の小セル化でパケット通信の接続率も向上し、他キャリアと首位を争うまで品質が改善したという。(2013/3/25)

石野純也のMobile Eye(3月11日〜22日):
スペックだけじゃない「GALAXY S 4」の見どころ/「ダブルLTE」の狙い/「タップでコンシェル」の新しさ
3月14日にはSamsung電子のフラッグシップモデル「GALAXY S 4」が米ニューヨークで発表され、世界中で話題を集めた。ソフトバンクのiPhone 5でイー・モバイルのLTE網を使えるようになったことも大きなトピックだ。ドコモが発表した新サービス「タップでコンシェル」も取り上げる。(2013/3/25)

「ぜひ検証して」 電波改善成果に自信を見せるソフトバンク
「少なくても、圧倒的に負けているという状態は脱したようだ」――ソフトバンクの孫社長が、決算会見で同社の電波改善の成果をアピール。速度調査の結果などを紹介し、“速度”と“接続率”で他社との大きな差は無くなっているとの見方を示した。(2013/2/1)

Bluetooth+MacでもOK:
かなり優れた“Bluetoothモデム”だ──イー・モバイルの「H11T」をデータ通信端末として使いこなす
イー・モバイルの音声端末第1弾「H11T」。回転2軸ボディにワンセグや320万画素AFカメラ、ドコモの国内ローミング機能などを備える“普通”のケータイだが、実はかなり安価に導入できるデータ通信端末でもあった。このH11Tのデータ通信利用時における使い勝手や通信速度を検証した。(2008/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。