ニュース
» 2015年01月30日 20時31分 UPDATE

MMD、ドコモ回線を利用した各MVNOの通信速度調査を実施――ダウンロード平均スピードに差

MMD研究所は、NTTドコモの回線を利用した格安SIMサービスの通信速度テストを実施。同じ回線を利用しながらダウンロード平均スピードに差が出るという結果になった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、1月30日に「2015年1月主要MVNO通信速度調査 JR山手線編」の結果を発表した。

Photo MVNO各社のダウンロード平均スピード

 本調査は、NTTドコモの回線を利用した格安SIMサービスの通信速度テストを実施したもの。調査期間は1月19日〜1月23日で、調査地域はJR山手線全29駅、ホーム中央付近。スピードテストアプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を使用して10時〜19時に各3回計測し、その平均値を記録した。

 調査に使用した端末はサムスン電子製の「GALAXY Note Edge SC-01G」を用いた。データ通信SIMは、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」、インターネットイニシアティブの「IIJmio」、日本通信の「b-mobile」、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3GデータSIM」に、参考用としてドコモのSIMも加えている。

 これによると、ダウンロード平均スピードが最も速かったのはIIJmioで24.2 Mbps。次にOCN モバイル ONEが19.1Mbps、b-mobileが9.1Mbps、BIGLOBE LTE・3GデータSIMが6.7Mbpsとなり、同じドコモの回線を利用しながらも差が出るという結果になった。

 なお、全体のダウンロード平均スピードはドコモのSIMが最速の31.1Mbpsを記録したが、IIJmioとOCN モバイル ONEではそれに近い通信速度が出ていることが多く、それらのSIMでは20Mbps以上が出ている駅の数やアップロードの平均スピードに大きな差は見られなかった。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

2015年1月主要MVNO通信速度調査 JR山手線編

docomo回線利用のMVNO各社、ダウンロード平均スピードに差

調査は、2015年1月19日〜23日にかけてJR山手線内回り全29駅のホーム中央付近にて、各社が提供している格安SIMサービス(NTTコミュニケーションズのOCNモバイルONE、インターネットイニシアティブのIIJmio、日本通信のb-mobile、ビッグローブのBIGLOBE LTE・3GデータSIM)並びにdocomoのSIMをSamsungのGALAXY Note Edge SC-01Gを利用し、通信速度テストを実施しました。計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、10時〜19時の時間帯に各端末3回計測を行い、平均値を記録しました。

  • OCNモバイルONE:19.1Mbps
  • IIJmio:24.2Mbps
  • b-mobile:9.1Mbps
  • BIGLOBE LTE・3GデータSIM:6.7Mbps

JR山手線29駅のホームでのダウンロード平均スピードが最も速かった格安SIMはIIJmioで24.2 Mbps、次いでOCNモバイルONEが19.1Mbps、b-mobileが9.1Mbps、BIGLOBE LTE・3GデータSIMが6.7Mbpsとなり、同じdocomo回線を利用しながらも差が出る結果となった。一方アップロード平均スピードはOCNモバイルONEが9.5Mbps、IIJmioが10.9Mbps、b-mobileが10.2Mbps、BIGLOBE LTE・3GデータSIMが6.6Mbpsと大きな差はなかった。

今回参考値として同様に取得していたdocomoとの比較について、当然ながら29駅全体のダウンロード平均スピードは最速の31.1Mbpsを記録しているが、OCNモバイルONE並びにIIJmioについては調査駅によってdocomoに近い通信速度が出ていることが多く、20Mbps以上の高速通信が出来る駅についてdocomoが18駅なのに対し、IIJmioで17駅、OCNモバイルONEで12駅となり、大きな遜色はなかった。尚、アップロードの平均スピードに関しては、docomoとMVNO4社で大きな差は出なかった。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.