ニュース
» 2015年05月13日 14時15分 UPDATE

10.1型の“世界最薄・最軽量”タブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」――ドコモから

ワイドQXGAディスプレイやAndroid 5.0を搭載したソニーモバイルの高性能タブレット「Xperia Z4 Tablet」を、NTTドコモが発売する。【画像追加】

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のタブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」を7月下旬に発売する。

 Xperia Z4 Tabletは、ワイドQXGA(2560×1600ピクセル)の10.1型ディスプレイを搭載したLTEタブレット。10型クラスのタブレットでは世界最薄となる厚さ約6.1ミリを実現した。重量も10型クラスで「世界最軽量」とうたっているが、数値は現時点では未定(グローバルで発表されたLTEモデルは約393グラム)。前モデル「Xperia Z2 Tablet」より額縁を左右約30%、上下約17%削減することで、Z2 Tabletの約6.4ミリ、約439グラムからさらに薄く軽くなっている。

photo
photo ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Z4 Tablet SO-05G」。カラーはBlackとWhiteの2色

 背面にはガラス、4つのコーナーにステンレスを用たボディはIPX5/IPX8の防水とIP5Xの防じんをサポート。Micro USB端子はキャップレスなのでスムーズに充電ができる。OSはAndroid 5.0(Lollipop)を採用した。カラーはWhiteとBlackの2色。

 プロセッサは、Qualcommの64ビット対応、2.0GHz/1.5GHzのオクタコアCPUを採用。下り最大225Mbpsの「PREMIUMU 4G」や、複数のアンテナでさらに高速でWi-Fi通信ができる「MIMO」を採用。バッテリー容量は6000mAhで、最大約17時間の映像を連続で再生できるという。

 本体単体でハイレゾオーディオを再生できるほか、ハイレゾを含む高音質な音源をワイヤレスで楽しめるBluetoothのコーデック「LDAC」にも対応した。圧縮音源をハイレゾ相当にアップグレードする「DSEE HX」や、デジタルノイズキャンセリング機能もサポートする。

 視野角80度の510万画素インカメラを搭載しており、複数人が参加するビデオチャットでも活躍しそうだ。日本語入力ソフト「POBox Plus」には、タブレットならではの大画面を生かし、新たに五十音キーボードを採用した。録画対応のワンセグとフルセグや、VoLTEでの通話も利用できる。

 ノートPCとしての用途も想定し、0〜130度まで角度を調節できるBluetoothキーボード「BKB50」をオプション品として用意。オンライショップのdocomo selectで販売する。キーボードにはタッチパッドも搭載し、F6〜F10キーを用いたカタカナと英字変換にも対応している。重量は約365グラム。

photo
photo
photophoto
photo
photo Bluetoothキーボード「BKB50」に装着
「Xperia Z4 Tablet SO-05G」の主な仕様
機種名 Xperia Z4 Tablet SO-05G
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 5.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8994/2.0GHz+1.5GHzオクタコア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(128Gバイト)
ディスプレイ 約10.1型ワイドQXGA TFT液晶
解像度 2560×1600ピクセル
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 6000mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
ボディカラー White、Black
サイズ 約254(幅)×167(高さ)×6.1(奥行き)ミリ
重量 未定
発売予定日 2015年7月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.