ニュース
» 2015年03月20日 17時17分 UPDATE

乗換NAVITIMEが「迂回ルート検索」機能をリニューアル――遅延発生の区間を対象可能に

「乗換NAVITIME」で提供している「迂回ルート検索」で、遅延が発生している路線の区間や方面を指定して回り道を調べられるようになった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは、3月19日にiOS/Android向け「乗換NAVITIME」の「迂回ルート検索」機能をリニューアルした。

 これまでは遅延が発生している路線単位(例:◯◯線)で迂回(うかい)ルートを検索していたが、遅延が発生している路線の区間(例:◯◯線 △△駅〜□□駅)だけを対象とした検索が可能となった。例えばルート上で発生している遅延情報を選択すると、その区間を避けた回り道の検索ができるようになる。

Photo サービスイメージ
photo
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.