ニュース
» 2015年05月11日 19時10分 UPDATE

「SPAJAM2015」の東京A、仙台予選が開催――本戦出場は「デジテニ東京」「BAKAVIRUS」

「SPAJAM2015」第1弾となる東京Aと仙台予選が5月9日〜10日にかけて開催された。本戦出場は「デジテニ東京」「BAKAVIRUS」の2チーム。

[エースラッシュ,ITmedia]

 スマートフォンアプリの競技会「SPAJAM2015」の予選第1弾が、5月9日から10日にかけて開催された。

 今回実施されたのは東京Aと仙台の2つで、専門学校生、大学生、社会人などからなる合計25チームが参加。母の日にちなみ「母親(父親)に感謝したくなる」というテーマでのアプリ開発が行われた。

 東京A会場で最優秀賞を受賞したのは「デジテニ東京」で、孫の写真を撮影するためのカメラアプリと、地方で離れて暮らす母親・父親世代に向けた日めくりカレンダー形式の写真アルバムアプリ「かってに おやこうこう」「まごめくり」を開発。各世代が使いやすいように工夫された設計が高く評価された。

PhotoPhoto 東京A予選最優秀賞「デジテニ東京」(写真=左)、東京A予選の集合写真(写真=右)

 審査員はサイバード エグゼクティブオフィサーの川口達也氏、アンドロイダー エヴァンジェリストの佐藤進氏、ドワンゴモバイル事業本部長の石井洋平氏、ファンドロイド・イースト・ジャパン 理事長の原亮氏。さらに優秀賞として「がんばりMAX」「毳人達(ケバニアンズ)」「ライナフ」の3チームも表彰されている。

 仙台会場で最優秀賞を受賞したのは「BAKAVIRUS」で、開発したのは音声メッセージをさまざまな人へ届ける「hoo」。「感情を表現しやすい文化を作る」というコンセプトの伝え方や発想力、手入力をほとんど使用しないUI、位置情報などの機能と連携した実装力が評価された。

PhotoPhoto 仙台予選最優秀賞「BAKAVIRUS」(写真=左)、仙台予選の集合写真(写真=右)

 審査員はMAKOTO パートナーの市川大樹氏、サイバード ゲーム事業本部 プロデュース統括部 エグゼクティブプロデューサー/シニアエンジニアの島村友造氏、モバイル・コンテンツ・フォーラム 専務理事の岸原孝昌氏。優秀賞に選ばれたのは「会津大学フォークダンス部」「PMB Creators」「秘密組織トリトリ団」の3チームとなっている。

 最優秀賞のほか、各予選の優秀賞チームから選出された3チームが本戦に出場する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.