ニュース
» 2014年10月22日 18時33分 UPDATE

J.D.パワー、携帯電話のサービス顧客満足度調査を実施――アップルの高シェアが続く

J.D.パワーが「2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<利用実態編>」の結果を発表。最も利用率の高いメーカーは「アップル」で、フィーチャーフォン利用者のスマートフォン乗り換え意向は40%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 J.D.パワーは、10月22日に「2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<利用実態編>」の結果を発表した。対象は全国10地域で携帯電話サービスを利用する個人で、実施は2014年7月。有効回答数は3万1200となっている。

 これによるとスマートフォンの利用者は52%となり、携帯電話サービスを利用するユーザーの過半数に達した。端末利用率の高いメーカーは「アップル」で、2011年の19%から46%まで増加。次いで「ソニー」が43%、「サムスン」が27%となっている。

 買い替えでスマートフォンを選ぶと回答したのは、スマートフォン利用者が91%、フィーチャーフォン利用者が40%。年代別にみると、フィーチャーフォン利用者は年代が上がるにつれ「次回はスマートフォンを選ぶ」という回答が減少する一方、スマートフォン利用者には年代による差は見られなかった。

Photo 「2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<利用実態編>」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.