ニュース
» 2015年05月08日 10時00分 UPDATE

母の日のプレゼント、決まっていないなら:駅から徒歩0分の好アクセス!――「Smart Laboアトレ亀戸」でおすすめスマホアクセサリーを聞いてみた

JR亀戸駅と一体化したショッピングセンター内に店舗を構える「Smart Laboアトレ亀戸」。街の特性を反映して、幅広い年齢層が来客するという同店のスタッフの皆さんに、「母の日」(と父の日)をテーマに、おすすめスマホグッズを教えてもらった。

[井上翔,ITmedia]

 携帯電話の大手代理店、ティーガイアが展開するスマートフォンアクセサリー専門店「SmartLabo(スマートラボ)」。オンラインストアはもちろん、全国10店舗(2015年5月時点)で対面販売も行っている。ITmedia Mobileでは、今までに4店舗のSmartLaboに訪問し、スタッフの皆さんにお勧めのスマホアクセサリーを紹介いただいた。

photo 笑顔がステキなSmartLabo アトレ亀戸のスタッフの皆さん

 今回、訪問5店舗目を飾るのは、東京都江東区にある「SmartLabo アトレ亀戸」。ショッピングセンター「アトレ亀戸」内にある同店は、立地的に、若齢層から高齢層の方まで、幅広い年齢層が訪れるという。

 ちょうど、今は「母の日」間近で、「父の日」まであと1カ月という頃合い。そこで、幅広い年齢層の好みを熟知したSmartLabo アトレ亀戸のスタッフの皆さんに、母の日(と、ついでに父の日)のプレゼントにお勧めのスマホアクセサリーを教えてもらおう。

駅から歩いて0分!駅から雨にぬれずに行ける!

 まず、店舗への行き方をご紹介する。SmartLabo アトレ亀戸は、JR亀戸駅の「みどりの窓口」の隣にある。JR駅からは、北改札口を出て、みどりの窓口のところを右折すればよく、東武亀戸線の駅からは、改札を出て直進すると左手に見える。JRと東武亀戸線どちらの改札からも、歩いて1分以内で到着するという超好立地だ。

photophoto JR駅からは、北改札口を出て「みどりの窓口」のところで右折する(写真=左)。東武駅からは、改札口を出て直進する(写真=右)
photo SmartLabo アトレ亀戸は、アトレ亀戸への入り口と、みどりの窓口の間にある。以前はここもみどりの窓口の一部だったという

らくらくスマートフォンにもピッタリな「全機種対応ケース」

photo 全機種用スマホケースがイチオシという根岸店長

 SmartLaboの店舗に行くと、iPhone用ケース、今なら「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」用のケースが多数並んでいる。アトレ亀戸も同様の傾向にあるが、店長の根岸さんによると、「場所柄、(ドコモの)『らくらくスマートフォン』用のケースを求めて来店する高齢のお客様がかなり多い」という。らくらくスマートフォン用のケースは、あるにはあるが、iPhoneのように種類が豊富なわけではない。

 そこで、機種を問わずに使える「全機種用ケース」をお勧めしてくれた。特に、Smart Laboオリジナルの「PRECISION」シリーズはデコレーション用パーツも豊富で、「この世にひとつしかないケースを作れる」(根岸さん)うえ、「画面サイズにさえ気を付ければ、親がどんなスマホを持っているか特定できていなくてもプレゼントできる」(同)ということで人気とのこと。

photophoto 地域柄、全機種用ケースコーナーが充実している(写真=左)。特に、オリジナルの「PRECISION」シリーズは、もとのシンプルさとデコレーションパーツが充実していて人気とのこと(写真=右)

ちょっと高級感が欲しいなら「レザーケース」

photo 女子向けケースを紹介してくれた湯浅さん

 とはいえ、中高年層でも、iPhoneユーザーは多い。とりわけ、画面が大きくなったiPhone 6/6 Plusになってからはその傾向が顕著で、Smart Labo アトレ亀戸でもiPhone 6/6 Plus向けアクセサリーは多数取り扱っている。

 そこで、スタッフの湯浅さんが「完全に女性向けなんですけど」と前置きをした上でお勧めしてくれたのが、「GAZE Vivid Croco Diary」(税込7884円)と「Ribbon Classic Diary 」(税込8100円)だ。Vivid Croco Diaryは、ピンクに染色した天然牛革に、その名のとおりクロコダイルの型押しを施した手帳型ケース。Ribbon Classic Diaryは、シンプルな手帳型ケースに、大きなリボンのアクセントをあしらったもの。価格はそれなりにするが、「中高齢の女性は、1つの携帯電話やスマホを長く使う傾向にあります。このケースなら、長く使えていいですよ」(湯浅さん)と、耐久性の良さを評価している。

 女子(母親)向けだけに留まらないのが、SmartLaboの品ぞろえ。「男性にピッタリなレザーケースも多数取りそろえています。『父の日』なら、まだひと月以上あるので、是非来店の上、実際に見てみてほしいです」(湯浅さん)とのことだ。

photophoto SmartLaboが母の日にイチオシするケース「GAZE Vivid Croco Diary」と「Ribbon Classic Diary」(写真=左)。もちろん、男性向けケースも多数取りそろえている(写真=右)

スマホの滑り落ちを防ぐ「バンカー・リング」

photo 素敵な笑顔でBunker Ring Essentialsをお勧めする高木さん

 昨今のスマホの画面は大型化する傾向にある。それに伴い、スマホを手から落としてしまう光景をよく見かけるようになった。万が一に備えてケースで保護していても、“当たりどころ”が悪いと、画面(あるいは背面)のガラスが割れてしまう。

