ニュース
» 2014年04月10日 14時57分 UPDATE

京セラ、DIGNO Mベースのスマートフォン「IQX KEN」をタイで発売

京セラが、KDDIから発売されている「DIGNO M」をベースとしたスマートフォンをタイで4月から販売する。

[田中聡,ITmedia]
photo 京セラ製の「IQX KEN」

 京セラが4月10日、タイの携帯販売会社「SAMARTI-MOBILE(サマートアイ・モバイル)」に、日本で販売しているスマートフォン「DIGNO M」をベースとした新モデルの供給を開始することを発表した。4月以降順次販売していく。価格はオープン。

 IQX KENは、SAMARTI-MOBILEの高級スマートフォンシリーズ「IQXシリーズ」の「IQX KEN」として発売される。GSM、W-CDMA、LTEに対応するSIMフリー端末となっている。IPX5/IPX8の防水、IP5Xの防塵、京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」も備える。カラーはホワイト1色。

 DIGNO Mは、KDDIから2013年に発売された京セラ製スマートフォン。5型ディスプレイや防水性能を備えながら、約134グラムという軽量ボディを実現した。2014年1月には「iFデザイン賞2014」を受賞した。

「IQX KEN」の主な仕様
機種名 IQX KEN
OS Android 4.2.2
メーカー 京セラ
プロセッサ MSM8974/2.2GHzクアッドコアCPU
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 5.0型フルHDTFT液晶
解像度 1080×1920ピクセル
ネットワーク LTE、W-CDMA、GSM
バッテリー容量 2600mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約120万画素CMOS
ボディカラー ホワイト
サイズ 約69(幅)×138(高さ)×9.9(厚さ)ミリ
重量 約134グラム
発売日予定日 2014年4月以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.