ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キュレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キュレーション」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広告主や広告代理店がAIに期待できることを説明した。(2024/2/22)

「お粗末」「遊園地みたい」と疑問視される「大吉原展」 「女性差別の負の歴史をふまえた展示」と主旨説明
人身売買や性的搾取という側面に触れられていないなど違和感を訴える声が挙がっていました。(2024/2/8)

「Apple Music Classical」の強みは圧倒的な検索機能 “プチストレス”から解放され、初心者もクラシックファンも満足
Apple Music Classicalアプリの大きな特徴は検索機能の充実だ。初心者や「多少は知っているが……」という人は、「今すぐ聴く」に並んでいる楽曲から聴きはじめるといいだろう。(2024/2/1)

「アートがアートたり得る価値」って何だっけ? 美大コメディーマンガ『ミモザイズム』が現代美術の見方に視点を与えてくれそうな予感
あなたは美術館の床にメガネが落ちていたらアート作品と捉えますか?(2024/2/1)

「Apple Music Classical」提供開始 Appleが考えるクラシック音楽配信の在り方
1月24日、日本でApple Music Classicalのサービスが開始された。既存のApple Musicサブスクリプションに登録しているユーザーであれば、追加料金なしで、500万曲以上のカタログから楽曲を楽しめる。Appleはなぜ、クラシックジャンル専門のアプリの提供を開始したのだろうか。(2024/1/25)

タイムアウト東京のオススメ:
一般は非公開の文化財「九段ハウス」で観て買えるアートイベントが初開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/16)

責任あるAI利用とは【第3回】
「大規模言語モデル(LLM)で何がしたいのか」を明確にする2つの視点
大規模言語モデル(LLM)をビジネスで活用したいと考える企業は、まず何から取り組む必要があるのか。LLM活用を進める際に忘れてはいけないポイントを2つ紹介する。(2023/10/19)

CIO Dive:
ChatGPTを“締め出した”あのプラットフォームが方向転換 「ウソ」ばかりつくAIと共存できる?
ChatGPTが生成する回答は人間のエンジニアに比べて精度が低いという研究結果が発表された。AIが「不正確な回答」を生成することに対し、われわれはどのように対処すべきか。ChatGPTを早々に"締め出した"プラットフォームの方向転換とは。(2023/9/25)

X(Twitter)が利用規約を更新 「集団訴訟に参加する権利の放棄」などが追加
新旧どちらの規約も見られるので気になる人は見比べてみると良いでしょう。(2023/8/31)

Gartnerが2023年のセキュリティトレンドを発表 企業がやるべき9つのトピック
Gartnerから「2023年のサイバーセキュリティのトップ・トレンド」が発表された。ビジネスの急速な変化やサイバー攻撃の激化に伴い、企業はどうセキュリティを変えていくべきなのか。(2023/8/25)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、2023年オープンの注目バーで味わう夏のカクテル
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/8/8)

5800万件以上の質問と回答データを利用:
Stack Overflow、開発者向けAIサービス「OverflowAI」を発表 VS Code向け拡張機能、Slackのチャットbotを提供へ
Stack Overflowは、開発者向けQ&Aサイトで蓄積した知識ベースなどをAI/MLを用いて活用し、開発者の問題解決を支援する「OverflowAI」を発表した。(2023/8/1)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
不動産大手にできない“まちづくり” スタートアップの秘策は? 未来の都市像を作家と語る
スマートシティーやメタバースなど便利に進化する「まち」の姿。それで本当にいいのか?――こう問いかけるスタートアップがあります。目指すまちづくりの将来像を取材しました。(2023/7/28)

セキュリティ体制構築に悩んだときは:
PR:リソース不足の企業が脅威に立ち向かう現実解 新しいSOCの姿とは
社内でセキュリティ担当者を確保できない場合はSOCの利用を検討すべきだ。だがSOCに丸投げするのは良くない。定期的な報告だけでは情報が不足し、攻撃を受けたときに判断が遅れてしまう。どうすればよいのだろうか。(2023/7/21)

