ニュース
» 2014年08月21日 20時21分 UPDATE

NTTドコモ、免許不要の5GHz周波数帯でLTEの通信に成功

5GHzの周波数帯でLTEの通信実験が成功した。今後は、既存の携帯電話サービスが使用している周波数帯と5GHz帯を束ねて利用する実験を進めるという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは2014年8月21日、5GHzの周波数帯でLTEの通信に成功したと発表した。ファーウェイおよびDOCOMO Beijing Communications Laboratories(ドコモ北京研究所)との共同実験によるもの。

 この実験では、国際的に免許が不要な周波数帯(アンライセンス周波数帯)の中でも5GHz帯を利用した。現在、5GHz帯は無線LANやBluetoothが使用している。

 実験の目的は、LTEをアンライセンス周波数帯で利用可能にする技術「Licensed Assisted Access using LTE(LAA)」の性能、効果を確認すること。このために、2月からファーウェイの北京研究所で続けてきた。LAAは早ければ2014年中に標準化の検討が始まる。標準化団体の3GPPは、LAAに5GHz帯を使うことを想定しているという。さらに、複数の周波数帯域を束ねて通信を高速化する「キャリアアグリゲーション」にLAAを活用すること、つまり既存の携帯電話サービスが使用している周波数帯と5GHz帯を束ねて利用することを考えているとのことだ。

Photo 「LAA」のイメージ

 屋内における実験では、IEEE802.11nと比べて約1.6倍の通信容量の向上を確認したという。今後はLAAと無線LANを同時に利用したときの性能評価を進める予定。その結果を見て、LAAと無線LANの共存を目指して、LAA通信の最適化を進めるとしている。

Photo 実験のイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.