ニュース
» 2014年08月04日 20時30分 UPDATE

ドコモ、コスト削減や省スペース化を実現したコミュニティサイクル実験を千代田区で開始

NTTドコモは、千代田区とコミュニティサイクル事業実証実験を開始。従来のサイクルポートに比べコストの削減や省スペース化を可能としている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは10月1日から、東京都千代田区全域でコミュニティサイクル事業実証実験を開始する。期間は2017年3月31日まで。

 今回の実験は、同社が開発した次世代コミュニティサイクルシステム搭載の自転車300台以上とサイクルポート30カ所を今年度中に配備し、その有用性などを検証するというもの。自転車本体に従来のサイクルポートが備えていた通信機能、GPS機能、自転車の貸出・返却制御・電動アシスト機能のバッテリー残量把握といった遠隔制御機能を全て搭載。これによりコスト削減や省スペース化を可能とし、より柔軟にサイクルポートを設置できるようになった。

 同社は横浜市、江東区、仙台市でもコミュニティサイクル事業を展開している。

Photo サイクルポート設置イメージ

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

実験概要

1. 名称

千代田区コミュニティサイクル事業実証実験

2. 提供期間

2014年10月1日(水曜)〜2017年3月31日(金曜)

3. 利用料金

5種類の料金プランからご利用に合わせたプランの選択が可能です。

なお、2014年10月1日(水曜)から2015年3月31日(火曜)までは、キャンペーン価格にてご利用いただけます。

Photo

4. 営業時間

24時間利用に対応(※3)

5. サイクルポート数・自転車台数

2014年度末までに、サイクルポート30か所、自転車300台以上を設置予定です。

※1 専用ICカードを会員証にする場合は、別途500円(カード発行手数料)がかかります。

※2 法人向けプランは従業員同士で会員証を共有してご利用いただけます。

※3 システムメンテナンス等で一時的にご利用いただけない場合があります。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.