ニュース
» 2015年03月17日 20時13分 UPDATE

ICT、北陸新幹線の全13駅で通信速度調査――下りはau、上りはソフトバンクがトップ

ICT総研は、主要なデートスポットでNTTドコモ、au、ソフバンク、ワイモバイルのデータ通信速度を調査。僅差ながらauが下り26.57Mbpsでトップとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ICT総研は、3月17日に「2015年3月 北陸新幹線 スマートフォン電波状況実測調査」の結果を発表した。

 測定地点は北陸新幹線の全13駅39地点(駅ホーム、改札付近、駅前広場)で、利用端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 6。調査に使用したのは速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」で、下り/上り通信速度を1地点あたり各3回ずつ測定した平均値を測定値としている。調査期間は3月14日から15日まで。

 調査の結果、ダウンロード速度はauが平均35.22Mbpsでトップとなったが、アップロード速度は平均8.14Mbpsと3位に。ソフトバンクのダウンロード速度は2位、アップロード速度は平均12.72Mbpsでトップだったうえ、どの地点でも安定した測定結果を見せた。NTTドコモのダウンロード速度は平均29.85Mbpsで3位、アップロード速度は平均9.15Mbpsで2位と2社に及ばなかったが、どの測定地点でも10Mbps未満がなく一定以上の速度を記録した。

 また、既存の高崎駅〜長野駅間のは平均37.56Mbps、新規開業した飯山駅〜金沢駅間の平均26.99Mbpsとダウンロード速度に差が見られる結果に。調査日は開業日のため回線混雑の影響も考えられるが、それでも新規開業駅では十分な実効速度が確認できるほど、LTE網が整備されているといえる。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

auが下り速度トップで平均35.22Mbpsと強さを見せた。50Mbps以上の地点が2割を占める。

 調査の結果、測定した全ての地点で3社全ての端末が高速通信「LTE」もしくは「4G」の電波を受信できた。動画再生やSNS閲覧等では下り通信速度(ダウンロード速度)がより重要となるが、その下り速度は平均30Mbps前後の高水準な争いとなり、その中で、auが平均35.22Mbpsと頭一つ抜け出しトップとなった。改札付近では平均28.87Mbpsとスコアを落としたものの、駅ホーム(38.01Mbps)や駅前広場(38.79Mbps)で強さを見せた。同社の下り通信速度は、50Mbps以上の地点が全測定地点の2割、40Mbps以上では全測定地点の4割を占めており、高速通信可能な地点数の多さが目立つ。一方で、上り通信速度(アップロード速度)は、平均8.14Mbpsで3社中3位の結果となった。

 下り通信速度の速さは、同社がセールスポイントとする「人口カバー率99%」のプラチナバンド帯のLTE網が北陸新幹線の駅でも整備されていることを裏付けるものと言えるだろう。

ソフトバンクは下り速度平均30.53Mbpsで次点。上り速度では平均12.72Mbpsでトップ。

 ソフトバンクは下り通信速度は平均30.53Mbpsで2位、上り通信速度は平均12.72Mbpsで3社中トップとなった。同社の下り通信速度は、駅ホームで30.64Mbps、改札付近で29.82Mbps、駅前広場で31.12Mbpsと、駅のどの地点でも測定結果があまり変わらず、安定した結果となった。

 同社は、iPhone6が「SoftBank 4G LTE」に加えて、AXGP方式の「SoftBank 4G」にも対応しており、これがこの良好な結果につながっているものと考えられる。

NTTドコモは下り、上りともに一歩及ばずも、全測定地点で下り平均10Mbps以上を記録。

 NTTドコモは、下り通信速度が平均29.85Mbpsで3社中3位、上り通信速度が平均9.15Mbpsで2位と、ともにトップに一歩及ばない結果となった。ただ、下り通信速度については、3社中唯一、10Mbps未満の測定地点がないなど、全測定地点で一定以上の速度を記録しており、実用面では問題なさそうだ。一方で、10Mbps台の測定地点が全体の35.9%を占めており、これが全体平均を押し下げた。

 同社は3月27日より下り最大225Mbpsの「LTE-Advanced」の提供を計画しており、今後その影響が注目される。

既存駅(高崎〜長野)の通信速度が、新規開業駅(飯山〜金沢)を上回る結果に。

 今回の調査では、「長野新幹線」の通称で呼ばれていた高崎駅〜長野駅間の下り通信速度は平均37.56Mbpsであり、新規開業した飯山駅〜金沢駅間の下り平均26.99Mbpsを大きく上回った。これは、調査実施日が開業日当日であり、各駅で盛大な開業イベントが催されていたことにより、回線が混雑している状態にあったためとも考えられる。逆に、回線混雑状況下にあっても下り平均26.99Mbpsの十分な実効速度が記録できるほど、北陸新幹線の新規開業駅のLTE網は整備されているとも言えそうだ。

 高崎駅〜長野駅間は、2013年11月に当社で全駅調査を実施している(「2013年11月 新幹線全97駅 iPhone5s電波状況実測調査」)が、当時の下り通信速度は3社平均で22.60Mbpsであった。これが現在は平均37.56Mbpsにまで高速化しており、各社のLTE網の充実化が進んでいることが読み取れる。

 ICT総研では今後も、「つながりやすさ」や「通信速度」について、ユーザーが利用するさまざまなシーンを想定し、ユーザーにとって指標となる実測データを定期的に提供していく方針である。

Photo
Photo
Photo
Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.