ニュース
» 2015年05月13日 14時15分 UPDATE

中身はSymbian→Androidに:待受時間900時間オーバーのAndroidケータイ「ARROWS ケータイ F-05G」

ドコモは、Androidを採用したフィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-04G」を発表した。LINEやドコモメールに対応したほか、スマホベースになることで、ヒューマンセントリックテクノロジーを活用し、省電力化を実現した。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月13日、富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」を発表した。従来のSymbian OSベースのプラットフォームから、Androidスマートフォンのプラットフォームに移行し、「LINE」や「ドコモメール」を利用できるようになった。Google Playは利用できない。発売は6月下旬の予定。

photo ARROWSケータイ F-05G

 ボディカラーはRed、Black、Whiteの3色で、Red以外の2色はマット(非光沢)仕上げとなっている。事実上の前機種となる「F-07F」で無くなっていた「ワンプッシュオープン」が“復活”し、ボタンを押すだけで画面が開けるようになった。テンキー部には3つの「お気に入り機能ボタン」を配置、さまざまな機能を一発で起動できるようになっている。

 1700mAhの大容量バッテリーと、ARROWSスマホ・タブレットでおなじみの「ヒューマンセントリックテクノロジー」を組み合わせることによって、連続待受約930時間、連続通話約520分を達成した。通話機能では、「スーパーはっきりボイス4」「あわせるボイス2」をフィーチャーフォンとして初めて搭載。スマホのプラットフォームを最大限生かして、電話機能にいっそう磨きがかかった。

 通信は、下り最大14.4Mbps/上り最大5.7Mbpsの「FOMAハイスピード」(HSPA)と3Gエリアでの国際ローミングに対応する。LTE、GSM、無線LAN(Wi-Fi)での通信機能は搭載しない。また、テザリングには対応しない。充電端子はmicro USB端子となっている。

photophotophoto 左からRed、Black、White
「ARROWSケータイ F-05G」の主な仕様
機種名 ARROWSケータイ F-05G
メーカー 富士通
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8210/1.2GHzデュアルコア
メインメモリ 512Mバイト
ストレージ 4Gバイト
外部メモリ microSDHC(32Gバイト)
ディスプレイ 約3.4型ワイドフルワイドVGA TFT液晶
解像度 480×854ピクセル
連続通話時間 3G:520分
連続待受時間 3G:930時間
バッテリー容量 1700mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS
インカメラ
ボディカラー Red、White、Black
サイズ 約51(幅)×113(高さ)×15.8(奥行き)ミリ
重量 約129グラム
発売予定 2015年6月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.