ニュース
» 2014年04月23日 20時23分 UPDATE

“フラッグシップキラー”:Snapdragon 801搭載ハイエンド端末「OnePlus One」登場

Android 4.4ベースのCyanogenMod 11S搭載の「OnePlus One」は5.5インチディスプレイ、3GバイトのRAM、1300万画素のカメラを搭載するハイエンド端末で、価格は16Gバイトが249ドルとNexus 5より50ドル安い。

[ITmedia]

 中国の新興企業、OnePlusは4月23日(現地時間)、AndroidベースのオープンソースOS(ファームウェアディストリビューション)「CyanogenMod」搭載のスマートフォン「OnePlus One」を発表した。

 CPUは米QualcommのSnapdragon 801(2.5GHzクアッドコア)でRAMは3Gバイトとハイスペックで、“妥協のないフラッグシップキラー”と謳っている。

 one 1

 OSの「CyanogenMod 11S」はAndroid 4.4(コードネーム:KitKat)ベースで、米CyanogenModと協力して開発したという。

 ディスプレイは5.5インチ(1080×1920、401ppi)、メインカメラは1300万画素、f/2.0でソニーのCMOSセンサーExmorを搭載する。フロントカメラは500万画素。底面にステレオスピーカーが配置されている。3100mAhのバッテリーは脱着可能だ。LTEにも対応する。

 one 2
 one 3

 サイズは152.9×75.9×8.9ミリだが、背面が緩やかにカーブしており、最も薄い部分は4.6ミリ。重さは162グラム。色は黒と白の2色。バックカバーは交換可能で、竹、ケブラー繊維、デニム製などのカバーが用意されている。

 価格は、16Gバイトモデルが299ドル、32Gバイトモデルが349ドル。16Gバイトモデルは米Googleの「Nexus 5」より50ドル安い。

 米、英、加、香港、台湾などで発売するが、まずは招待制になっている。

 OnePlusは、中国Oppo(広東欧珀移動通信)の元幹部、ピーター・ラウ氏が昨年12月に立ち上げた新興企業。ラウ氏はOppoでCyanogenMod搭載版「Oppo N1」を手掛けていたが、“究極のスマートフォン”の開発のためにOnePlusを立ち上げたという。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.