ニュース
» 2014年09月12日 18時35分 UPDATE

KDDIが中国40都市のほかイタリアなどでLTE国際ローミングを開始

KDDIは、国際ローミングサービス「グローバルパスポート」のLTE高速データ通信エリアを拡大。新たに中国、イタリア、バチカン、ニュージーランドでも利用可能となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラーは2014年9月12日、国際ローミングサービス「グローバルパスポート」のLTE高速データ通信可能エリアを拡大すると発表した。サービス開始は9月15日の予定。

 新たにサービス対象地域となるのは中国、イタリア、バチカン、ニュージーランド。現地でのサービス事業者は中国がChina Unicom、イタリアとバチカンがTIM、ニュージーランドがSpark New Zealand。これで29の国・地域が対象となる。従来のローミングサービスと同様の方法で利用できるため、申し込みは不要。LTE通信料は「海外ダブル定額」プランの規定通りとなる。

Photo 「海外ダブル定額」の料金プラン

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.