生成AI 動き始めた企業たち:
IBMが描く「ビジネス×生成AI」の未来像
企業は、生成AIがビジネス活動や社会にどんな変化をもたらすと考えているのか。連載「生成AI 動き始めた企業たち」第1回は法人顧客向けの新基盤「watsonx」(ワトソンエックス)を5月9日発表した米IBMを紹介する。(2023/7/5)

粘菌100万体の振る舞いを個別計算、ラット脳細胞で機械学習──ライゾマ真鍋氏が見せた「AIの少し先の未来」
粘菌100万体の振る舞いを個別計算、ラット脳細胞で機械学習──クリエイティブ集団Rhizomatiks(ライゾマティクス)の真鍋大度氏が個展で見せた、「AIの少し先の未来」を紹介する。(2023/7/1)

今は21世紀のはずなのに…… Excelで犯したあるあるなミスに「未来に生きている」「美術館で埋め尽くされる」
これがオートフィルの罠なのよ。(2023/7/2)

CohesityとGoogle Cloudがパートナーシップ拡大 セキュリティにおけるAI活用を支援
CohesityはAIの活用を拡大するためにGoogle Cloudとのパートナーシップを拡大すると発表した。新たなAIソリューション「Cohesity Turing」を発表し、セキュリティにおけるAI活用をさらに推進する。(2023/5/26)

Social Media Today:
全面禁止が議論される「TikTok」が「Instagram」を抜いて世界で最もダウンロードされたアプリに
data.aiの最新レポートによれば、2023年第1四半期に世界で最も多くダウンロードされたアプリは「TikTok」であった。(2023/4/12)

AI・機械学習のデータセット辞典:
GLUE:英語用の一般言語理解評価ベンチマーク
データセット「GLUE」について説明。英語で自然言語処理モデルの性能を評価するための標準ベンチマーク。英語文法の正しさ判定などの9つのタスク(CoLA/SST-2/MRPC/STS-B/QQP/MNLI/QNLI/RTE/WNLI)に対応するデータセットのコレクション。(2023/4/5)

海外ではついにリリース:
「Apple Music Classical」はクラシック音楽リスニング体験の再発明だ 著名音楽家たちが大きな期待を寄せる理由
Appleは3月28日(現地時間)、クラシック音楽専用のアプリ「Apple Music Classical」の提供を開始した。Apple Musicのサービス内で提供し、最大192kHz/24bitの音質で500万曲以上を聞けるという。本アプリの狙いや経緯をひもといていこう。(2023/3/30)

オフィス探訪:
大規模オフィスを10分の1に縮小したLIXIL 「1周400メートル」に込めた思いとは
東京・品川の住友不動産大崎ガーデンタワーに本社を移転したLIXIL。大規模だった旧オフィスから一転、新拠点では敷地面積を約10分の1に縮小し、オフィスを「コラボレーションを促進する空間」と再定義した。オフィスの移転理由から新オフィスに込めた思いまで、総務部部長の林崇志氏に話を聞いた。(2023/3/29)

公開論文数はGoogle一強だが、注目の論文はOpenAIが占める:
2022年に最も引用されたAI論文100選を公開 米国、中国に続くAI研究大国はどこ?
Zeta Alphaは、2022年に最も引用されたAIに関する100本の論文リストや世界各国のAI論文発表数などの調査結果を公開した。(2023/3/15)

単独インタビュー:
次世代クラウドはOSSに覆われるとGoogleのウルス・ヘルツル氏が考える理由
パブリッククラウドは今後どのように進化するのか、あるいはどう進化すべきなのか。これについて、Google本体でインフラや開発プロセスの設計に携わってきたウルス・ヘルツル氏の意見を聞いた。(2022/12/8)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、12月に行くべきアート展3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/12/7)

CODE BLUE 2022レポート:
脅威ハンティングのプロが語る、6つの“残念な”セキュリティ事例
2022年10月27〜28日にCODE BLUE 2022が開催された。本稿は、IBM X-Forceのニール・ワイラー氏による基調講演の様子をレポートする。同氏の講演からは6つの残念なセキュリティ事例と推奨される7つの対策が明らかになった。(2022/11/16)

