ニュース
» 2015年05月29日 09時58分 UPDATE

Google、VRコンテンツ作成システム「JUMP」 GoProが360度カメラを開発中

Google Cardboardで楽しむVRコンテンツを作成するための「JUMP」は、16台のカメラを放射状に並べた「JUMP Camera」で撮影した動画を専用アセンブラで3Dの360度コンテンツに変換する。JUMPのコンテンツはYouTubeで再生できるようになる。JUMP Cameraはまず、GoProから発売される見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月28日(現地時間)、年次開発者会議Google I/O 2015において、仮想現実(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Google Cardboard」で楽しむためのVRコンテンツを作成するシステム「JUMP」を発表した。

 jump 1

 Google Cardboardは、同社が昨年のGoogle I/Oで発表した、ダンボールとスマートフォンで組み立てるVR HMD。ゴーグルの組み立て方を含めてオープンソースだ。

 JUMPは、360度撮影カメラでの動画撮影、アセンブラによる撮影した動画の加工、加工したVRコンテンツを再生するプレーヤー(=YouTube)の3部構成になっている。

 JUMPに対応する360度撮影カメラ(JUMP Camera)の仕様もオープンソースになる予定。円形アレイに16台のカメラを放射状に設置する。

 ウェアラブルカメラの米GoProがJUMP Cameraを開発している。円形アレイに16台のHERO 4を取り付けたもので、すべてのカメラは1台のカメラとして機能する。

 jump 2 GoProのJUMP Camera

 こうしたカメラで撮影した動画を、アセンブラで奥行きのある1枚のコンテンツに加工する。

 jump 3 アセンブラでの加工

 こうして作成したコンテンツは、3月に開設されたYouTubeの360VideoコーナーにアップロードすることでCardboardユーザーに公開できる。

 Google I/Oの基調講演では、これまで5インチまでの端末しかサポートしなかったCardboardが6インチに対応したこと、SDKのiOSのサポート、教育関係者向けプログラム「Expedisions」も発表された。

 jump 4 Cardboardが6インチ端末にも対応し、デザインも少し変わった

 Expedisionsは、教師のタブレットと生徒用のCardboard(にセットした端末)を同期させ、例えば宇宙や遠い国や海中を体験させるというもの。コンテンツはパートナー企業から順次提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.