ニュース
» 2015年03月18日 22時18分 UPDATE

進むケータイのスマート化:「Firefox OS」搭載フィーチャーフォン、2016年1Qに登場か

スマホ以外の新カテゴリー端末を開発すると表明したMozilla。CTOのアンドレアス・ガル氏が「Firefox OS搭載のフィーチャーフォンは2016年1Qに登場」とコメントした。

[平賀洋一,ITmedia]

 米Mozillaのアンドレアス・ガルCTOがITmedia Mobileの取材に応じ、「Firefox OSを搭載した折りたたみ型のフィーチャーフォンを2016年第1四半期(1〜3月)にも登場させたい」と語った。インタビューの詳細は後日掲載する予定だ。

photo Mozilla CTOのアンドレアス・ガル氏

 Firefox OSを搭載したスマートフォンは全世界で17機種が市販されており、日本でも2014年12月にKDDIが国内初の「Fx0」を発売した。またパナソニックがFirefox OS搭載の4K対応スマートテレビを発表しているほか、IoT機器の開発環境にも採用されるなど、搭載デバイスの幅をスマートフォン以外にも広げている。

photo 「Fx0」

 MozillaはFirefox OSをベースにした新カテゴリー端末の開発構想を表明済みで、Firefox OSケータイの開発もその一環。構想に参加しているKDDI、韓LG U+、スペインTelefonica、米Verizon Wirelessから登場するとみられるが、ガル氏は「メーカーや採用事業者、投入市場についてコメントする立場にはないが、できるだけ多くのパートナーにFirefox OSを使って欲しい」と明言を避けた。

 またガル氏は、「日本の街角では多くの人々が折りたたみ型ケータイを使っている。調査結果でも携帯電話所有者の約50%がフィーチャーフォンユーザーだ。半数近くがタッチ操作のスマホを使っていないが、従来のフィーチャーフォンはLTEなど最新のモバイル技術に対応できていない。Firefox OSであればLTEや最新のWeb技術を搭載したケータイをユーザーに提供できる」と述べ、「日本だけでなく、携帯電話が普及した市場では一定数のユーザーがフィーチャーフォンを使い続けるだろう。(Firefox OSケータイの開発は)採用企業にとって非常に大きなビジネスチャンスだ」とメリットを強調した。

 Fx0を発売したKDDIはAndroid搭載のフィーチャーフォン「AQUOS K SHF31」(シャープ製)も販売している。またLG Electronicsは韓国市場に折りたたみボディでダイヤルキーを装備したAndroid端末を投入した。今後は従来型携帯電話のスマート化に拍車がかかりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.