ニュース
» 2014年08月13日 11時12分 UPDATE

調査リポート:企業におけるOS別モバイルシェア、AndroidがiOSを侵食

Good Technologyによると、企業が採用するモバイルOSの第2四半期のシェアは、iOSが67%で圧倒的だが、前期比で5ポイントシェアが減っており、その5ポイントはAndroidが奪ったという。

[ITmedia]

 企業向けモバイル端末管理サービス(MDM)を手掛ける米Good Technologyは8月12日(現地時間)、2014年第2四半期(4〜6月)におけるモバイルOSおよび端末シェアの調査結果を報告した。

 同社は四半期ごとに調査リポートを発表している。この調査は、同社の5000以上の顧客企業での端末のアクティベーション数に基づくもの。

 なお、BlackBerryの端末はBlackBerry Enterprise Server経由でアクティベーションを行うので、この調査にはBlackBerryは含まれない。

 OS別では、米AppleのiOSが67%で圧倒的に多いが、前期比で5ポイント減少した。米GoogleのAndroidがiOSのシェアを5ポイント奪い、32%だった。米MicrosoftのWindows Phoneのシェアは5四半期変わらず、1%だった。

 good 1 第2四半期の企業におけるOS別シェア(資料:Good Technology)

 OS+端末タイプ別では、Android搭載スマートフォンの伸びが最も大きく、前期比4ポイント増の30%だった。iPhoneは前期と同じ51%、iPadは前期より5ポイント減の16%だった。

 good 2 第2四半期の企業における端末タイプ別シェア(資料:Good Technology)

 総合的なアクティベーション数は前期より20%増加した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.