迷走? マスク氏買収のTwitterはどこに向かうのか 今、起きていること
テスラCEOのイーロン・マスク氏は10月27日(現地時間)、米Twitterを買収し自らCEOに就任しました。マスク氏が最初に行ったことは、Twitter取締役9人の一斉解雇。マスク氏は「今後数カ月、多くのバカげたことを行うので注意してほしい」とツイートしています。(2022/11/15)

どうなる? イーロン・マスクという“ツイ廃”が導く混沌のTwitter
現在、イーロン・マスク氏によるTwitterの改革が進められている。一体彼はなにをしようとしているのか? そして、Twitterはどうなろうとしているのだろうか? 少しその辺を考えてみよう。(2022/11/14)

「ニュース」欄から報道機関の記事消える:
世論誘導の抑制? Twitterの“中の人”によるニュースキュレーション機能終了か
イーロン・マスク氏による米ツイッター買収が完了し、旧経営陣を含めた大規模な人員整理が始まった。日本法人も対象とされ、人員整理に関する報道以降、同社が手掛けていたニュースのキュレーション機能の更新も停止。報道機関が配信する記事がツイッター上の「ニュース」欄から消えた。(2022/11/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
健全化に向かうツイッターを”混乱させている”のは誰か?
ツイッターが大混乱に陥っているように見えるが、本当にそうだろうか? ツイッターの騒動の実態と、これからツイッターがどう展開していくのかを見ていこう。(2022/11/10)

Twitterの「おすすめ」が11月3日の錦戸亮誕生日から現在も変わらず、本人は「皆様お邪魔してすみません」 キュレーション部門解雇の影響か
祝われ続ける誕生日。(2022/11/8)

「トレンド操作」トレンド入り 大量解雇でTwitterはどう変わる? ITmedia NEWS編集部で考えてみた
イーロン・マスク氏による人員削減の影響で日本法人(TwitterJP)の社員も解雇になったと話題だ。ニュース欄の更新が止まるなど、人員削減の影響とみられる事象も相次いでいる。大量解雇やマスク氏による今後の施策で、言論の場でもあるTwitterがどう変わるか、編集部メンバーで考えてみた。(2022/11/7)

抽象画家モンドリアンの作品、77年間“逆さま”に展示されていた可能性
(2022/11/3)

QUICK、東芝テック、インテージなど:
データマーケットプレースは日本で本格的に立ち上がるか、Snowflakeが参加企業を発表
スノーフレークが、データマーケットプレースにさまざまな企業が参加したことを発表した。同社は、クラウドデータウェアハウスから直接データを共有し、収益化につなげられる仕組みを提供している。(2022/10/25)

各界のプロデューサーが語る:
大企業とベンチャー、仕事と遊び、都市と地域 「ボーダーレスな生き方」の驚くべき効果
領域に捉われずボーダーレスに行動することによって、どんな世界が見えてくるのか。第一線で活躍する各界のプロデューサーたちが語る、仕事と人生を豊かにする生き方とは――。(2022/9/14)

新しい顧客体験:
オンラインはリアル店舗を超える? “楽しい”を実現する勝ち組企業
スマートフォンの普及に伴い、あらゆるものがデジタル化した。消費者がリアルとデジタルを無意識に行き来する時代において、企業はどのような新しい顧客体験を提供しているのだろうか? BEAMSやスタバ、コストコなどの企業を事例に解説する。(2022/9/2)

“ガーシー現象”に“トヨタ社長フェイクニュース”、ネット社会の非対称性について考える
米大統領選で顕在化したフェイクニュースによる影響は、日本でも大きなトレンドになっている。本田雅一さんがこの問題に切り込む。(2022/8/22)

