ニュース
» 2014年08月18日 13時45分 UPDATE

App Town ミュージック:エンタメ情報を自動収集、キュレーションアプリ「KOLA」の正式版

メディアテクノロジーラボが提供するiOS向けキュレーションアプリ「KOLA」の正式版が登場。キュレーション対象は邦楽・洋楽アーティストと有名人を含む約10万組まで拡大。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートホールディングスの実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは2014年8月18日、iOS向けキュレーションアプリ「KOLA」の正式版の配布を始めた。App Storeから無料でダウンロードできる。

Photo 関連アーティストの情報も表示する「KOLA」の独自レコメンドエンジン

 KOLAは、動画やニュースなどコンテンツをWebから自動収集し、ユーザーの好みに合わせて提示するキュレーションアプリだ。今回は1月に公開したβ版から大幅なアップデートを加え、正式版としてリリースした。

PhotoPhoto 「KOLA」の利用イメージ

 β版ではキュレーション対象が邦楽アーティストを中心に約1500組だった。正式版では邦楽・洋楽アーティストおよび有名人を含む約10万組までキュレーション対象を拡大。アーティストのプロモーションビデオや話題のエンタメニュース、音楽ランキング情報、公式Facebookページから出演TV番組情報までを網羅している。UIの改修により、画面に現れる情報も見やすいものになっている。

 サイジニアと共同で開発した独自のレコメンドエンジンを利用している。ユーザーがフォローしているアーティストだけではなく、その周辺の情報も提示し、コンテンツの認知を促進する。なお、今後は音楽に限らずあらゆるエンタメコンテンツへと対象を拡大する。チケット情報や新曲発売情報の配信に、近日中に対応する予定だ。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.