 そこで、スタッフの高木さんが選んでくれたのが「Bunker Ring Essentials(バンカーリング・エッセンシャルズ)」(税込1944円)だ。スマホ(あるいはスマホケース)の背面に付けて、リングに指を通して持つことで、スマホが手から滑り落ちるのを防げる人気アクセサリーだ。「リングの部分は、かばんやポケットにしまうときに折りたためますし、スマホスタンドの代わりにも使えて、動画やテレビを楽しむときに便利ですよ」(高木さん)と、フルセグ・ワンセグ内蔵のAndroidスマホや、最近iPhone/iPad用テレビチューナーとして人気の「StationTV PIX-DT355-PL1」と組み合わせて使って便利であることをアピールしていた。

 高木さんは栃木レザーを使ったJACAJACA製のスマホケースやストラップもお勧めする。「iPhone用ケースの『HUKURO』はデザインが良いだけではなく、使い勝手にも工夫をこらしていて、イチオシです。自分も買ってしまいました(笑)。そのほか、ストラップ類も機能性が高いので、機能性が高くて、かっこいいレザーのスマホアクセサリーを探している人にはビビッとくるはずです」

photophoto バンカー・リングを含めて「スマホリング」と呼ばれる落下防止用リングは最近よく売れているという(写真=左)。JACAJACAの製品はショーケースに入っているが、スタッフに声をかければ実物を見せてもらえる(写真=右)

タッチやスワイプをしやすくする「スマホペン」

photo スマホのタッチ・スワイプに困ったときに役立つスマホペンをお勧めする早野さん

 普段何気なくやっているスマホやタブレットのタッチやスワイプ。しかし、スタッフの早野さんによると、「お年をめした方から、(手の乾きによって)特にスワイプ操作が難しいというご相談をよく頂戴する」という。そこで、お勧めするのが「スマホペン」だ。PC用のペンタブで有名なワコム製の「Bamboo Stylus solo 3nd Generation CS160T」や、「Su-Pen」のiPhone 6用ケースとスマホペンセットが特に人気だという。「スマホのイヤフォンジャックにぶら下げておけるタイプも人気で、豊富に取りそろえています。ケースとペンのセットは、それぞれ単品で買うよりおトクですよ」(早野さん)とのことなので、スマホのタッチ・スワイプ操作に困っている親へのプレゼントに検討してもいいだろう。

 また、iPhoneやiPadをお持ちの方に、と早野さんが紹介してくれたのが、iPhone/iPad用モバイルバッテリー「mophie powerstation plus」シリーズだ。「(バッテリー)容量の割にコンパクトなのと、ケーブルを(筐体内に)しまっておけるので、バッグに入れておいても邪魔になりくい」(早野さん)上、見た目もスッキリとしてクールな仕上がりとなっている。上質でコンパクトなiPhone/iPad用バッテリーを求める人、にぜひとも手にとってほしい一品といえる。

photophoto Su-PenのスマホペンとiPhone 6ケースのセットは5400円(税込み)で、それぞれ単品で買うよりもおトク(写真=左)。mophieのpowerstation plusは筐体内にケーブルをしまえてかさばらない(写真=右)

ほかにも豊富なオススメ商品

 亀戸天神をはじめ、亀戸周辺には観光名所が多い。そのため、SmartLabo アトレ亀戸では観光や行楽に役立つスマホグッズの販売にも力を入れている。

 その中でも、店長の根岸さんがお勧めするのは「自撮り棒」と「クリップレンズ」だ。最近流行している「自撮り」(セルフィー)は、若者中心に盛り上がりを見せているようにも見えるが、「最近はご年配の方からの自撮りの相談も多い」(根岸さん)という。そのため、これらの商品を店頭の目立つところに展示しているとのこと。もちろん、自分で付けて試すこともできる。

photophoto 店長おすすめの自撮り棒とクリップレンズは、試しに付けることも可能だ

 スマホの画面を保護するフィルムも豊富に取りそろえている。最近は、指滑りの良いガラスフィルムが人気だという。店頭で購入したものについては、貼り付けサービスも実施しているので、キレイに貼る自信がない、という人にも安心だ。

photophoto ガラス製を中心に、フィルムの品揃えも充実している。「私たちが貼ります!」と、早野さんと湯浅さんも笑顔

 そして、「スマホ用だけじゃないんですけど」と、スタッフの皆さんが最後にお勧めしてくれたのは、「マーティー レザーライフ・コンシェルジュ芦屋」(マーティー)のレザーアイテムだ。Smart Laboでは一部店舗を除き、マーティーのパートナーショップとなっており、スマホケースはもちろん、IDカード入れやストラップなどを豊富に取りそろえている。「親御さんがスマホをもっていなくても、ストラップならフィーチャーフォン、あるいは鍵に付けてもいけます」と、高木さんはプレゼントとしての汎用(はんよう)性がオススメポイントだと語ってくれた。


 取材を通して印象的だったのは、SmartLabo アトレ亀戸のスタッフの皆さんの“笑顔”だ。取材中も幅広い年齢層の来客があったが、笑顔で適切なアドバイスをもらえると、買うときに安心さを覚える。近くにお住まいの方は、ぜひとも足を運んでほしい。

 最後に、スタッフのみなさんからメッセージをいただいたので、ご覧いただこう。

SmartLabo アトレ亀戸

  • 店舗住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸 5-1-1 アトレ亀戸1F
  • 電話番号:03-5628-5090
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:121台
  • アクセス:JR/東武亀戸線亀戸駅 降りてすぐ
  • Twitterアカウント:@Sl_kameido

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.