ニュース
» 2014年05月21日 16時25分 UPDATE

スマートフォン所有率、10代は84.5%――MMD研究所の定点調査

MMD研究所による「2014年4月携帯端末購入に関する定点調査」が発表。スマートフォン所有率は増加する一方、MVNO各社の利用は0.6%に留まっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、5月21日に「2014年4月携帯端末購入に関する定点調査」の結果を発表した。対象は15歳以上の男女で、有効回答数は3万993。 調査期間は4月10日〜4月13日までとなっている。

 本調査によればスマートフォンの所有率は56.5%と、2012年5月調査結果の39.5%に比べ17%増加。特に10代の所有率は84.5%と非常に高くなっている。また利用キャリアは「docomo(42.1%)」「au(32.6%)」「SoftBank(22.8%)」となっており、MVNO各社の利用は0.6%にとどまった。なお、低価格SIMカード利用者に通信事業者を尋ねたところ「IIJ(20.5%)」「OCN(18.3%)」「b-mobile(11.9%)」という結果が出ている。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

「2014年4月携帯端末購入に関する定点調査」

2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5%

15歳以上の男女(N=30,993)を対象に、所有しているデバイスについて聞いたところ「スマートフォン」が56.5%、「フィーチャーフォン」が43.5%だった。2012年5月に行った調査結果の39.5%に比べ、17%の増加となっている。

Photo
Photo

MVNO各社の利用者は1割満たず

所有している携帯電話端末のキャリアについて聞いたところ、「docomo(42.1%)」「au(32.6%)」「SoftBank(22.8%)」となっており、MVNO各社の利用は0.6%だった。続いて、MVNO各社が提供している低価格SIMカードを利用していると回答した人(N=219)に利用している通信事業者を聞いたところ、「IIJ(20.5%)」「OCN(18.3%)」「b-mobile(11.9%)」の順にランクインしている。

Photo
Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.