データとアナリティクスのガバナンスに不可欠な7つの要素、ガートナーが発表
ガートナーは、データとアナリティクス(D&A)のガバナンスの取り組みに不可欠な7つの要素を発表した。日本企業にはD&Aのガバナンスにそもそも取り組んでいない企業が多く、ガートナーは「経営層を巻き込んで適切な基盤を整備しなければならない」と指摘する。(2022/8/3)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第12回):
BTSゆかりの9都市をアートで“デコる” Googleとのコラボで、メンバーが伝えたいメッセージとは?
BTSとGoogleがコラボしたWebアプリ「BTS x Street Galleries」を紹介する。BTSの写真やアート作品をストリートビューに貼り付けて、街中を展覧会の会場にできるコンテンツだ。実際に遊びながら魅力を伝えていく。(2022/7/16)

代官山にアートギャラリー「DRELLA」オープン Z世代に人気の「ヨシフクホノカ」が個展
東京・代官山町にショーウィンドー型のアートギャラリー「DRELLA(ドレラ)」がオープンした。7月10日までのオープニングイベントでは、Z世代を中心に人気のイラストレーター、ヨシフクホノカさんのギャラリー個展を開催する。(2022/6/28)

Restaurant Dive:
「猫も杓子もメタバース施策」の中で手を出したピザハットは結果を出せるか
ピザハットはメタバース業界への参入を発表した。メタバースといったデジタル体験の新奇性が薄れる中、同社はどのような戦略を展開するのか。(2022/6/17)

CIO Dive:
ハネウェルは「Snowflake」でビジネスをどう変えた? データ戦略に迫る
コロナ禍を経て企業のデータ戦略は大きく進んだ。迅速なインサイトを得るために、データプレイブックで学習させたAIや、自動化を取り入れたデータ活用を進める企業も出てきている。データ戦略の現在地を探った。(2022/5/27)

Google、文章から画像を生成するAI「Imagen」 「DALL-E 2より好まれる」
Google Researchは、文章から画像を生成する拡散モデル「Imagen」を発表した。独自ベンチマークではOpneAIの「DALL-E 2」よりも人間に好まれる結果が出たとしている。(2022/5/25)

Social Media Today:
テレビの“オワコン”化が止まらない? 米国で消費者が「TikTok」や「YouTube」に費やす時間はテレビと互角
最新レポートによると、米国におけるSNS動画の視聴時間はテレビと同じくらいになっている。テレビからSNS動画へのシフトは若者ほど顕著だということだ。ブランド広告主はこのトレンドをどう捉えるべきか。(2022/2/18)

IDCが発表:
顧客獲得力向上のために投資すべきものとは? 「2022年のインテリジェンスの未来に関する予測」10項目【更新あり】
IDCは、インテリジェンスの未来に関する10項目の予測を発表した。企業がインテリジェンスに投資することで、財務や業績、製品やサービスの成果がどう変化するかが明らかになった。(2022/2/8)

Marketing Dive:
対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業にとって逆風ではあるが、彼らもただ手をこまねいているわけではない。(2022/1/28)

品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減 「審査人員を強化」
クラウドファンデイングサイト「Makuake」を運営するマクアケの第1四半期決算は、売上高が伸びたが、人員採用などのコストが増加し、営業利益は74.6%減に落ち込んだ。(2022/1/26)

今春を予定:
GINZA SIXが開業5周年、「DIOR」の期間限定ショップなど19店舗がオープン
銀座の商業施設「GINZA SIX」は、開業5周年を記念して新店舗をオープン。4〜5階フロアを中心に、旗艦店6店を含む19店舗が入店する。(2022/1/7)

いまさら聞けない自動車業界用語(19):
2020年以上に大変だった、コロナ禍2年目の自動車業界を振り返る
一難去ってまた一難、2020年以上に苦しくなった1年でした。自動車業界では一体何が起きていたのか。実際の現場視点で、この1年をまとめます。(2021/12/28)

いまさら聞けない自動車業界用語(18):
高齢者とクルマの運転、技術は何をできるのか妄想してみよう
皆さんは将来の自動運転車の在り方や、高齢者の移動問題がどのようになると思いますか。運転が好きな方は、自分の身体機能や認知機能が衰えたときに未練なく免許を返納できるでしょうか。それとも、いつまでも運転できる方法を探すでしょうか? 今の技術や社会から、ちょこっと妄想してみませんか。(2021/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。