レビュー
» 2013年10月23日 20時55分 UPDATE

写真で解説する「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」

大幅な薄型軽量化に成功した「iPad Air」と、高解像度化を果たした「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。短時間ながら、これら2モデルを体験してきたので、フォトリポートをお届けしよう。

[田中聡,ITmedia]

 10月22日(米国時間)に、Appleの新型タブレット「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」が発表された。iPad Airは従来のiPadからさらに薄く軽くなり、iPad mini Retinaディスプレイモデルは、念願のRetinaディスプレイ対応を果たした。iPad Airは11月1日、iPad mini Retinaディスプレイモデルは11月中に発売される予定。

 10月23日には日本でもAppleのプレスイベントが開催され、iPad AirとiPad miniを試すことができたので、各機種の見どころをお伝えしよう。

photophoto 9.7インチの「iPad Air」と7.9インチの「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。カラーは2モデルともスペースグレイとシルバーを用意
photophoto iPad Airは11月1日から日本を含む世界各国で販売される。今回は中国も最初の販売地域に含まれている(写真=左)。iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルの容量別価格(写真=右)

iPad Airの特徴をチェック

 iPad Airは、2048×1536ピクセルの9.7インチのIPS液晶(Retinaディスプレイ)を搭載したモデル。ディスプレイの解像度とサイズは「iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代iPad)」と同じだが、サイズはiPad Retinaディスプレイモデルの約185.7(幅)×241.2(高さ)×9.4(厚さ)ミリから、iPad Airは169.5(幅)×240(高さ)×7.5(厚さ)に縮小している。ディスプレイのベゼル(額縁)を43%小さくしたことで、幅を約16.2ミリ減らすことに成功。厚さは1.9ミリ薄くなっている。

photophoto
photophoto 片手でひょいと持っても苦ではない。とにかく薄くて軽いのが印象的だった
photophotophoto マナースイッチ、ボリュームキー、イヤフォンジャック、電源キー、Lightningコネクタなどを搭載

 ベゼルが狭くなったことで、持ち手の指でタッチパネルに誤って触れてしまうことが懸念されるが、指が少し画面にかかったくらいでは誤動作しないよう制御をかけている。この機能はiPad mini/iPad mini Retinaディスプレイモデルにも搭載されている。

photophotophoto ベゼルは43%も細くなった(写真=左、中)。指が画面にかかっても誤動作を抑える

 重さはiPad RetinaディスプレイモデルのWi-Fiモデルが約652グラム、Wi-Fi+Cellularモデルが約662グラムだった、iPad AirはWi-Fiモデルが469グラム、Wi-Fi+Cellularモデルが478グラムとなり、180グラム強もの軽量化を果たしている。iPad Airを手にした第一印象は「軽い」。Appleが「世界最軽量のフルサイズタブレット」とアピールしているとおり、まさにAirと呼ぶにふさわしい製品といえるだろう。

photophotophoto 部品サイズを見直すことで、iPad Retinaディスプレイモデルから20%薄くなった
photophotophoto iPhone 5sと違って側面が削がれているので持ちやすい

iPad mini Retinaディスプレイモデルの特徴をチェック

 iPad mini Retinaディスプレイモデルは、製品名のとおり、2048×1536ピクセルのRitina化を果たしたのが大きなトピック。画面サイズは7.9インチで前モデル「iPad mini」と変わらない。iPad Airと解像度は同じだが、画素密度は画面サイズの小さいiPad mini Retinaディスプレイモデル(326ppi)の方が、iPad Air(264ppi)よりも高い。Webサイトや電子書籍などの文字もくっきりと表示でき、読書にタブレットを活用している人にはうれしい。

 サイズは前モデルの約134.7(幅)×200(高さ)×7.2(厚さ)ミリから約134.7(幅)×200(高さ)×7.5(厚さ)ミリとほとんど変わっていない(0.3ミリ厚くなった)。重さはiPad mini Wi-Fiモデルの約308グラム、Wi-Fi+Cellularモデルの約312グラムから、iPad mini RetinaディスプレイモデルはWi-Fiモデルが約331グラム、Wi-Fi+Cellularモデルが約341グラムとやや重くなった。

photophotophoto 頑張れば片手でも握れる(写真=左、中)。左がスペースグレイ、右がシルバー(写真=右)
photophotophoto 各種パーツの位置はiPad Airと同じだ
photophoto Webサイトの文字をくっきり表示できる
photophoto 電子書籍やコミックも読みやすい
photophoto 写真も美しく表示する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.