レビュー
» 2014年06月07日 14時34分 UPDATE

「Xperia Z2 SO-03F」ロードテスト 第1回:Xperia Z2のバッテリーはどれだけ持つ?――Z1と比較してみた

Xperia Z1よりもバッテリー容量が増え、ドコモ計測による「実使用時間」も向上しているXperia Z2。実際のスタミナはどうなのか? Z1と比較しながら計測してみた。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Xperia Z2 SO-03F」

 NTTドコモから発売されているソニーモバイルコミュニケーションズ製の最新スマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」は、バッテリー容量が前モデル「Xperia Z1 SO-01F」の3000mAhから3200mAhにアップしている。さらに、ドコモが計測した「実使用時間」も、Z1の約57.7時間から約79.2時間に延びている。同じ条件で計測したものではないが、夏モデルの方が条件がやや厳しいので、Z2のスタミナは大きく進化していることが分かる。

「Xperia Z1 SO-01F」と「Xperia Z2 SO-03F」のバッテリー関連スペック
Xperia Z1 SO-01F Xperia Z2 SO-03F
バッテリー容量 3000mAh(内蔵型) 3200mAh(内蔵型)
連続通話時間 約720分(3G) 約930分(3G)
連続待受時間 約610時間(LTE)、約740時間(3G) 約570時間(LTE)、約650時間(3G)
実使用時間 約57.7時間 約79.2時間

 実際にはどれだけバッテリーが持つのか? というわけで恒例のバッテリーテストをXperia Z2とZ1で実施して、結果を比べてみた。テストはYouTubeのHD動画を連続再生、そして1080×1920ピクセルの静止画を連続表示するというもの。

 テストの条件は以下のとおりだ。

  • 東京都江戸川区の屋内で実施
  • 満充電の状態で計測開始
  • バッテリー残量の確認には「Battery Mix」アプリを使用
  • モバイルデータ通信(LTE)で通信(通信環境は良好)
  • GPSはオン、Wi-FiとBluetoothはオフにした
  • Googleの同期はオンにした
  • twicca、Twitter、Facebook、Dropboxにログイン、Yahoo!アプリをインストール、iコンシェルとiチャネルを使用した
  • ディスプレイ輝度は中間で統一した

 YouTubeのテストは、5月25日9時15分に開始して5時間計測した。スピーカーの音量はオフにしている。5時間後のバッテリー残量は、Xperia Z2が46%、Z1が12%で、Z1を大幅に上回る結果となった。1時間ごとのバッテリー消費はZ2が10〜11%ほどだったのに対し、Z1は15〜20%ほどだった。なお、ほぼ同じ条件で実施した「Xperia Z1 f SO-02F」のテスト結果(→バッテリーはどれだけ持つ?――Xperia Z1 fとXperia Z1を比較)と、au向け「Xperia Z Ultra SOL24」と「Xperia Z1 SOL23」のテスト結果(→Xperia Z1よりバッテリーは持つ? 普段使いのスタミナは?――「Xperia Z Ultra SOL24」)よりも、Z2は上回っている。

photophoto 左がXperia Z2、右がZ1のバッテリー残量推移
YouTube再生テスト
Xperia Z2 SO-03F Xperia Z1 SO-01F
1時間後 90% 80%
2時間後 79% 60%
3時間後 68% 42%
4時間後 57% 27%
5時間後 46% 12%

 静止画表示テストは、5月26日10時44分に開始して3時間計測した。バックライトを常時点灯させるために「Backlight Switch」アプリを使用している。3時間後のバッテリー残量は、Xperia Z2が84%、Z1が77%で、こちらもZ2の方が好結果だった。

photo 同じフルHDサイズの静止画を表示させた
photophoto 左がXperia Z2、右がZ1のバッテリー残量推移
静止画表示テスト
Xperia Z2 SO-03F Xperia Z1 SO-01F
1時間後 95% 93%
2時間後 90% 85%
3時間後 84% 77%

 Xperia Z1の小型モデル、Xperia Z1 fには「1.メモリを搭載した省電力ディスプレイ」「2.ハイパフォーマンスかつ低消費電力になるCPU制御のアルゴリズム」「3.描画処理の工夫」という3つの工夫で、Z1よりも高いスタミナを実現していた(→「Xperia Z1 f」のバッテリーはなぜ長持ちなのか?――Z1 fだけに加えた3つの工夫)。ソニーモバイルによると、Xperia Z2には、このうちの2と3を採用しているという。YouTube再生時のスタミナに優れていたのは、2つめのCPU制御が効いているものと思われる。

 ちなみに、Xperia Z1 fベースの「Xperia A2 SO-04F」には上記3つすべて、au向け「Xperia ZL2 SOL25」とドコモとau向けタブレットの「Xperia Z2 Tablet」には、Z2と同じく2と3を採用しているとのこと。

 Xperia Z1よりも確実にスタミナが向上しているZ2。普段使いにおいてバッテリーの減りが早いといった問題に悩まされることは少ないだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.