ニュース
» 2013年12月27日 10時53分 UPDATE

iOSのクリスマスの米国でのオンライン購入はAndroidの5倍──IBM調べ

米国でのクリスマスのオンラインショッピングでは、iOS端末による売り上げがAndroidの約5倍で、1回当たりの購入単価は2倍弱だった。

[ITmedia]

 米国のクリスマス(12月25日)におけるオンラインショッピングで、米AppleのiOS端末からの購入は、米GoogleのAndroid搭載端末からの購入の約5倍だった──。米IBMが12月26日(現地時間)、「Digital Analytics Benchmark」でこのような調査結果を報告した。

 クリスマスのオンラインショッピング全体に占めるモバイルからの購入は29%で、前年より40%増加した。モバイルからの購入に占めるiOS端末の割合は23%で、Androidの4.6%の約5倍だった。なお、「モバイル端末」にはスマートフォンとタブレットを含む。

 iOSとAndroidでは、1回の購入単価もiOSの方が高く、iOSは平均93.94ドルでAndroidは平均48.10ドルだった。

 米調査会社comScoreの11月の調査報告によると、米国における9月のOS別スマートフォンシェアで、Androidは52.%、iOSは39.9%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.