連載
» 2014年05月07日 12時12分 UPDATE

山根康宏の中国携帯最新事情:移行を促進するのはiPhoneなのか?──主要3キャリアが争う中国TD-LTE(前編) (1/2)

中国の通信事業者が4Gサービスを相次いで開始している。2013年12月の中国移動に続き、中国電信が2月に、中国聯通が3月に開始。本格的な4G“競争”時代が始まった。

[山根康宏,ITmedia]

 中国の3事業者の4Gサービスが相次いで開始となった。各社はTD-LTE方式の免許を受け、中国全土にTD-LTEネットワークの構築を急いでいる。先行する中国移動が早くも強さを見せる中で、対抗する中国聯通、中国電信もスマートフォンでの巻き返しを図っている。

先行する中国移動、スマートフォンを強化

 3社の中で最も早く2013年12月18日にTD-LTE方式で4Gサービスを開始した中国移動(China Mobile)は、サービスの強化を急速に進めている。4G開始直後は料金プランも少なく、また、スマートフォンも各地域ごとに2〜3機種と本格的なサービスインには程遠い状況だった。

 特にスマートフォンの種類がユーザーの意向を促すにはあまりにも少なく、そのため、まずはWi-Fiルーターを契約して4Gを体験してみようと考えるケースが多かった。しかし、そのWi-Fiルーターも品切れが長く続くなど、契約しようにも契約しにくいという状況がしばらく続いていたのだ。

 だが旧正月(2014年は1月30日)明けからは対応スマートフォンを立て続けに投入し、ルーターも低価格品が登場するなど、TD-LTE対応端末のラインアップを一気に増やしている。今や、中国移動の各店舗でTD-LTE対応スマートフォンは店頭の目立つ位置に展示しており、大都市を中心に4Gが主力サービスとして大々的にアピールする状況だ。対応スマートフォンの一部機種では早くも「実質無料」販売を行っており、低価格の1000元モデルも加わっている。

kn_yamane14041_01.jpgkn_yamane14041_02.jpg 4G開始から4カ月、中国移動の店舗は「4G」の文字が目立つ(写真=左)。4Gスマートフォンを中心とした販売キャンペーンも各地で行っている(写真=右)

 数ある中国移動のTD-LTEスマートフォンの中でも、最大の目玉はやはりiPhone 5sとiPhone 5cだ。1月17日に発売した中国移動向けのiPhoneは、TD-LTEに加え同社が独自に提供する3G方式のTD-SCDMAにも対応した。中国移動によれば、4Gと3Gの高速回線が利用できることもあって、4Gサービスに加入する多くのユーザーがiPhone 5s、または、iPhone 5cを購入しているという。中国移動はiPhoneシリーズの販売台数を公表していないが、中国移動の店舗を訪問してみるとiPhoneの販売コーナーは常に人が集まっており、人気の高さを表している。

 中国移動が正式にiPhoneシリーズを販売するのは今回が初めてだ。だが、同社の加入者がこれまでiPhoneシリーズを利用できなかったわけではない。輸入販売の香港品や、中国国内で中国聯通向けに販売しているiPhoneシリーズはいずれもSIMロックフリーモデルなので、中国移動のSIMを利用できた。中国移動ではiPhoneを販売していないにも関わらずナノSIMカードを用意していたほどだ。

 だが、この状態で利用できる中国移動の回線は2GのGSMと無線LANだけで、外出中に自由に高速なデータ通信回線を利用することは難しかった。iPhone用に3Gのルーターを契約して利用するユーザーも多かった。中国移動からようやく正式に販売されたiPhoneは2年契約、または、3年契約により本体価格の大幅な割引を受けることも可能になり、購入者が一気に増えている。

kn_yamane14041_03.jpgkn_yamane14041_04.jpg 中国移動の4Gサービスの目玉はなんといってもiPhone 5sとiPhone 5cだ(写真=左)。販売初日の朝、中国移動の店舗でさっそくiPhone 5sを購入してるユーザーを目撃した(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.